OKWAVE Guide 印刷用:DIYに挑戦!自分で作るオシャレなお部屋 その3|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large sh023 l

テーブルや椅子を作るのは大変だけど、壁にちょっとした棚をつけたり、収納棚をDIYしてみたい。DIYについての疑問を解決してお部屋をオシャレに模様替えしちゃいましょう。

【ステップ1】

屋外におく風雨に強い看板を作りたいのですが、看板を作る際のアドバイスをお願いします。
看板のサイズは1500*700mm
看板の素材はトタン+カッティングシートを予定。
内容は店名と電話番号の文字だけです。
なるべく長持ちする看板を作りたいのですが、カッティングシートよりペンキの方が良いのでしょうか?
またこのくらいのサイズの看板の相場はいくらぐらいなのでしょうか?
A
2m×2mの木枠+トタン製で看板を5枚発注したことがあります。金額はうろ覚えですが、20万円前後だったと思います。
その看板を見ると、カッティングシートも使ってますし、ペンキも使っています。

50cm×100cmくらいの看板を自作した経験もありますが、カッティングシートで作るのは意外と面倒です。手間をかけるなら、マスキングしてスプレー缶でペンキを塗る方が綺麗に仕上がると思います。

ご参考になれば。
A
素材は 看板用アルミ合板がいいですね。サイズは 900*1800あります。厚みは 三mmが使いやすいですよ。カッティング シートは一年用から七年用位まで 種類があります。ホームセンターで売っているのは たいてい一年用です。屋外では 七年用がおすすめです。
看板用のペンキがあるのですが 素人では もったいないだけです。看板作るの けっこう難しいですよ。
あなたの 時間給いくらですか。趣味でなら楽しいですが プロに任せた方が安くつく場合もありますよ。
A
マスキング+スプレーが意外と簡単です。以下は私が自分で考え、実際にやったことのある方法です。

  (1)パソコンなどで紙に文字を印刷します。
  (2)紙の裏に文字の輪郭に沿って(輪郭をまたぐように)両面テープを張ります。
  (3)看板に紙を位置合わせし、紙の一辺をテープで留めて位置がずれないようにします。
  (4)紙をめくって裏の両面テープをはがし、紙を看板に貼り付けます。
  (5)文字の輪郭に沿って紙の上からカッターを入れます。
  (6)塗る部分だけをはがします。

 これでマスキングは終了です。後は思い切ってスプレーを吹きかけ、乾いたところで残りの紙をはがすだけです。よほど不器用でなければプロ並みの仕上がりになります。(大きな文字はエクセルで作るかコピーで拡大すればいいです。紙を継ぎ合わせればいくらでも大きな文字が作れます)
A
私の場合は、こうやりました。
0.コンパネにエナメル系白色塗料を塗る(背景)
1.この板にマスキングテープを隙間無く貼る
2.パソコンで文字を印刷(白抜き文字)
3.コピー機で拡大
4.コピーした紙の裏面にスプレーのりを吹く
5.マスキングテープの上からのりを吹いた紙を張る
6.デザインカッターで文字を切り抜く
7.余計な紙を取り除く
8.スプレーを吹く(アクリルラッカー系)
9.乾いたらマスキングテープを剥がす

文字を入れたあとで、細筆を使って黒色で縁取りすると綺麗に仕上がりますよ。耐久性を向上させるなら、全体をクリアーラッカーでコーティングします。

【ステップ2】

木目のカラーボックスを白く塗り替えようとおもっているのですが、うまくいきません。
ヤスリをかけて塗装を剥がしたいのですが、紙ヤスリでもできるのでしょうか。一応、取っ手つきのヤスリも買いました。
2種類のヤスリを使って試してみましたが、きれいに剥がれていないようで水性ペンキがはじかれました。
やり方が悪いのか、ヤスリの種類がちがうのかわかりません。
また、どの程度までヤスリをかけたら良いのか目安等はあるのでしょうか。
ちなみに、DIY経験ありません。
A
カラーボックスは塗装の光沢面をヤスリで削るのは困難かと思います。
裏側から見てわかる通り、かなり厚めの光沢紙が張っているのがおわかりかと思います。
これを剥がさないことには水生ペンキでは難しいでしょう。

・・・その他の方法・・・
●油性ペンキなら大丈夫です。
●白い壁紙シートをカットして貼ってしまった方が楽かと思います
●手間を考えたら、白いカラーボックスを買い替えは?

