更新日: 2017-06-28 13:43:50

映画『パワーレンジャー』鑑賞ガイド+ジャパンプレミアご招待!

著者: OKWAVE Stars

編集者: OKWAVE Stars

閲覧数: 1676

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by OKWAVE Stars

世界87か国が熱狂!日本のヒーローが世界を席巻し、この夏、日本凱旋!
2017年7月15日(土)公開『パワーレンジャー』の鑑賞ガイドをお送りします。
また、豪華ゲストが登壇するジャパンプレミアへのご招待企画も!最後までお楽しみください。

予告編

イントロダクション

Photo by OKWAVE Stars

“アイアンマン”、“スパイダーマン”を始めとする主演級のヒーローが一堂に会する究極のオールスター映画『アベンジャーズ』、法治国家における闇の正義“バットマン”の苦悩と葛藤を徹底的にあぶりだし、ヒーロー映画の新機軸を打ち立てた『ダークナイト』、革新的なVFXで世界に映像革命をもたらし、その後のロボット・アクション映画に多大な影響を与えた『トランスフォーマー』…
マーベル、DCコミックの新作が毎年のように誕生し、あらゆるヒーロー・アクション映画が人々を熱狂させているまさに“ヒーロー全盛期”とも言えるこの時代に、新たなヒーローがハリウッドに名乗りを上げた!

始まりは20年以上前。日本の特撮シリーズ“スーパー戦隊”の英語ローカライズ版として1993年から全米で放映が開始されたTVシリーズ。日本の特撮シーンと、外国人キャストで撮り直したドラマシーンを再編集して生まれたこのヒーローは、瞬く間に全米で人気を博し、アメリカの子ども番組史上最高視聴率を記録。クリスマスに玩具の品切れ騒動がニュースになるなど、まさに社会現象となった。以後、日本と同様に毎年新シリーズを発表し、いまなお放送が続いている “米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”とも言われる。それが“パワーレンジャー”である!

そして2017年。日本で生まれ、アメリカで育ったこのハイブリッド型ヒーローが、ハリウッドで大型プロジェクトとして始動。1992年に日本で放送された「恐竜戦隊ジュウレンジャー」を元に1993年からアメリカで始まったシリーズ1作目「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」をリブート。最先端のVFX技術が、キャラクターはもちろん、大型戦闘マシン“ゾード”、そして合体ロボ“メガゾード”のアクションを壮大なスケールで描く。そして、ドラマには奥行きが生み出され、5人のヒーローは単なる“生まれながらのスーパーヒーロー”ではなく、それぞれが現代社会の問題に直面し、不確かな未来と超人的な力の扱いに悩み苦しむ、等身大のヒーローへと進化した!

総製作費120億円、全米ではオープニング興収4,000万ドルを突破。世界87の国と地域を熱狂させた超大作が、ついに日本凱旋!!

ストーリー

Photo by OKWAVE Stars

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。
ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に帰ってくる。
小さな町、エンジェル・グローブで暮らす5人の若者たち。互いを知りもしなかった彼らがある日偶然にも出会い手にしたのは、超人的なパワーだった。それは、星の生命を守る5人の戦士=パワーレンジャーの力。彼らは、かつてパワーレンジャーの1人として世界を守っていたゾードンと、機械生命体・アルファ5と出会い、古代の地球で封印された悪の戦士=リタ・レパルサによって地球が危機にさらされていることを知る。
しかし彼らは、突然降りかかった自分たちの運命を受け入れられず、与えられた力で“変身”することができずにいた。残された時間はあとわずか。果たして彼ら普通の高校生に、この世界を守ることができるのか?世界のために、仲間のために、5人が真に結束するとき…、ついに“その力”が目覚める。

日本の「スーパー戦隊」を「パワーレンジャー」としてアメリカに持ち込んだプロデューサーはこの人!

