OKWAVE Guide 印刷用:【ホルモンは放るもん?】ホルモンについての豆知識とホルモンのレシピ|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 17577138723 1c78ab530b z

ホルモンは、好きな人にはたまらないようですが、苦手な人も多いですね。筆者もホルモンは苦手です。もつ鍋だったら、なんとかぎりぎり食べられるレベルです。
ホルモンの豆知識、ホルモンを使ったレシピなどを紹介します。

【ステップ1】

ホルモンとモツって、どう違うんですか?
A
ホルモンとは、一般に牛や豚の「腸」の部分を指します。

モツとは「臓物」、すなわち腸以外に胃や心臓、肺など様々な部位の総称です。

ただ、ホルモン鍋と書いてあっても、小腸以外のモツも含まれる場合があります。

他の部位の呼び名をあげておきます。

ミノ=第一胃袋
ハツ=心臓(関西ではココロとも)
ホルモン=腸(関西ではテッチャン)
センマイ=第3胃袋
ハチノス=第2胃袋
ギアラ=第4胃袋(赤センマイとも)
レバー=肝臓
ハラミ=横隔膜(筋肉部分)
A
ホルモンは関西弁、モツは関東弁でしょう。

ちなみにホルモンは内臓全般をさし、腸だけを意味しません。
私は関西人なのでモツとはいいませんが、意味は同じだと思います。
A
関西弁で、ほうるモン(捨てるもの)という意味らしいです。

回答では関東弁とのことですが、福岡のもつ鍋のことも忘れないでほしいですね。

【ステップ2】

生臭いもの(青魚やレバーなど)が苦手なのですが、知人にホルモンを食べに行こうとお誘いをいただきました。

食わず嫌いも多少ありますし、栄養もあると思います。
これを機会にチャレンジしてみたいので、苦手な人でも食べやすそうな(あるいは逆に手を出さない方がよさそうな)ホルモンの種類を教えていただけませんか?

ちなみに焼き鳥の砂肝や、焼き魚の血合い部分のレベルがもう無理です…。オエッと吐きそうになってしまって…;;
あとコリコリして噛みにくいものよりは、やわらかく噛み切りやすいものが好きです。
よろしくお願いします!
A
独特のクセがあるので、みそ味がよいと思います。
しかし、加工の仕方によってはクセが消えてますが
半端だと、食感はゴムを食べてると思うかもしれません。

鉄板焼き、もつ鍋・・・色々とありますが、付け合わせの野菜の方が
美味しいかも。

知人には初チャレンジのことを、事前に言っておいた方がいいですね。
「もしかしたら、食べれないかも」とね。

おすすめは、もつ煮込み(やわらかい)。
これが無理なら、全部ダメかも。
A
さがりorハラミ(横隔膜)なら、ほとんど「肉」のレベルだから大丈夫かな?ホルモン屋なら、タン(舌)もあるはず。塩よりタレで食べる方が良いと思います。ネギやにんにくなどの薬味も多めに使うこと。

【ステップ3】

ホルモンが飲み込めなくて困ります。

ホルモンは極力食べないようにしてますが、
焼肉を食べに行くと誰かがホルモンを注文していて、
お皿に乗せられたり、おいしいからとすすめられて
うっかり食べてしまうことがありますが
かんでもかんでもなくならないしガムみたいで飲み込むタイミングがわかりません。
ずっと噛んでるとおえってなります。
何回か噛んで飲み込もうとしても切ってある大きさが大きいのか引っかかるときもあります。
どうやって食べたらいいんですか?
A
ホルモンは噛み切るって言うよりも食感を楽しみ 噛んだ時に出る肉汁を楽しみって考えて下さい。
4,5回も噛んだら飲み込むと良いでしょうね・・
 噛み切らないとって思うと厳しいので・・・
ホルモンだけを飲み込むのが難しければ 飲み物と一緒に流し込む・・
 他にもご飯と一緒に噛んで飲み込む、
噛み切ろうって考えると飲み込むタイミングを失うと思います。
A
大腸の部分は厚みがあるんです・・
 小腸の部分だと薄く噛み切りやすいんですけどね・・・

【ステップ4】

いつもお世話になっております。
私は20代後半のOLです。ちょっと教えてください。

私はホルモンがダイスキです。
ほぼ毎日、仕事帰りにお肉屋さんに寄って
生ホルモンに塩タレをつけてもらって買ってきます。
ホルモンは頼んでから腸を切ってくれます。こてっちゃんとかではありません。

一回に200g買って来て、2日で食べます。
そう、毎日毎日一人分の卓上コンロで
網焼きにして長ネギも一緒に焼いて食べています。
・・・寂しい食事風景と笑わないで下さい・・


オカズはその他に、
野菜サラダやら煮物やら焼き魚とかいろいろ作って食べますが、
塩ホルモンだけはゼッタイ欠かせません。

毎日ホルモンを食べる生活が3ヶ月続いてます。

朝はお味噌汁とご飯 お昼は自作のお弁当を食べていて
ホルモンを除いたら バランスの良い食生活と思います。

ここで質問です。
牛の腸(ホルモン)の栄養価とかを調べようと思い
いろいろ検索していますが、イマイチ探せません。
どなたかホルモンを食べすぎることに対して
よい事・悪い事 ご存知無いでしょうか。
A
 ホルモンの部位によって、脂肪の量やその他の栄養バランスは異なりますが、ホルモンそのものが体に悪いということはないと思います。おそらくここで問題になるのは、

