更新日: 2017-04-19 15:39:29

借金を減額できる!知っておきたい特定調停について

著者: 借金丸

編集者: 借金丸

閲覧数: 392

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

借金について悩んでいる人に読んでいただきたいです。


STEP1 特定調停とはどんな制度?





借金で苦しんでいる人を救済する目的で作られたのが債務整理の制度であり、特定調停はその債務整理の一手段です。





特定調停は、簡易裁判所が選任した調停委員がお金を借りた人(債務者)とお金を貸した人(債権者)の仲介をして、借金の総額を減額した上で、残りの借金を合意した期間内(原則3年)で返済できるようにお膳立てすることを目的としております。





特定調停は返済を継続して行くことが前提のため、

マイホームや自家用車など自分の財産を処分しなくても利用できますし、また特定調停を申し立てればお金を貸した人からの取り当てが止まるというメリットがあります。



STEP2 特定調停を利用できる人の要件は?



特定調停は借金減額を前提としており、誰でも利用できるようにするとお金を貸す人がいなくなる恐れがあるため、三つの要件を満たす人のみ利用することができます。





まず要件一つ目は、

法律が定める特定債務者である必要があります


(特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律2条1項)。



特定調停者という言葉を見ると、仰々しい感じがしますが、これを分かりやすく説明すれば、現在借金があり、債務整理などの手段を利用しなければ返済が難しい状態になっている人のことです。



借金で苦しんでいる場合は大抵この要件を満たしているので、この要件についてはそれほど深刻に考える必要はないでしょう。





要件二つ目は、

安定した収入があることです。




特定調停は借金を減額する代わりに、残った借金を決められた期日で返済しなければいけません。そのため毎月継続的に入ってくる収入があることが必須とされているのです。



給料は当然安定した収入と認められ、正社員でも非正規社員でもかまいません。ただしある程度の勤続年数がないと認められないこともあります。



また場合によっては不動産収入も安定した収入と認められる場合もあるようです。





最後の要件三つ目は、

減額した結果原則3年程度で返済できるくらいの金額まで減らすことができる借金の総額であることです。




ちょっと分かりにくい書き方ですが、要するに借金の総額が高過ぎると駄目ということになります。



特定調停で減額できるのは、グレーゾーン金利で払い過ぎた利息分や将来発生する利息ぐらいとなっており、個人再生などに比べると減額できる金額はそれほど高くありません。そのため残っている借金の総額が高額の場合は、減額しても3年ですべて返済することは難しいはずです。



借金の額が高額の場合は、個人再生や自己破産などを検討しましょう。



STEP3 まずは専門家に相談を



特定調停も手続きが複雑なため、自分だけ進めるのがかなり困難です。



仮に自分自身で進めるつもりであっても、一度弁護士などの専門家に相談して特定調停を行うべきかどうか聞いてみることをお勧めします。



【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
借金丸

はじめまして。借金丸と申します。
過去に借金で苦労した経験から借金問題について関心を持つようになりました。
現在複数のwebメディアでライターとして活...