頑張ってください。
A
「ライトステップバーニッシュ」と言うニスがあります。このニスは上から塗装が可能です。
又直接白を塗るのは難しいので、ジェッソ(下地用の白)で下塗りをしてから白を塗ると綺麗に色がのります
又塗装の前に中性洗剤で洗ってから塗ると表面の汚れや油分が取れ塗り易くなります

ヤスリは#240~#600番位まで4~5段階に分けてかけると良いですよ。出来れば耐水ペーパーえを使って素材を湿らせながらサンディングすると楽に塗装が剥れます
A
塗装は下地の素材によってやり方、使用する塗料が違います。木目のカラーボックスの素材は何でしょうか?
場合によっては白いカラーボックスを買って来た方が安くつくと思いますが...。
A
塗装は刷毛目を無くすのがなかなか難しいので、カッティングシート等を
貼った方が奇麗に仕上がるかも知れません。ビニールシートの裏に
粘着剤がついている物です。ホームセンターや大きめな文具店に10cm単位で
売っています90cm巾で\1,500/mほどでしょうか?No.1の方の壁紙というのも
一つの手です、表面のテクスチャーでお好きな方をどうぞ
どちらにしても、大きな面よりカラーボックス程度の大きさのほうが
圧倒的に簡単に貼れます
A
塗装は刷毛を使うよりスポンジローラーの方が綺麗に塗れますよ、又一度に厚く塗らないで、薄めの塗料で何度か重ね塗りした方が良いです。
自然乾燥が理想的ですか、数も多いようなので、ドライヤーを、塗装面から20センチ位離してかけると良いですよ。二度目に塗る時は塗装面が完全に冷えてから塗って下さい。
仕上げにニスを塗って置くと塗装の保護になるので、出来れば塗った方が良いですよ

【ステップ3】

風呂場のリフォームをします。古いコーキングをはがして新たにコーキングしなおします。カッターでこすってみました。できなくはないのですが、手間がかかる割りにきれいに取りきれません。すばやくきれいにできる方法があれば教えてください。お願いします。
A
シリコンでしたら、切り取るしかありません。
一切の薬品は受け付けないと考えてください。
カッターナイフの刃を使った削り取る道具がいくつか市販されています。
A
シリコンは削るしかないですね。
切れるだけ切って、ヘラでコソギとるb
きれいに取ってしまわないと、次が乗らないんだよね。
取れなければ、幅広く打つしかないですね><;
A
どのような種類のコーキング材が使われているかによっても違いますが、
建材店などで主に売っているのは「シリコン」(変性ではありません)。油分が強いので、これが使用されていた場合には、
再度同じ材料でないと「ハガレ」てきます。
プライマーなんて下地処理剤はありますが、再度「シリコン」の使用がよいと思います。
同じ材料なら、多少はがし残しがあってもシールできるはずです。

古いコーキング材は、例えば壁とコーキング材の取合い部(両側)をカッターで分断するように刃を深く入れれば
引き剥がすように引っ張って取れるはずです。

素人がやるとこりゃまた失敗しやすい。テープで養生したり、ヘラで押さえると表面が波打ったり、
面白そうだけどけっこう面倒。
シリコンは硬化が比較的早いので、「ゆっくり」はできません。
A

残念ですが、簡単にすばやく取る方法はございません
対応としましては、ある程度取れたところで妥協し諦める それか意地になってひたすらカッターの刃でケズリ続けるです。

【ポイント】