更新日: 2017-09-05 12:36:30

夜空の星を撮る

著者: Camera_Support

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 432

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Camera_Support

満点の星空を見て「これを写真に残せたら」と思ったことはありませんか?

方法さえ覚えてしまえば、カメラはたくさんの星を写し出してくれます。

ここでは、星を綺麗に写す第一歩になるテクニックを紹介します。

STEP1 星を写す準備をする

星空を綺麗に写すには、まず何よりも撮る環境が重要です。


大きな都市部では、夜間照明による人工の光が夜空を照らしてしまうため(これを一般に「光害」と呼びます)、星自体があまり見えません。

星をきれいに写すには、光害が少なく空気の澄んだ高原や山中まで足を運ぶのが理想ですが、まずは街灯が視界に入らない近くの公園などで撮り方を試してみるとよいでしょう。


また、月明かりも星を撮る上では光害になります。なるべく新月の日や、月が沈んだ後の時間帯に撮影することをお勧めします。

星空を写すには長時間シャッターを開ける必要があるため、夜景撮影などと同じく三脚でカメラを固定して撮影をします。三脚を使った撮影ではリモートコマンダーがあると便利ですが、無い場合はセルフタイマーを2秒に設定することで代用もできます。

これにより、シャッターを押し込んだ際の振動によるブレを防ぐことができます。また、三脚を使用する際は、誤作動を防ぐため手ブレ補正機能をオフに設定しておきましょう。

STEP2 カメラの設定をする

三脚でカメラを固定することができたら、次はカメラの設定をしましょう。

「星を撮る」と言っても、星を見た目通りに点で写したり、時間とともに動いていく軌跡として写したり、望遠で星雲を大きく切り取ったりと、様々な撮り方があります。


まずは最も手軽にチャレンジできる「星を点で写す」撮り方をここでは解説します。

初めに、ズームレンズをお使いの場合はレンズの広角側(焦点距離が短い側)を使ってみましょう。より多くの星と風景を一緒に写すことができます。



広角で風景と一緒に撮影

Photo by Camera_Support

拡大星の軌跡を撮影

Photo by Camera_Support

次に、撮影モードをMモードに設定し、絞りシャッター速度ISO感度の3つをそれぞれ調整しましょう。


  1. 絞り
    絞りはなるべく開いて撮りましょう。絞りを開くことでカメラにより多くの光を取り込むことができ、星がより写りやすくなります。
  2. シャッター速度
    使用するレンズにも依りますが、シャッター速度は8秒前後を目途に設定しましょう。止まっている夜景を三脚で撮影する場合と違い、星はゆっくりと動き続けています。そのため、あまりシャッター速度を長くしすぎると、星が線状になったり写りにくくなったりしてしまいます。
  3. ISO感度
    適切なISO感度は光害の度合いや月明かり、使用しているレンズなど、撮影する場所や日によって大きく変わるため、一概には決められません。まずはISO400を目安に撮影し、撮影結果を見ながら最適な値を探してみましょう。

上記の3つを設定したらいよいよ試し撮りですが、その前にピントを星に合わせる必要があります。

夜空のような暗いシーンではオートフォーカス(AF)が合わないため、ピントはマニュアルフォーカス(MF)で合わせます。しかし、液晶画面をそのまま見ながら小さな星にピントを合わせるのは大変難しいので、MFアシストやピント拡大を使い、明るい星を液晶画面で拡大しながらピントを合わせます。

拡大する場所は操作ボタンで移動できるので、ピントが合っているかどうか分かりそうな明るい星を探し出しましょう。


ピント拡大前の液晶画面(イメージ)

Photo by Camera_Support

拡大ピント拡大後の液晶画面(イメージ)

Photo by Camera_Support

明るい星を見つけたら、フォーカスリングを回して星の輪郭がはっきりと見えるピント位置を探します。ピントは必ずしもフォーカスリングを回し切った位置(無限遠)で合うとは限らないので、必ず拡大して確認することをお勧めします。


もし画面が真っ暗で、星や風景が見えづらい場合は、一旦ISO感度を3200や6400等まで上げて、画面に写る画を明るくしてからもう一度探してみましょう。

一度ピントを合わせたら、撮影を終えるまでピントを動かさないように注意しましょう。

ピント位置はレンズをズームさせたり、[AF]に切り替えたりした場合も変わってしまいます。


ピントが合っていない場合、星がぼやけて見えます

Photo by Camera_Support

STEP3 撮りながらチェックをしよう

ピントを星に合わせたら、シャッターボタンを押して撮影をします。撮影後には長秒時ノイズリダクションがはたらくため、画像が再生できるようになるまで少し時間がかかります。


撮影された画像を拡大して確認してみましょう。星は写っていたでしょうか?

