更新日: 2017-08-09 16:44:59

被写体に近いとピントがあわない(最短撮影距離)

著者: Camera_Support

編集者: Camera_Support

閲覧数: 548

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Camera_Support

花などを至近距離からの撮影するときに、うまくピントがあわないことはありませんか?


ここでは至近距離での撮影でのコツをご紹介します。

ピントがあっていない?

ピントがあっていないと感じたら、まずは、シャッターボタンを半押ししてみましょう。


シャッターボタンを半押ししたときに、合焦(がっしょう)マークがどのように表示されているか確認してください。

Photo by Camera_Support

合焦マークが点灯しているときは、ピントがあっています。

点滅しているときはピントがあっていません。

ピントがあっていない場合はどうすればいいの?

接写をするときに、合焦マークが点滅した場合は、近づきすぎてピントがあっていないと判断できます。


その場合、被写体から少し離れるか、ワイド(W)側にズーム調整して、合焦マークが点灯に変わったらシャッターボタンを押しましょう。

どこまで近づいて撮影できるの?

レンズには、最短で撮影できる被写体までの距離が決まっています。その距離のことを最短撮影距離といい、それよりも被写体に近づいてしまうとピントが合わなくなります。


例として、以下のレンズの最短撮影距離を見てみましょう。

通常、レンズ前面に、メートル(m)表記とフィート(ft)が記載されています。赤枠で囲んでいるところに「0.25m/0.82ft-0.30m/0.98ft」と書かれています。

Photo by Camera_Support

この場合、ワイド側の一番端(一番広角側)で撮影する場合、「イメージセンサー位置表示」マークから測って、0.25m(25cm)が最短撮影距離です。

テレ側の一番端(一番望遠側)で撮影する場合、「イメージセンサー位置表示」マークから測って0.30m(30cm)が最短撮影距離となります。

Photo by Camera_Support

イメージセンサー位置表示とは?

以下の画像の赤枠内のマークが、「イメージセンサー位置表示」のマークです。

横線の位置に、イメージセンサーがあることを示しています。最短撮影距離は、ここから測ります。ちなみに、フィルムのカメラの場合も、この位置にフィルムがあります。

Photo by Camera_Support

まとめ

花の接写など、なるべく被写体に近寄って撮りたいシーンでは、最短撮影距離を参考にしながら、一度被写体にグッと近づいてみて、少しずつ被写体から離れてピントの合う距離を探していくことがポイントです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する