>生ホルモンに塩タレをつけてもらって買ってきます。
>塩ホルモンだけはゼッタイ欠かせません。

・・・の2点でしょう。

 市販の塩ダレはかなり塩分が多く含まれていますので注意してください。お店の自家製であっても、販売目的ですと、添加物なども入っている可能性は高いです。どのくらいの塩分量なのかを自覚できないまま、毎日食べ続けるのはちょっと恐いですよ。自分で作るか、毎日食べても大丈夫な塩タレを探すのがベターでしょう。

 塩ホルモンが欠かせない・・・。かなり習慣性の依存になっているようですね。確かにホルモンのうま味とかは忘れられなくなって、焼肉には欠かせなくなると思いますが、毎日欠かせないのは精神的なものでしょうか。それとも味覚的なものでしょうか。両方の事が多いのですが、精神的なもの(コーヒーを毎日のみ続けるとかと同じ依存)であれば、一度1ヶ月ほど絶ってみるべきだと思います。
 味覚的なもの(何にでも醤油をかけたり味の素をかけたりする人いるでしょ)であれば、タレに添加してあるものをよく確認してみて下さい。調味料などが多く含まれているかもしれません。塩タレは醤油系のタレよりも調味液を多く使う傾向があります。ホルモンですので、臭みを抜く必要があるので仕方ないのですが、できるだけ自分で塩たれを調合した方がいいですよ。市販のタレが、あなたの様な食べ方を想定しているとは考えにくいからです。

食べ過ぎると痛風になる恐れがあるそうですね

【ステップ5】

今日晩にホルモン焼きをするんですが、昨日スーパーでホルモン(生)を買いました。ホルモンと言うと硬いとイメージがあるんですが、した茹でした方が良いのでしょうか?あとタレが少し付いていましたがこのタレの量だとたりそうもないでのタレも作り方も教えて下さい。
A
新鮮なホルモンなら問題ないと思いますが、不安ならまずたっぷりの流水でよくホルモンを洗ってから水気を切ります(ぬめりがあるようなら、水洗いの前に塩をよく揉みこんでおくと、落ちやすい)。

それをビニール袋に入れて、そこに日本酒を少々注いで、よく揉みこんで30分~1時間も置いておけばいいでしょう。
好みでおろしニンニクやショウガ、すりおろしたタマネギを追加して揉み込んでもいけます(タマネギは肉を柔らかくする効果もある)。

そのまま塩コショウを振って焼く。

あるいは醤油大さじ4、味噌大さじ2、煮切った酒大さじ2、砂糖大さじ1~2、ゴマ、刻み唐辛子、コチュジャンなどを混ぜ合わせてタレ(味付けは好みがあるので、砂糖や醤油、唐辛子の量は要調整)を焼く前に絡めたりしてもいいでしょう。

面倒なら、市販の焼肉のタレを買ってきて使うのが手っ取り早いです。
A
下茹でをしたら生の意味がなくなります。
タレは、タマネギとリンゴを同量くらい割合の「すりおろし」に「刻みねぎ」ニンニク適量、みりん、酒、少量の醤油を混ぜたもの1時間以上漬け置く、リンゴの酵素で柔らかくなります。
つけタレも同じものに醤油を追加する、
焼く直前にトウバンジャかコチュジャン、醤油などで味おを整える方法でやっています。
普通の焼肉も同じでよいです。
肉類を柔らかくするにはリンゴ、パイナップル、キュウイ、が効果的、浸透を早めるには酒、みりん少量の塩分、焼く直前にタレにとろみをつけるには味噌類という調理方です。

【ステップ6】

ホルモン煮込みの基本的な作り方を教えてください。
大好きなので、いっぱいつくって食べたいんですけど、作り方がまったくわかりません・・・。ちなみに、圧力鍋はないです。。
A
基本的な…とおっしゃるからには、茹でモツを買ってきて煮込むだけというのではなくて、生のホルモンからの作り方ですよね?

・ホルモンは良く水洗いして汚れを取る
(腸が開いていないものは切り開いて余計な脂分も一緒に包丁でこそげ取る)
・たっぶりの水を鍋に張り、モツを入れて茹でる
(臭み取りにねぎの青いところや生姜の皮などのクズ野菜を入れる)
・湯が沸いたら、ザルに空けよく水洗いして再び茹でる
・お好みの固さに茹で上がったらザルに空けて水を切る
・酒・醤油・味醂で煮汁を作り、生姜の薄切りを加えてモツを煮込む
(水をひたひた位に入れて、それが無くなりかけるまで煮込む)
A
最近は一度ゆがいて下処理をしたモツを売っているのですが、それがない場合は一度熱湯に2~3分入れ、下処理をします。

あとは飲み屋さんで食べるように適当な大きさに切り、ひね生姜を利かせて、大根、牛蒡、人参、コンニャクなども入れて

出し汁とお味噌を適当に入れて30~60分間、煮るだけです・・・お店のように煮浸たしにして置くと味がしみます。

【ポイント】