更新日: 2017-06-26 17:19:22

増え続ける子どもや孫の写真。パソコンを使ってスッキリ分類&親戚と共有する方法

著者: OKWAVE_PCMaster

編集者: OKWAVE_PCMaster

閲覧数: 1308

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 寝太郎

学校行事や家族旅行など、子どもがいると写真を撮る機会がたくさんあります。問題は、このようにして撮影した膨大な数の写真がなかなか整理できないこと。大量の写真を撮影しても、その整理が苦手という人はたくさんいるようです。

そこで、今回はパソコンを使ってこれらの写真を管理する方法を考えましょう。

 

せっかくの写真も、無造作に保存しておくだけでは後で楽しむことができません。また、どこかに埋もれてしまう危険性もあります。


家族や子どもの写真は、一旦失えば2度と手にできない大事な思い出そのものです。きちんと整理して大切に保管しましょう。さらにちょっと工夫すれば、遠くに住む親戚と写真を共有したり、年別に並べて成長記録にしたりすることもできますよ。

まずは、写真ファイルをデジカメからパソコンに移そう

パソコンを使った写真の管理には、何となく難しいイメージがあるようです。なぜか高価なソフトが必要だったり、難しい操作をしなければできないと思っている方も少なくないようです。

しかし、それは大きな間違いです。特にデジタルカメラで撮影した写真の管理なら、デジカメやスマホからパソコンに移す操作ができる人なら、ほぼ間違いなく作業できます。


パソコンでの操作は、ごくごく基本的なものしか使いません。デジカメやスマホなどから一旦パソコンに取り込んでしまえば、写真の管理はとても簡単です。写真の消去を防止する操作をした上で作業すれば、大事な写真を失うこともありませんから、ぜひチャレンジしてみてください。

Photo by OKWAVE_PCMaster

スマホやデジカメからパソコンに写真と取り込むには、いろいろな方法があります。簡単なのはSDカードなどを使うことですが、スマホなどでそれができない場合は、パソコンとケーブルで接続する方法があります。また、少量であればメールに添付したり、スマホとパソコンの両方からアクセスできるインターネット上のストレージを利用する方法もあります。結果はどれも同じですから、やりやすい方法を使いましょう。


デジカメやスマホで写真を撮影すると、写真のデータファイルに独自の名前が付けられます。iPhoneで撮影した写真のデータには、「IMG_1234.JPG」というような名前で保存されます。また、デジカメの場合は、また別のルールに従ったファイル名が付けられます。しかし、これらのファイル名はあまり気にする必要はありません。

パソコン標準の検索機能を活用しよう!

ポイントは、デジカメやスマホからパソコンに写真データを移す際に、新しいフォルダを作って、その中にデータを保存することです。写真のファイル名は、デジカメやスマホが付けたもので構いません。ただ、新しく作るフォルダの名前に、ちょっとした工夫をします。


たとえば、運動会の写真であれば「運動会」という名前を付けたフォルダを作り、その中に写真のデータを入れます。作業はこれだけです。フォルダの場所はパソコン内のどこでも構いませんが、Windowsには「ピクチャ」というフォルダが用意されていますから、その中にでも入れておけば良いでしょう。

Photo by OKWAVE_PCMaster

このようにパソコン内に保管した写真データは、Windowsが標準で備える検索機能を使うと簡単に表示できます。たとえばWindows10であれば、コルタナで「運動会」とキーワードを入力するとそれに関連したファイルやフォルダが一覧表示されます。

Photo by OKWAVE_PCMaster

そして、表示されたリストからどれかを選ぶ、そのフォルダが開き、内容がサムネイル表示になります。

Photo by OKWAVE_PCMaster

ここでサムネイル内の1枚を選んでダブルクリックすると、その画像が拡大表示になります。さらに、この画面からは、フォルダ内の画像をスライドショーで見たり、印刷するなどの操作も可能です。つまり、アルバムソフトと同様の使い方ができることになります。

Photo by OKWAVE_PCMaster

この検索法は、以前のバージョンのWindowsでも同様に使えます。スタートメニューの一番下に表示される検索窓にキーワードを入力すると、瞬時に関連のフォルダが表示されるので便利です。

Photo by OKWAVE_PCMaster

写真管理のポイントは、検索しやすいフォルダ名を付けること

ここで、フォルダの名前の付け方に付いて、ちょっとした工夫を紹介しましょう。それは、写真を格納するフォルダに日付や検索のヒントとなるキーワードを入れておくことです。

たとえば、2011年の運動会であれば「2011_運動会」のようなフォルダ名にします。こうすると、多くのフォルダを入れた親フォルダ内で、画像フォルダが時系列で並んで表示されます。

また、「2011」をキーワードとして検索すると、その年にあったイベントのフォルダだけをリスト表示することも可能です。

このようにフォルダ名に年号や複数のキーワードを入れておくと、その後の検索がとても柔軟に行えるようになります。

たとえば、シンガポールに旅行した際に宿泊したホテルの画像なら「2017_シンガポール旅行_ホテル」のような名前のフォルダに入れておきます。


すると、年の他、「ホテル」や「シンガポール」などのキーワードで検索が可能になります。

Photo by OKWAVE_PCMaster

フォルダ名に年とキーワードを入れる。

Photo by OKWAVE_PCMaster

「ホテル」で検索すると、目的のフォルダが探せる。もちろん、「シンガポール」や「旅行」での検索もOK。


フォルダ名を付けるルールを決めておけば、それを手掛かりに検索できます。あまり多くのキーワードは見づらくなりますから、年の他に2~3つくらいのキーワードに留めるのが良さそうです。

ネットを使えば、田舎の親戚と写真共有も簡単

このように写真を整理しておくと、その中から何枚かを選んで親戚や知人に見せることも手軽に行えるようになります。

パソコンで写真を管理していれば、そこからインターネットを介して写真プリントのサービスにデータを送り、プリントができます。このようなサービスは、大手の写真店はもちろん、一般的なコンピニでも行っています。「ネットプリント」や「ネットワークプリント」で検索すると、対応しているコンビニがすぐに見つかります。プリントの方法も詳しく説明されていますから、チャレンジしてみると良いでしょう。

この他、インターネット上のプライベートな空間に写真をアップロードし、それを限られたごく少数の人にだけ見せるようなことも可能です。このようなデータの共有サービスは、クラウド上にある多くのストレージで無料で利用可能です。

たとえばDropboxの場合は、格納したフォルダにリンクを設定し、それをフォルダの内容を見せたい人にメールで送ればOKです。


リンクの作成は、ドロップボックスに入れたフォルダ上でマウスを右クリックし、表示されるメニューから「Dropboxリンクをコピー」を選びます。

Photo by OKWAVE_PCMaster

このリンクを受け取った人は、それをクリックすることでフォルダ内の画像をブラウザ上で見られるようになります。また、画像をクリックすることで拡大表示も可能です。

Photo by OKWAVE_PCMaster

Photo by OKWAVE_PCMaster

まとめ

撮りためたデジカメ画像も、一旦パソコンに入れてしまえば管理は簡単です。その後の管理には、特に専用のソフトも必要ありません。

パソコンにさえ入れてしまえば、画像ソフトを使って写真のコラージュに加工したり、年賀状などにも使えます。また、DVDメディアなどに保存すれば、大事な写真を失う危険性も大幅に下げられます。


簡単な作業の割に多くのメリットを得られるものなので、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

5

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ノートパソコン