更新日: 2017-03-25 17:31:36

アンダーへア(VIO)を自己処理してはいけない理由

著者: kanakoncon123

編集者: kanakoncon123

閲覧数: 559

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

最近VIO脱毛をする女性が増えてきましたが、まだまだアンダーヘアを自己処理している方も多いようです。

ここでは、VIOの無駄毛を自己処理してはいけない理由や、脱毛サロン、クリニックのメリット、デメリットを書いていきたいと思います。


そもそもVIO脱毛って一体なに?

VIO脱毛というのは、Vラインと呼ばれる陰部から両足の付け根に周辺にかけてはえている毛の流れの事で、

Vライン・Iライン・Oラインといった部位の頭文字をとった総称の事をVIOラインと呼びます。すなわちVIO脱毛というのは、各部位のラインを脱毛する事という意味です。

女性には広く知られて、きましたが最近では男性にも人気が出てきている部位です。

<Vライン>
Vラインは上記でもお伝えした通り、陰部から両足の付け根部分になるのですが、女性だとビキニからはみ出るムダ毛が脱毛対象となります。

さらにVラインは、細かいパーツで分かれます。これは脱毛サロンやクリニックによって違うのですが「Vライン」「へそ下」「Vライン上」「トライアングル上」「トライアングル下」に分かれます。

Photo by VIO脱毛 アンダーヘア脱毛で失敗しない為の本音話 - 女子リキ

※念のため画像の掲載許可は女子リキさんに2017年3月24日にいただいております。


<Iライン>
Iラインとは、Vラインよりも下の部位にあたる、女性器(陰部)の両サイドの部位のことです。この部位は非常に恥ずかしそうなイメージですが、紙ショーツを少しずつずらしながら施術するのでそれほどでもないようです。

<参考>

https://musee-pla.com/parts/article/iline/


<Оライン>
Оラインとは、肛門の穴周辺(粘膜以外の肛門周りの範囲)を指しています。この部位はヒップ奥と呼ばれる場合もあります。

<参考>

https://ginza-calla.jp/plan/part/hips-back/


これらの脱毛方法を、VIO脱毛や、ハイジニーナ脱毛(と呼ぶのですが、VIO脱毛を行う際、どこで脱毛施術を受ければよいのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。



アンダーヘアの処理をプロに任せた方が良い理由

や機関に任せた方がよいです。いくつか理由があるので、下記で詳しく見ていきたいと思います。

■自己処理の危険性について
まず多く見られるのが、脱毛に関して知識がなく、とりあえず安く手軽に出来るカミソリで沿ってしまおうという人。確かに、料金の面だけみると、エステサロンなどとは比較にならないほど安価に処理できます。自分で出来るのでデザインも自由に出来て都合がよいと考えるでしょう。

しかし同時に、Vラインを自己処理する危険性についても知っておく必要があります。

カミソリで剃ると剃った毛が再び生えてくると、毛先がとがった状態で生えてくるので、Vラインに刺さるため非常に痛いです。それと、激しいかゆみが伴うので、絶対に避けるべきです。悶絶必至。これは耐えられません。

はさみでカットする人もいますが、こちらも毛先がとがるのでちくちくして不快です。肌が傷つくと、細菌感染などを起こしては大変なので、自己処理は避けた方がよいと思われます。

・特にIラインは自己処理がダメ
IラインはVラインと違って粘膜に近いので抜いたり、剃ったりする自己処理は危険です。どうしてもIラインを自己処理したい方は以下が参考になります。

http://www.skincare-univ.com/article/003115/


■脱毛サロンで脱毛するメリットについて
なぜ脱毛サロンでの脱毛をおすすめするのかですが、脱毛サロンでの脱毛は、毛質をやわらげたり、毛の量を減らしたりして、肌や体への負担が少なく、自己処理のように肌を傷つけたり、かゆみを伴ったりすることもほとんどありません。

