OKWAVE Guide 印刷用:仮想通貨・ビットコインの基本をおさらい|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large a0006 002418

仮想通貨で有名なのは「ビットコイン」ですねでも、そもそも仮想通貨って何?どういう仕組み??
今回は、そんな仮想通貨初心者さん向けに、ビットコインの基本をおさらいします。

【ステップ1】

A
一言で言うと「仮想通貨」です。
まず、実体がありません。ピンとこないかもしれませんが、要は単なるデータです。
それから、中央銀行に当たるものがありません。台帳は「ブロックチェーン」とう分散ネットワークにより管理されます。
Tポイントは発行者がいますよね。

ビットコインは通貨ですから、他人に支払ったり、もらったりできます。勿論、対応するお店では買い物もすることができます。

今、これを書いている時の相場は1BTC=118,400円くらいです。もともと何の価値も無いデータを、皆が「価値がある」と思っているのでこの値段になっているのです。

まあ、大事なキーワードとしては「ブロックチェーン」という言葉ですね。非常に難しい概念ですが、今後金融をはじめ、様々な分野で革命を起こしていくものと思われます。
A
仮想通貨です。

こちらをどうぞ

>仮想通貨(暗号通貨) / cryptocurrency
ビットコインってなに?と聞かれたときに必ず耳にするワードです。詳しく説明するとキリがありませんが、セキュリティ面で暗号技術が使われているP2P型のデジタル通貨(電子マネー)のことです。
これまでのあらゆる通貨は政府、中央銀行または各企業が発行していましたが、暗号通貨はP2P型であり通貨の発行主体がおらず、発行ルールがプログラムのコード内で規定されているというのが最大の特徴です。
なお、最初の仮想通貨は2009年に取引が開始されたビットコインですが、その後数百~数千を超える仮想通貨が開発されています。
※中には管理主体または発行主体のいる仮想通貨も存在します。これらの仮想通貨では、ビットコインで使用されているような技術が使われているため仮想通貨と呼ばれますが、必ずしもビットコインの特徴と一致しない場合もあるのでご注意ください。

http://jpbitcoin.com/about/terms_beginner

手にとって見られるものではないので、難しいですよね。

【ステップ2】

よろしくお願いします。coincheck、zaif、bitflyerなどでビットコインを購入する時クレジットカードで購入しようと思ったのですが入金して普通に買うより割高になるというのを以前目にしたことがありますが本当なんでしょうか?
A
いま時点のレートですとそうみたいですが、
クレカで買うレートがいつの何時時点のレートかということが問題ですね。
巷で話題のビットコイン。最近は高騰しているというニュースも聞きますが
儲けようとする場合、zaifなどで購入しそれ以上高くなったら売るという単純な仕組みなんでしょうか?それともなんか複雑な取引システムみたいなものはあるんでしょうか?

※ちなみに自分はやるつもりはないので危険性とかの説明はいらないです
A
ビットコインはドルやユーロみたいなものと同じだと思えばいいです。1ドルを111円で「買う」わけですよね。111円払えば、1ドル紙幣が貰えるわけです。
ドルやユーロなどのお金の場合はお札という実体がありますよね。でもビットコインには実体がないのです。あくまで電子データがあるだけです。
カードにチャージする電子マネーに少し近い感覚ですね。

今年の1月に11万円くらいで1ビットコイン買った人は、今その1ビットコインを売ったら30万円くらい貰えるのです。

取引システムとしては、株やFXなんかのほうがよっぽど複雑です。信用取引やFXのようなものもないわけではないですが、まだ一般的ではないですからね。

己の目を信じるべし?

【ステップ3】

A
それなりにあると思いますね。

通貨の安定していない国などでビットコインの需要が増えていくのではないか、という予想がされています。

http://bitcoin-newstart.com/bitcoin-price-high

>仮想通貨は国内だけでなく、全世界を結ぶネットワーク上の通貨といえます。

日本では仮想通貨は現在以前として「投資」としての見方が強く、それは日本の貨幣制度がある程度成熟しているという理由があります。

しかし、世界では自国の政府や紙幣が信じられない国や、極端なインフレーションで紙幣が紙くずのような価値になったりと、「紙幣」としての価値が無くなりつつあるところがあるのです。 

そこで期待されているのが「ビットコインをはじめとした仮想通貨」ということになります。

>理解する上で重要なのは「政府」「組織」に対する信用というのは、長期的にみて下落傾向なっているということです。

ギリシャがお金を返さなかったり、VWや東芝の不正問題を見たら、大企業でも信用していいか?不明なところがあります。

その信用が下がっていることを認識するのが必要であり、世界を格安で送金する技術を持ち、有限通貨である仮想通貨であるビットコインが必要とされていく可能性は高くなっています
A
通貨為替に詳しいおじさんから話を聞いたことがあるのですが、そのおじさんによるとあのビットコインつうのは「つまるところマフィアのマネーロンダリング」ということだそうです。アメリカで大量のビットコインを買い、ロシアでそれをルーブルに替えればマネーロンダリングが成功します。
そう思うと、ビットコインの考案者が日本人といわれながら名乗り出る人もいなければそれらしき人物の噂も出てこないのも納得です。
A
現状、法律や税制面が不透明と言えます。
2016年5月に改正資金決済法、通称「仮想通貨法」が日本で成立し、2017年に施行される予定です。この法改正により、ビットコインをはじめとする仮想通貨が明確に「決済手段」として認められることになります。ところが、より広い普及のためにはまだまだ法律や税制面で詰めていかなければならないところが残っています。また、国によっては仮想通貨への規制を強めることもあり、今後も国の政策によって取引価格が大きく変動していくことになるでしょう。

期待しましょう

【ポイント】

しっかり理解して納得してからの取引をお願いします。