Photo by OKWAVE Stars

日本生まれの「スーパー戦隊」を「パワーレンジャー」としてアメリカに持ち込んだのはサバン(HAIM SABAN)プロデューサー。フランスでのレコード会社設立、ロサンゼルスでの録音スタジオの経営などの成功を経て、TV制作へと乗り出し、1988年にサバン・エンターテインメントを設立。国際的にTV番組の制作・配給・グッズ販売を手掛け、『X-MEN』を含む数々のマーベル・コミック関連のヒット番組やキャラクターグッズの制作を行い、1993年からスタートした「パワーレンジャー」が世界的現象を巻き起こす。

東映の鈴木武幸プロデューサーは当時をこう振り返る。

「毎週子ども番組にここまでお金をかけて作っている国は世界中どこにもない。その意味でサバンはいいところに目をつけているなとは思ったが、正直あまりにも奇抜な提案で上手くいくはずないと思っていた。でも一番大切なことは“やりたいと思う人がやる気になっているか?”ということ。僕がOKした理由はそこにあって、ある時サバンと食事をしているとき、僕の目の前で歴代の“スーパー戦隊”の主題歌を10曲歌って見せた。そういう一生懸命な気持ちに心打たれて、英語ローカライズ版をOKしたんです。」

スタッフ&キャスト

Photo by OKWAVE Stars

監督に抜擢されたのは、デビュー作となったSFスリラー『プロジェクト・アルマナック』で頭角を現したディーン・イズラライト。南アフリカ出身の彼も「パワーレンジャー」を見て育った世代だ。

「アフリカでも社会現象になった。子どもの頃あの番組を見ると、自分が強くなったような気がしたんだ。再び映画化されると聞いた時は興奮した。オリジナルの雰囲気を大事にすれば素晴らしい作品になると思った」


とイズラライトは語る。

「だからシリーズのファンが好きだったものをたくさん取り入れる必要があった。それと同時に、2017年の観客の心に訴える映画にするために、大胆で現代的な手法を使った。『パワーレンジャー』の世界を変えずに広げて、現代に合わせたんだ。」


映画『パワーレンジャー』の制作にあたって、指針となる基本原則は、TVシリーズの真髄であるスリルとユーモアを100%受け継ぐこと。その上で、才能ある新人のキャスティング、最先端のVFX技術の採用など、あらゆる面で新しいものにすることだった。

こうしてキャスティングされたのは、デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、RJ・サイラー、ベッキー・G、ルディ・リンの5人だ。

オーストラリア出身のデイカー・モンゴメリーは、名優ヒュー・ジャックマンを輩出した演技学校である西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー(WAAPA)を卒業し、本作がハリウッドデビュー。“第2のヒュー・ジャックマン”との呼び声も高い22歳。イギリス・ロンドン出身のナオミ・スコットは『オデッセイ』で日本人リョウコ役を演じ注目を集めた。

日本語版は豪華吹き替えキャスト!

Photo by OKWAVE Stars

日本語版は俳優界・声優界の豪華キャストが集結した。
レッドレンジャー役には実写版の洋画の吹き替え声優は本作が初挑戦の勝地涼さん、ピンクレンジャー役には本作で声優に初挑戦となる広瀬アリスさんが務める。
さらに声優界からは、ブルーレンジャー役に杉田智和さん、イエローレンジャー役に水樹奈々さん、ブラックレンジャー役に鈴木達央さん、そして、5人の前に立ちはだかる最強の敵リタ・レパルサ役に沢城みゆきさんの参加が決定!