確かに値段は張りますし、一度で完全に脱毛出来るわけではないので、時間もかかります。ただ、確実に且つ安全に脱毛したいのであれば、エステで脱毛した方がよいです。

自由にデザインすることもできるので、自分でやるよりもより理想的なVラインを手に入れる事ができるはずです。

ただ、エステサロンで脱毛する場合も、脱毛方法によっては痛い場合もあります。レーザー脱毛などは、光脱毛よりも効果は大きいのですが、痛いので、続かない人もいます。

光脱毛の場合は、時間はかかりますが、徐々に時間をかけて脱毛していくという方法なので、レーザー脱毛よりも比較的楽に脱毛できるでしょう。

また、レーザー脱毛は、医療機関でないと使用できないため、エステでは施術自体が受けられません。

医療機関で施術を受けられる場合は、レーザー脱毛となるので痛みはありますが、アフターケアや万が一のトラブルにも対応してくれるので安心感が違うといったところです。上記の理由からVIO脱毛はプロに依頼するというのが一般的という結論になります。


VIO脱毛は脱毛サロン?クリニック?メリット・デメリット

■VIO脱毛を行う際の選択肢は2つ
VIO脱毛をするなら脱毛エステサロン、または医療機関の2択です。

この2つ以外はありません。自己処理は安全性や痛みの面からおすすめできませんので、脱毛は上記のどちらかから選ぶとよいでしょう。


■脱毛エステサロンのメリットとデメリット
光脱毛は、時間も費用(1回の施術料金は安いがトータルで高くつくことがある)もかかるが、肌への負担が少なく、痛みも少ないので、比較的楽に脱毛する事が可能になります。

また、最近では大手のエステサロンなども店舗数を増やしてきており、医療機関よりも気軽に、通えるアクセスの利便性もメリットと言えると思います。

デメリットは、やはり時間がかかる事でしょうが、徐々に確実に減らしていく方が良いと思います。

■医療機関でVIO脱毛するメリットとデメリット
レーザー脱毛という脱毛方法は聞いた事くらいはあると思います。レーザー脱毛というのは、エステサロンなどで使用されている光脱毛よりも威力が強く、それに比例して、効果も大きく、即効性があります。

ただ、その反動(デメリット)として、痛みが強く、痛みに弱い人であれば、耐えられずに途中で断念してしまう人もいるかもしれません。

また、医療機関ですので、万が一施術後に肌のトラブルが起きたとしても、柔軟に対応してくれる点は、やはり安心感が違います。

エステも医療機関もどちらも一長一短で、どちらがよいというのは一概には言い切る事はできませんが、どちらも美しいVIO脱毛をゴールとしており、どちらを選んでも正解かなと感じます。


VIO脱毛の痛みについて

脱毛しようと決意した際に、すぐに思いつく懸念点が、施術時の痛みではないでしょうか?

クリニックや脱毛エステサロンが、脱毛施術の痛みを表現する際に、輪ゴムで皮膚をはじいたような痛みと表現する事がよくあります。

また、ネットで書かれている噂なのでは、VIO脱毛はもっとも痛みが激しい部位で、涙が出るほどつらいという話もあります。

では実際のところはどうなのでしょうか?今回は、VIO脱毛の痛みについて詳しく見ていきたいと思います。ひとりでも多くのVIO脱毛希望者の不安が解消されれば、幸いです。

■やっぱり痛い
結論から申し上げますと、「VIO脱毛は痛い」と考えておいた方がよいです。部位や痛みに対する強さは個人差があるので、誰もが同じように感じるわけではありません。

かなり痛いと覚悟を決めて施術を受ければ、思っていたほどではなかったなと感じる方も非常に多いので、大げさに心配するくらいでちょうどよいのかもしれません。

以下でVIO脱毛を体験した方の感想が書かれています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14127158539


■VIO脱毛を受ける前の注意点

医師や専任のエステティシャンから指示はあると思いますが、施術時の痛みを最小限に抑えるために、いくつかの工夫も必要となってきます。下記にリストしておきますので、確認された上で脱毛されるとよいでしょう。

・体調不良時の施術はNG
当たり前ですが、体調が悪いと、気持ちもナーバスになっているため、通常の何倍も痛く感じてしまう可能性があります。施術前の体調管理はしっかりと行い、万全の状態で施術にのぞめるように努めましょう。

・施術の痛みは予防である程度軽減する事が出来る

日々保湿クリームを塗布する事で、肌の乾燥を避け、痛みを軽減してくれる効果があります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

6

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kanakoncon123

多くの女性メディアに寄稿経験があるライターです。得意ジャンルは脱毛、美白などスキンケア関連や、痩身、ダイエット関連です。