更新日: 2017-06-26 17:13:43

パソコンを使って、家計、健康、育児記録を賢く管理する方法

著者: OKWAVE_PCMaster

編集者: OKWAVE_PCMaster

閲覧数: 1090

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by acworks

パソコンは、インターネットのWebページを見るだけのものではありません。たとえば、日々の生活に関する支出を継続的に入力すれば、一定期間後に分析することで支出の傾向を見える化できます。これは、将来に向けた備えやお金の使い方に対するヒントになります。

また、赤ちゃんが生まれてからの出来事を記録しておけば、他では絶対に手にできない貴重な成長記録となります。ひょっとしたら、この記録を自分の娘にプレゼントすれば、娘が結婚してお腹に子どもを宿した時の大きな参考になるかも知れません。

 

いずれにしろ、パソコンで管理するデータが価値を持つのは、ある程度の期間に渡って継続的に蓄積されたもの。そこで今回は、パソコンに継続的にデータを蓄積する方法と、パソコンで管理すると後で役に立つ情報のジャンルについて考えてみましょう。

ダイエットの基本は、毎日体重を記録すること。パソコンで管理すれば、グラフ化も簡単です

Photo by さとう310

現代では、非常に多くの人が「痩せたい!」もしくは「痩せねば!」と思っているようです。しかし、体重を減らすのは、実は簡単です。1日の中で、食事によって摂取するカロリーが消費するカロリーを下回れば、人は自動的に痩せていきます。

世の中には非常に多くのダイエット法があります。その中で大きな話題となったものに、“記録系”のダイエットがありました。「レコーディング・ダイエット」や「計るだけダイエット」と呼ばれているのがそれです。

前者は、1日のうちで自分が食べたものとそのカロリーをすべて記録するものです。そして後者は、朝と晩に体重を計って記録するというもの。


不思議ですが、これらのダイエット法は運動にはあまり触れていません。しかし、実際にやってみると、どちらの方法もかなりのダイエット効果があるようです。

Photo by buri

レコーディング~の方は、自分が食べたものを記録することで、“自分がいかに食べているか”を自覚します。そして「これじゃぁ、太って当たり前だ...」と自然に食生活の改善を始めます。これが減量に繋がります。

計るだけ~の方は、前日の晩よりも翌日の朝の方が体重が軽いことを発見して、「せっかく減った体重を維持したい」と、その日の食事に気をつけるようになるのがミソ。

いずれのダイエット法も、一旦体重が減り始めるとその傾向を維持したくなリます。そして、いっそう食べるものに敏感になります。

ダイエットは、このように日々の小さな記録が大きな効果に繋がります。それは、人の体重は短期間で一気に減ったりはしないから。毎日データとして摂取カロリーや体重を記録すると、その傾向や推移が見えるようになります。これが、自分の意識を変えさせ、減量に繋がるわけです。

このように数値を毎日記録するのに、パソコンは非常に向いています。パソコンの表計算ソフトに体重を入力すれば、簡単にグラフ化でき体重の推移をビジュアル化できます。また、ダイエット系のフリーソフトも多く公開されています。

高価なジムに入会したり、きびしい食事制限をするだけがダイエットではありません。パソコンを使えば、ゆっくりでも確実な減量ができます。頑張りましょう。

お金の出入りをパソコンに入力。それだけで、お金の使い方が変わることも!

Photo by akizou

お金に関することも、パソコンでの管理が向いているもののひとつです。お金の管理には、数字の計算が必要です。これは、パソコンの得意分野です。

お金の管理に関しては、以前から非常に多くのソフトやサービスが存在しました。かつてマイクロソフトが販売していた「Money」というソフトは、持っている銀行口座や株式の情報を登録しておくと、その残高や株価をインターネットから自動で読み込み、その時点での資産残高を自動で表示できました。

現在でも、このソフトと同様の機能は各種の会計ソフトを手掛けるマネーフォワードという会社から提供されています。もし、多くの資産をお持ちで時価をすばやく知りたいなら、このサービスは便利そうです。

しかし、株式や債券などの金融資産を多く持っていないのであれば、このようなアプリやサービスは、高機能すぎるのも事実。日々のお金の出入りを記録するだけの、家計簿的な管理が長続きしそうです。

ダイエット同様、お金の管理も継続的に行ってこそ意味があります。日々の支出を一定期間以上記録し続けると、自分が何にお金を使っているのかが分かってきます。また、各支出の割合が見え、今後の予測もよりリアルに把握できるようになるでしょう。つまり、お金に対する感度がアップするわけです。

多くの資産を持つお金持ちの人たちが無駄な出費をしないように、お金が貯まる人は支出に敏感です。そのお金に対するセンスは、日々の小さな支出をチェックすることで鍛えられます。

昔は紙の上で管理していたお金の流れも、今ではパソコン上で行えます。どのようなソフトを使うかにもよりますが、多くのソフトで収入と支出を入力すると、瞬時にジャンルごとの集計がなされます。もちろん、残高も表示されます。


紙の家計簿のように計算機での集計が不要なので、毎日あるいは月末の負担が少ないのも大きなメリットです。

整理に困る、町内会や学校からの“お知らせ”文書

あらゆる書類は画像で管理

Photo by OKWAVE_PCMaster

毎日の生活では、非常に多くの“書類”がやり取りされています。困るのは、その書類がどんどん増えること。もらった時点で必要/不要の判断がつけば良いのですが、“念のため”とか“後で確認するため”に取っておくと、その数はいつの間にか膨大なものに。そして、本当に必要なときに見つからなくて、探す時間を浪費したりします。

このような書類の管理も、実はパソコンを使うと簡単です。ここ何年かは、家庭用パソコンの能力も飛躍的に向上しています。対応するソフトウェアやインターネット上のサービスも登場して、いろいろな認識ができるようになりました。

書類の管理でおすすめしたいのは、受け取った書類で残しておきたいと思ったものをパソコンに取り込んでしまう方法です。書類の取り込み法としてはスキャナを使うのが一般的ですが、なければデジカメで撮影してもOKです。とにかくパソコンに入れてしまえば、現物としての紙は捨てられます。

スキャンや撮影でパソコンに取り込んだ書類の管理に便利なのが、たとえばEvernote(エバーノート)に代表されるサービスです。Evernoteは、ブラウザに表示したWebページからスキャンした画像まで、あらゆるものを管理できるサービスです。家庭で使う程度の情報量なら無料版でも十分使え、必要に応じて有料版への移行もできます。

Evernoteがすごいのは、画像として取り込んだ書類の中に書かれている文字を認識し、それを検索できることです。たとえば、町内会の回覧で“ゴミの捨て方”に関する書類が回ってきたとします。これをスキャンしてパソコン上のEvernoteで管理すると、「ゴミ」というキーワードで検索することで、この“ゴミの捨て方”の種類がピックアップされます。つまり、必要な書類を必要なときにすぐに見られるわけです。


当然ながら、Evernoteのこのような機能は子どもの成長記録にも使えます。Evernoteでは、同じジャンルの情報にタグを付けて管理できます。これを使うと、閲覧や整理も手軽に行えます。

まとめ

パソコンは、いろいろなことに使える道具です。自分や家族の理想を見据えて利用すれば、より良い未来を作れるはず。無料で使えるソフトやWebサービスも多いので、いろいろ試してみると良いでしょう。デジカメやスマホと連携すると、パソコンもより便利に使えそうです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

3

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する