更新日: 2017-02-18 13:18:09

金融ジャーナリストに学ぶ:ダウ理論について勉強しよう!

著者: toushi_wave

編集者: toushi_wave

閲覧数: 844

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

ダウ理論は、金融ジャーナリストだったチャールズ・ダウ氏によるチャート分析理論のことです。下記のような6つの基本法則で構成されており、特に有名なのは6つ目の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」です。

STEP1 ダウ理論とは

Photo by http://invest.aandm-china.com/tech/dow.html

ダウ理論と聞いて、この基本法則を思い浮かべる人も多いと思います。

エリオット理論やサイクル理論、ギャン理論などの理論系もあり、いきなりすべてを理解するのは大変です。

FX初心者の方がダウ理論を勉強してトレードに活かしたい場合は、特に実践に役立つ基本法則の「平均はすべての事象を織り込む」「トレンドには3種類ある」「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」の3つを抑えておくと良いでしょう。

6つの基本法則

ダウ理論は、以下の6つの法則によって構成されています。


1.平均はすべての事象を織り込む
2.トレンドには3種類ある
3.主要トレンドは3段階からなる
4.平均は相互に確認される必要がある
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する


この6つの法則は、ダウ理論を語るときに必ず出てくる文言なので、「あー、あのわかりにくいアレね…」って思った人もいるかもしれません。
「何言ってんのかわかんないよ!」ってかんじの文言ですからね。(笑)

ちなみに、この中の5番目の法則については、FXにおいては正確な出来高を確認するのが難しいので、ここでは省略しておきます。
残りの5つについて、ザッと説明していくのでついて来てくださいね!


<出典:http://www.fxtrade-lab.com/10488

STEP2 平均はすべての事象を織り込む

ダウ理論では、経済指標などを元にしたファンダメンタルは、為替市場に織り込まれていると考えられています。

つまり、ファンダメンタルズ分析をして世界中の経済指標や情勢などの情報を得て分析をしなくても、チャートにすべて織り込み済で反映されているということです。

極論ですが、ファンダメンタルズ分析はしなくても、チャートだけを見ていたら良いということです。


政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。


<出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論

STEP3 トレンドには3種類ある

Photo by http://www.fx-dealings.com/archives/530

ダウ理論は、トレンドを非常に重視しています。

トレンドを3つの種類に分けて、相場の方向性を読み解くことをオススメしています。

3つとは長期・中期・短期です。主要トレンド、二次トレンド、小トレンドなど、さまざまな言い方があります。

1年から数年にわたる長期トレンドの方向性、数週間から数ヶ月間の中期トレンドの方向性、1ヶ月にも満たない短期トレンドの方向性、これらのトレンドの方向性を確認し、相場の動向を予測します。

トレンドの方向性を読む場合は、短期トレンドだけを見たりするのではなく、長期・中期・短期の方向性を確認することで、精度の高い予測が可能になります。

日足・時間足・分足は最低限見るようにしましょう。


ダウ理論の根幹をなすのは、為替レートの値動きは「トレンド」によって支配されている、という考え方です。「トレンドに乗った取引をする」というのは今では当たり前の投資手法ですが、ダウ理論はその礎になりました。彼はトレンドを、

● 1年から数年続く「長期メイントレンド」
● 数週間から数ヶ月程度の「中期トレンド」
● 1時間から1ヵ月程度の「短期トレンド」


<出典:https://www.gaitameonline.com/academy_chart11.jsp

STEP4 トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

ダウ理論では、トレンドが発生すると明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続していくと、考えられています。

ダウ理論で考えられている、上昇トレンドと下降トレンドは次のとおりです。

上昇トレンドは、高値と安値が1つ前の高値・安値を連続して切り上がっていくことです。下降トレンドは、高値と安値が1つ前の高値・安値を連続して切り下がっていくことです。
上昇トレンド後に下降トレンドのシグナルや下降トレンド後に上昇トレンドのシグナルが現れた場合は、転換点だと判断しましょう。切り上げ・切り下げに加えて高値・安値をブレイクするのがポイントです。

ダウ理論はFXや株式などのチャート市場での
値動きを評価するための理論であり最も重要なテクニカルのひとつです。

為替相場の値動きには、様々な要素が関係していますが、
一度「上昇」もしくは「下降」というトレンドが始まったら、
それを反転させる現象がおきないかぎり、相場は「上昇」もしくは「下降」を続ける。

これがダウ理論です。


<出典:http://fxxy.org/230.html

まとめ

ダウ理論はFXトレードで勝つためにとても役立つ!

ダウ理論は、とても役立つ理論・法則です。なんとなくで思っているものを具体的に言語化されており、理論としてだけでなく、実践にも活用できます。今回は3つの法則について紹介いたしましたが、興味がある方は、他のダウ理論についても、ぜひ理解を深めてみてください!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する