更新日: 2017-08-10 14:34:46

自分の好きな位置にピントを合わせたい(フレキシブルスポットAF)

著者: Camera_Support

編集者: Camera_Support

閲覧数: 518

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Camera_Support

構図の中央以外にピントをあわせるのが、うまくできない・・・


そんなときは「フレキシブルスポットAF」という機能を使ってみましょう。

フレキシブルスポットAFとは

構図上の好きなところに測距枠を移動させてピントを合わせる機能です。

被写体が中央部にない場合でも、構図を変えずにオートフォーカスで撮影ができるので便利です。

フレキシブルスポットAFの設定方法

α6000を例に設定方法をご紹介します。


1.カメラの電源を入れて、上部のメニューから、一番左の「カメラ」マークを選択してください。

Photo by Camera_Support

2.「フォーカスエリア」を選択してください。

Photo by Camera_Support

撮影モードによってはフォーカスエリアの設定ができないことがあるので、その場合は撮影モードを変更してください。


α6000では、以下の撮影モードの場合、設定ができません。

・SCN(シーンセレクション)
・おまかせオート
・プレミアムおまかせオート
・スイングパノラマ

3.「フレキシブルスポット」を選択します。

スポット枠サイズをS、M、Lの3段階から選択できます。

スポット枠が狙った被写体よりも大きいためにピントが定まらない場面でも、スポット枠を小さくし、より厳密なピント合わせができます。

Photo by Camera_Support

以上で設定ができました。

フレキシブルスポットAFの使いかた

設定をすると、液晶画面にオレンジ色の測距枠が出てます。

Photo by Camera_Support

コントロールホイールでピントを合わせたい位置に測距枠を移動させて、シャッターを切ってください。

Photo by Camera_Support

シャッターを切ると、測距枠が黒くなり、ピントが固定されます。

Photo by Camera_Support

測距枠の位置を変更したい場合は、再度「フレキシブルスポット」を呼び出してください。

まとめ

フレキシブルスポットAF機能をもっと簡単に使えるオススメの設定があります。


コントロールホイールの中央ボタンの割り当てを [スタンダード]にすると、中央ボタンにフレキシブルスポットが割り当てられます。


メニュー画面の[設定](歯車のマーク)-[カスタムキー設定]-[中央ボタン]で[スタンダード]を選択してください。


中央ボタンひとつでフレキシブルスポットが呼び出せるので、測距枠の位置を簡単に変更することができるようになります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

2

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する