更新日: 2017-02-11 13:09:50

トレンドを察知せよ:水平線(ホリゾンタルライン)の引き方を学ぼう!

著者: toushi_wave

編集者: toushi_wave

閲覧数: 847

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by http://fxschoolfl.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

水平線とはホリゾンタルラインとも言われ、トレンドラインと一緒に活用することが多いです。

水平線は、ある一定の高値や安値などに水平にラインを引きます。何度も反応している場所にラインを引くことで、ブレイクポイントや押し目買い、戻り売りのポイントを判断しやすくなります。

STEP1 トレンドラインと水平線

水平線を引いて上昇した際に抵抗なる線を抵抗線(レジスタンスライン)、下降した際に支持となる線を支持線(サポートライン)とも呼びます。水平線やトレンドラインを使うことです。


トレンドラインと水平線では結局何が分かるの?っていうと
トレンド(上昇なのか?下降なのか?レンジなのか?)が分かります。っていうか判断できます。
しかもトレンドラインと水平線が引ければこれだけでもトレード出来るんです。
巷で人気のあるライントレードというトレードスタイルです。
<出典:http://www.fxlesson.com/practice/line

STEP2 同じ位置で止まっている場所に引く

チャートに水平線を引く場合は、2つのポイントを意識しましょう。

1つは長い時間足のチャートを見ることです。5分や10分などの短い時間足のチャートを見て水平線を引いても高い効果は期待できません。水平線は、同じ位置で止まっている場所に引くのが一般的です。

なぜなら多くの投資家が注目しているポイントだからです。水平線を突き抜けた場合は、一気に上昇するチャンスです。

分かりやすいポイントが多い水平線ほど、突き抜けた際のインパクトが強く大きな利益を得れる可能性があります。

Photo by http://fxldh.jp/wp/1973


上記の場合、赤マルの様にぴったりと同じ位置で止まっているので、誰が見ても"意識されている"という事がわかります。
この様な場所だと、売っている人からすると、赤マルを抜けたらマズイとわかるので、損切りが赤マルの少し上に設定してあります。
また、買いたい人からすると、赤マルを抜けたら"一気にブレイクしそう"というのがわかるので、赤マルの少し上に買い注文を入れていたり、ブレイクした瞬間に飛び乗ろうと待ち構えている人もいます。
その為、赤マルを抜けると一斉に損切りと新規買いが入って、一気にブレイクして急騰しているのがわかります。
水平線は、「ここを抜けたらマズイな」「ここを抜けなかったら反発するな」といった目安を作る為には物凄く役に立ちます。
ただし、そのラインはみんなが見てはっきりわかる場所でないと意味がありません。ですから、水平線を引くのは何度も反応している場所に引くだけでよいのです。

<出典:http://fxldh.jp/wp/1973

Photo by http://scenariofx.com/archives/120/


いずれも青の丸で囲った部分で反応しているのが、一目瞭然ですよね?
僕としては、こういう目立った場所に引くのが良いのではないかなと思っています。
また、こうして書くと「何回反応している時に引けば良いのか?」「何本引けば良いのか?」という疑問が出てくるかもしれません。

反応している回数については、特に答えは無く、やはり『目立っている所』としか言いようがありません。
そして、引く本数については、使い方によっても変わってきますので、次からの内容も参考にしてみてください。
<出典:http://scenariofx.com/archives/120/

STEP3 水平線はローソク足のヒゲでも実体でもどちらでもOK

水平線を引く際は、ローソク足のヒゲでも実体でも、どちらでも問題ありません。

あまり気にする必要もありません。神経質になりすぎず、最初はおおよそで良いでしょう。

水平線を何本も引いているうちに、実体に引くかヒゲに引くかはそこまで大事なことでないことが分かってきます。

下記のように最安値や最高値には引いた方が分かりやすいですが、それ以外は、あまり気にしすぎずに引いてください。


水平線に関わるお問合せ内容で多かった質問を上げてみます
■ 水平線はローソク足のヒゲに引けばいいですか?実体ですか?
■ どの時間足に引けばいいですか?
■ 何本くらい引けばいいですか?
このような内容が多かったですね。

まず、ヒゲに引くのか実体なのかは、よく当たっている方で引いてください。
また最安値や最高値のヒゲの先端には引いた方がいいでしょう。
<出典:http://monchifx.com/wp/2016/09/16/suihei/

STEP4 水平線だけでも相場を読める

水平線を使えば、相場の方向性やトレンドを読むことができます。

レジスタンスラインとサポートラインを引けば、一定時間の相場の動きは、ラインの中で行われます。レジスタンスラインを上に突き抜ければ上昇のサイン、サポートラインを下に突き抜けば下降のサイン、レジスタンスライン近くまで上昇し下降したら戻り売り、サポートライン近くまで下って上昇したら押し目買いです。

相場はレジスタンスとサポートの間をカチカチ動くものです。レジサポ間の値幅が大きければ利益が期待できるし、小さければトレードを見送ります。値段はレジスタンスを上抜けば次のレジスタンスまで進み、サポートを下抜けば次のサポートまで進みます。極端な話、チャート分析は水平線だけで事足りるのですが、肝心なのは水平線を必要なレートに必要な数だけ引けるかどうかです。



<出典:http://mayohare-fx.com/nzone-method/

まとめ

さまざまな分析ツールがありますが、水平線(レジスタンスライン・サポートライン)だけでも、十分に利益を上げれます。

さらにトレンドラインを組み合わせると、より精度高く分析することが可能です。水平線やトレンドラインを引く際は、長い時間足のチャートで引くようにしてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する