更新日: 2017-03-18 02:45:45

恋活では写真が重要!相手から好印象を得るポイント

著者: 恋活大学

編集者: 恋活大学

閲覧数: 373

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jinkemoole

恋活をする上で写真はとても重要です。これから恋活の写真を撮影する方もいるかも知れません。ただ、自分が写っていればそれで良いという姿勢はおすすめ出来ないのです。


恋活の写真はしっかりと印象の良く写るように意識しましょう。そんな恋活の写真に関して説明します。

STEP1 プロフィールの写真の役割

恋活でプロフィールの写真を軽んじている人もいるかも知れません。しかし、恋活のプロフィール写真には大事な役割があるのです。その役割を理解した上でプロフィールに写真を掲載することをおすすめします。


一般的に恋活のプロフィールに写真があった方が異性からのアプローチは多くなる傾向にあります。恋活で異性からアプローチを受ける量は大事な要素でしょう。


リアルで会う前の判断材料

恋活のプロフィール写真は、リアルで会う前の判断材料になります。直接は相手の外見を見ることは出来ない時は、プロフィールの写真を見て自分の好みの外見かなどを判断する為の材料とする訳です。

ごまかすのは相手に迷惑

プロフィール写真をごまかすのは、相手に迷惑が掛かります。まず、ごまかしたプロフィールの写真を見た相手とリアルで会った時に、写真と見た目と実際の見た目の落差を受け入れられない場合があるのです。


また、ごまかしていない状態の写真をプロフィールに掲載していれば、そもそも相手とは交流が始まらなかったパターンも考えられるので注意しましょう。

STEP2 メイン写真とサブ写真の使い分け

今まで恋活のプロフィールに写真を1枚だけしか掲載していなかった場合もあるかも知れません。しかし、恋活のプロフィールはメイン写真とサブ写真で使い分けることが大事になるのです。


恋活のメインの写真とサブの写真に関して理解しておきましょう。

必ず写真は複数のせる

まず、恋活のプロフィールには複数の写真を掲載しましょう。その方が他人が写真から外見をイメージしやすくなることが考えられるのです。


基本的には恋活ではメインに顔写真を掲載して、サブには全体的な写真などを掲載することをおすすめします。

STEP3 プロフィール写真の禁止事項

プロフィール写真では、自分自身に禁止した方が良い事項があります。プロフィールの写真を掲載する前に、どんな事項があるか確認しましょう。

以前に撮った写真の流用

撮影されてから短くない年月が経過した写真をプロフィールに掲載するのは止めましょう。やはり、短くない年月が経過した分だけ、外見に変化が訪れていることが考えられるからです。


リアルで会った時の落差を小さくする為にも、恋活のプロフィールの為に新しく撮影した写真を掲載することをおすすめします。

画像編集ソフトを使った加工

画像編集ソフトで加工することで、写真の中の自分の姿を良くも出来る場合もあります。しかし、画像編集ソフトでプロフィールの写真を加工するのは避けましょう。


写真を画像編集ソフトで加工することで、実際の見た目とは離れて来る事態が考えられるのです。

STEP4 印象の良い写真のポイント

恋活では相手に良い印象を持ってもらうことが大事です。よって、恋活の写真も良い印象の物にするのをおすすめします。そこで、恋活で印象の良い写真を撮影するポイントを確認しておきましょう。

必ず顔写真を入れる

恋活では必ず顔写真を掲載しましょう。恋人を探している時に、相手の顔が気になる人は多いです。恋活で顔写真がないとアプローチするのに躊躇を覚える場合も充分あり得ます。


この他にも、恋活の自分の顔写真が相手の好みだったことでアプローチが来るケースも考えられるのです。

センスやスタイルがわかる

恋愛では顔だけではなく、全体的なスタイルも気になるパターンがあります。恋活の写真は全体的なスタイルのわかる写真も選ぶこともポイントです。


また、恋活でセンスのわかる写真を掲載することで、相手の良い印象となる場合もあります。


例えば、恋活の写真を撮影する時の背景などで自分のセンスを伝える方法が考えられるのです。

背景で仕事や趣味をアピール

仕事や趣味をアピールすることで相手の印象が良くなる場合もあります。


例えば、スノーボードが趣味の男性ならゲレンデに行った時の写真を掲載すれば、相手に活動的な印象を与えるかも知れません。どの趣味や仕事をどのようにアピールするかも大事な点なので注意すると良いです。

自然な笑顔

良い印象の写真となる為には、自然な笑顔を浮かべていることが大事です。ただ、恋活の為の写真を撮影する時に緊張して自然な笑顔を浮かべることが難しい場合もあるかも知れません。そんな場合は、一旦緊張を緩めることをおすすめします。


どうしても自然な笑顔を浮かべることが難しいなら、日を改めて撮影すると良いと考えると気楽になるかも知れません。

自撮りではない

恋活の写真は自撮りの物は避けます。実は恋活に自撮りの写真を選ぶことで、相手からネガティブなイメージを持ってしまう場合もあるのです。


例えば、自撮りであるのは、写真の撮影をお願いできるような人間が交流範囲にいないのではと思われるパターンも考えられます。

STEP5 写真を撮るときのおすすめ設定

写真は外で撮影することをおすすめします。まず、外で撮影する時には、写真に写り込む背景も問題ない物を選びましょう。


外で撮影する時の背景によっては、良くない印象を持たれることも考えられます。また、外で撮影する時には天気の良い日を選ぶことも大事です。

まとめ

恋活ではずっと昔の若い頃の自分の写真や加工して見た目の良くなった自分の写真を使いたいと望むパターンも考えられます。

しかし、当たり前ですが若い頃の写真を使っても実際の自分が若くなる訳ではありませんし、加工した写真を使っても実際の自分が加工した状態になる訳ではありません。


もし、写真と実際の外見の違いで相手に拒絶されたら、自分は傷付くことになるかも知れないのです。




【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する