更新日: 2010-11-09 20:28:04

知っておくとためになる出血時の対処法

著者: sagamikomati

編集者: hi'ilani

閲覧数: 351

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jetalone

突然の事故が起こったとき、ケガをしてしまったら・・・。
あまり考えたくないことですが、いつでも起こりうることです。
落ち着いて対処できるよう、心がけてください。
ここでは家庭で対処できる範囲の傷の対処法です。

STEP1 まず傷口の手当をします。

止血をすること、痛みを和らげること、細菌感染を防ぐことが大切です。
傷口が汚れている場合、消毒薬を使うよりも、傷口を流水で洗うほうが良いといわれます。

STEP2

止血するためには、患部を心臓より高い位置に上げることが効果があります。
患部にガーゼや清潔なハンカチを強く押し当てて圧迫することで、約90%の出血は止まります。

それでもとまらない場合は、間接圧迫止血法を取ります。
けがをした患部よりも心臓に近い動脈を押さえ、血流を止める方法があります。
指先のケガの場合指の付け根を押さえる、腕の場合脇の下を押さえるなどです。

傷口の止血ができたら、傷口のガーゼをあてた上で包帯で巻いてください。

まとめ

傷口を圧迫するときは、清潔なものを使ってください。
ティッシュを使いがちですが、ティッシュの繊維が傷口に残ってしまうので、使わない方がいいです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

37

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
sagamikomati

冷蔵庫にある材料で、勝手に自分流、レシピのないお料理をするのが楽しみです。
失敗と成功を繰り返しながら、家族と一喜一憂する毎日です。
家族4人と犬1匹...

必要なもの

ガーゼ 水 包帯