上記のような設定で撮ると、星は下の写真のように写ります。


焦点距離:19mm / F値:3.5 / シャッター速度:5秒

Photo by Camera_Support

拡大再生画面からオリオン座の部分を拡大。点で写っています。

Photo by Camera_Support

もし全体が明るすぎたり暗すぎたりする場合は、ISO感度やシャッター速度を変えながら、何枚か撮ってみましょう。


ISO感度は高いほど明るく、シャッター速度も短くして撮影することが可能になりますが、あまり高くしすぎると、画像にノイズが乗ったり解像感が失われたりする場合があります。また、液晶モニターが明るすぎると、画像の明るさを正しく判断できない場合があります。暗い場所での撮影では、モニターの明るさを昼間の時よりも暗く設定しておくことをお勧めします。


もし星そのものが写っていない場合は、ピントが合っていなかったり、画像が明るすぎたり暗すぎたりしないか再生画面で確認しながら撮りなおしてみましょう。

また、空が曇っているのに気付かずに撮影をしている場合もあります。

STEP4 構図や色を調整してみよう

星が写っているのを確認できたら、構図や色を調整してみましょう。

星を写すときは、星だけではなく周りの景色と一緒に写すとより印象的な写真になります。周りを見渡しながら、木や遠景が周囲に入るように撮ってみるとよいかもしれません。構図を変える際は、一度合わせたピントリングを動かさないように注意しましょう。


色はホワイトバランスから変更をします。どのような色がよいかは好みによりますが、 [電球]や[蛍光灯:温白色]などを設定すると、青みがかかって星空らしいスッキリとしたイメージを残すことができます。もちろんオートホワイトバランス(AWB)も肉眼に近い自然な色味で仕上がるのでおすすめです。


ホワイトバランス[Auto]

Photo by Camera_Support

拡大ホワイトバランス[電球]

Photo by Camera_Support

また、応用として、星を強調するために市販のソフトフィルターを使うことも有効です。ソフトフィルターで星の光を滲ませることで、広角レンズでも星をより大きく写すことができます。


拡大レンズにソフトフィルターを付けて撮影

Photo by Camera_Support

STEP5 PlayMemories Camera Apps 「スタートレイル」 を使う

PlayMemories Camera Apps対応機種をお持ちの場合は、「スタートレイル」を使うと、星の軌跡の動画を簡単に作成することができます。


スタートレイルでは、暗い夜空、明るい夜空、カスタム の3つからシーンに合ったテーマを選択し、撮影後には動画が自動で作成されます。


従来では撮影した大量の写真をパソコンに取り込み合成・編集する作業が必要でしたが、このアプリケーションを使えばカメラ内でだれでも簡単に軌跡の動画を作成することができます。


拡大「スタートレイル」で作成した動画の一部

Photo by Camera_Support

STEP6 広角レンズを使ってみよう

広大な星空を撮影するには広角レンズがおすすめです。


ズームレンズの場合は、レンズの広角側(焦点距離が短い側)を使えばより多くの星と風景を一緒に写すことができます。

また、明るい単焦点レンズは光を多く取り入れることができるため、ノイズを抑えて星空を撮影することが可能です。


---------------------------

SEL1635Z

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

▼ ソニーストアで見る

Photo by Camera_Support

Photo by Camera_Support

焦点距離:16mm / F値:4.0 / シャッター速度:25秒


超広角領域の16mmから広角35mmまでの焦点距離をカバーするEマウント専用の広角ズームレンズです。

ソニー独自の高度な成型技術を用いた高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ1枚と非球面レンズ4枚を用いた先進の光学設計により、画面のすみずみまでシャープに描写します。

星空や風景の撮影はもちろん日常のスナップ、室内での撮影、大人数での記念撮影など幅広いシーンで活躍します。



---------------------------

SEL35F14Z

Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

▼ ソニーストアで見る

Photo by Camera_Support

Photo by Camera_Support

焦点距離:35mm / F値:1.4 / シャッター速度:30秒


Eマウントレンズでは初となる開放F値1.4の大口径35mmフルサイズ対応広角単焦点レンズです。

ソニー独自の高度な成型技術を用いた高度非球面レンズ(AAレンズ advanced aspherical)1枚を含む非球面レンズ3枚を採用し、画面中心から周辺にいたるまで圧倒的な高解像を実現。

明るい広角レンズなので、ISO感度を低めに設定して、満点の星空を高解像度で写し撮ることができます。



---------------------------

SAL1635Z2

Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II

▼ ソニーストアで見る

Photo by Camera_Support

Photo by Camera_Support

焦点距離:17mm / F値:5.6/ シャッター速度:1/3200秒


超広角領域の16mmから広角35mmまでの焦点距離をカバーする、開放F値2.8の大口径広角ズームレンズです。

ズーム全域で開放F値が変動しないため、意図した絞りで撮影を行えます。

望遠側で撮影する際もF2.8が使えるので、ISO感度を必要以上にあげることなく、速いシャッタースピードでの撮影が可能です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する