更新日: 2017-06-26 17:21:35

ノートパソコンで旅がより快適になる活用術!

著者: OKWAVE_PCMaster

編集者: OKWAVE_PCMaster

閲覧数: 873

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by acworks

小型化と高性能化が同時に進行するデジタル機器の世界。その中心的存在であるパソコンは、過去の予測を超えるスピードで進化しています。

特に、ノートパソコンは、軽量化と薄型化、長時間使用できる省エネ化が進行中。今や、旅行に持っていくことも可能になりました。

 

パソコンを旅行に持っていくと、旅先でSNSを更新したり、ブログを編集したりできます。また、緊急性のある仕事の事案にスピーディに対応することもできます。

 

かつては「旅行の時くらい仕事を忘れたい...」という意見もありましたが、ITネットワークが日常に浸透している現在は、いつでもネットワークに接続できる環境がないと逆に不安になるものです。そんなとき、いつでもつかえるパソコンが手元にあるのは安心に繋がります。

限られた時間をとびきり充実させる、ノートパソコン

旅とは、日常と違う時間を体験すること。ですが、旅行に割ける時間は限られています。無為に時間を浪費するのではなく、効率的に時間を使いたいものです。


時間の無駄を避けるには、やはり計画が必要です。旅行なら、食事や宿泊の予約はもちろん、旅行先で訪れたい絶景ポイントやイベント、アクティビティなどの情報を集めることは必要でしょう。これらは、パソコンの得意分野です。

Photo by cheetah

パソコンがこれらの情報収集に向いているのは、たとえば、複数のサイトを同時に開き、それらを切り換えて比較できることです。また、周辺の地図や料金プランなど、表示に広いスペースが必要な写真や画像なども、一度に全体を表示できます。一部を拡大しながら見るのではないので、比較のスピードはもちろん、情報の見落としを防ぐ意味でも大きな利点となります。


仲の良い友人たちと旅行の計画を練るような場面でも、パソコンは便利です。パソコンなら、いろいろな旅行関係のサイトを閲覧しながら、ビデオ通話を使った相談ができます。

Photo by アマチュア

日本の北と南に分かれて住む学生時代の友人と、互いの中間地点にある温泉で落ち合うなんて計画も面白そうです。


パソコンで通信しながら計画を練れば、旅行の楽しみを出発の前から味わえますね。

旅先からの情報発信にはパソコンが便利

旅先での使用では、ポケットに入れられるスマートフォンが便利な場面もあります。しかし、基本的にスマートフォンは情報に対して“受け身”の機器です。撮影した写真をそのままSNSにアップするような用途には使えますが、撮影した写真を加工・編集してコンテンツ化するような用途には向いていません。つまり、情報の発信には不向きなのです。

パソコンであれば、高性能のデジカメで撮影した写真をトリミングや部分修正し、説明文に関連情報のリンクを設定したようなブログコンテンツも手軽に作成できます。しかし、スマホだけでこのようなブログを作成しようとするのは無理です。


最近は、単に複数の写真を並べ、その間に1~2行程度の“ひとこと”を挿入したようなブログを頻繁に目にします。これは、ブログのコンテンツ作成をスマホだけで行っているためと考えられます。

Photo by craftbeermania

当然、このようなブログでは多くの情報を盛り込むのは無理です。そのため、すぐに飽きられてしまいます。また、アクセス数を稼げないばかりか、内容の薄いブログとして検索エンジンに認識され、検索してもヒットしない低ランクのブログとしなってしまいかねません。

旅行にピッタリ!1Kgを大きく下回る軽さと長時間の使用を両立したモデルも

旅行のパソコンを持参するかどうかで悩む大きな理由には、“荷物が増える”というものがあります。しかし、その心配は過去のものになりつつあります。

ここ何年かで、ノートパソコンの小型化や軽量化は大きく進んでいます。また、本体の堅牢性に配慮したモデルが増えており、旅行での移動や荷物の積み降ろし程度の衝撃では何の問題もないのが普通となっています。

ノートパソコンの軽量化に大きな貢献をしたのが、バッテリーの進化です。昔のバッテリーはとても重量があり、充電量も十分とはいえませんでした。しかし、現代のノートパソコンに使われているバッテリーは小型な上に性能も優れ、パソコン本体の省エネ化と相まって、パソコンを長時間使うことを可能にしています。

記憶装置として長年使われてきたHDDに代わってSSDが一般化したこともノートパソコンのフットワークを軽くすることに貢献しています。

SSDは、Solid State
Drive(ソリッドステートドライブ)の頭文字を取ったものです。

SSDには、HDDのような物理的な可動部品がありません。このため振動に強く、また円盤を回転させるモーターもないので省エネ性能に優れる特長を持っています。つまり、旅行にピッタリなのです。


いろいろな部分の進化によって、最近では1Kgを大幅に下回る重さで10時間以上の使用が可能なノートパソコンも珍しくなくなりました。この重さなら、旅行に持っていくのにも大きな負担にはならないはずです。

最近は、スマホのように画面に直接触れて操作できる機種にも注目が集まっています。このタイプでは、画面部を折り返すようにして使えるモデルもあります。

Photo by lenovo-laptop-yoga-900s

たくさんの文字を入力するには、キーボードが便利です。しかし、地図で目的地を見ながら徒歩移動するような場面では、キーボードが邪魔になります。このような場面ではタブレットのように使えた方が扱いやすく感じるはずです。


キーボードを備えた上でタブレットモードに対応した機種なら、従来型ノートパソコンのようにキーボードを出す使い方と画面を直接操作する使い方の両方をシーンや目的に応じて使い分けできます。

まとめ

毎日の生活にパソコンに触れる時間が組み込まれている人は、旅先でもパソコンに触れないと不安になるもの。

特に、複数の宿泊を伴う海外旅行にパソコンを持参すれば、翻訳サービスで現地のニュースや最新の情報が得られます。


パソコンを有効に使って、限られた旅の時間を最大限に楽しみましょう!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ノートパソコン