また、ゾードン役に古田新太さん、アルファ5役には山里亮太さんが参加している。

勝地涼さんは、

「日本のスーパー戦隊を元にした「パワーレンジャー」をハリウッドで映画化するということで、どんな映画になるのか今からとても楽しみです。
自分がレッドを演じてもいいのかなという不安な気持ちもありますが、子供のころから見ていた作品に参加できることに、懐かしさと嬉しさがあります。
洋画の吹き替えは初めてですが、俳優の自分を選んでいただいた意味があると思うので、キャラクターに気持ちを入れて演じられるように頑張りたいと思います。
今回の役柄は、最初からレッドレンジャーとして登場するのではなく、これから“パワーレンジャー”になっていくという話なので、劇中で描かれているキャラクターと一緒にヒーローになっていけたらなと思います。」


広瀬アリスさんは、

「今回、初めて声のお仕事をさせていただきます。
ドラマや映画のお仕事とは少し違うので今からとてもドキドキしています。
実は幼い頃、兄とスーパー戦隊を見ていたと両親から聞き、お話を頂いたときはなにか運命のようなものを感じました。
普段からアニメを見て声優さんが大好きなので、憧れのお仕事を経験できることが嬉しいです。
吹き替え版の洋画を見ながらアフレコ前にしっかり勉強して頑張ろうと思います。
ピンクレンジャーの可愛らしさを残しつつ、かっこよく演じられたらなと思います。」


と意気込みを語っている。

公開表記

Photo by OKWAVE Stars

『パワーレンジャー』
2017年7月15日(土)日本上陸!

監督:ディーン・イズラライト

キャスト:デイカー・モンゴメリー/ナオミ・スコット/RJ・サイラー/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(『GODZILLA』『トータル・リコール』)エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)

吹き替え:勝地涼/広瀬アリス/杉田智和/水樹奈々/鈴木達央/沢城みゆき/山里亮太/古田新太

★公式サイト:http://www.POWER-RANGERS.jp
★公式Twitter:@PowerRangersJP #パワレン(https://twitter.com/PowerRangersJP
★公式Facebook:https://www.facebook.com/PRMovieJP

(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

『パワーレンジャー』ジャパンプレミアにOKWAVE会員20組40名様ご招待!

映画『パワーレンジャー』日本全国公開に先駆けて、主演のデイカー・モンゴメリー、ヒロインのナオミ・スコット、ディーン・イズラライト監督、日本語版から勝地涼さん、広瀬アリスさん、鈴木達央さん、山里亮太さん、古田新太さんが登壇するジャパンプレミアイベント(本編上映)にOKWAVE会員20組40名様をご招待します!この機会をお見逃しなく!!

※本募集は終了しました。


『パワーレンジャー』ジャパンプレミア

開催日時: 2017年7月3日(月)夕方(※開場・開演時間は当選と共にご案内させていただきます。試写状をご確認ください)

会場: 両国国技館(東京都墨田区横網1丁目3番28号)

登壇者(予定): デイカー・モンゴメリー/ナオミ・スコット/ディーン・イズラライト監督/
勝地涼/広瀬アリス/鈴木達央/山里亮太/古田新太

ご招待: 20組40名様

応募方法: ※本募集は終了しました。

 ※OKWAVE会員登録はこちら!

締切: 2017年6月27日(火)23:59受付分まで

当選発表: 当選した方には、2017年6月28日(水)にOKWAVE登録メールアドレス宛に当選通知し、入場に必要な試写状を応募時に記載したご住所にお送りします。

※ご応募いただく個人情報は当企画のみに使用し、他の用途には用いません。

<注意事項>
※イベントでは映画本編を上映いたします。
※同日開催のレッドカーペットにはご参加いただけません。
※登壇者・内容は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

まとめ

Photo by OKWAVE Stars

日本の特撮ファンから、昨今のヒーローものファン、ハリウッド映画ファン、みんなが楽しめる『パワーレンジャー』にレッツ・モーフィング!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

2

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
OKWAVE Stars

OKWAVE Guideご利用の皆さんコンニチハ!
OKWAVEが運営するインタビュー+Q&A『OKWAVE Stars』の投稿アカウントです。
...

必要なもの

『パワーレンジャー』ジャパンプレミアへのご応募にはOKWAVE ID(無料)が必要です。