更新日: 2011-05-16 14:51:07

久しぶりに草野球をやっても怪我をしない方法

著者: jb6113

編集者: jb6113

閲覧数: 2057

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJ/TR (´・ω・)

15年振りに草野球をやる中年親父です。
ちなみに体型は中年メタボ太り、運動は年に数回のゴルフのみで普段殆ど体は動かしていません。
怪我とかが怖いのですが、何か注意事項はありますか?

STEP1 【ハッスルプレーはしない!】

まず怖いのは、捻挫、肉離れ、ギックリ腰、アキレス腱、膝等の下半身の怪我ですね。私の知ってる人で高校野球経験者でも、10年振りに草野球に参加してサードゴロを打って一塁に数歩走り出したところでバッタリ倒れた人がいます。右足ふくらはぎ肉離れです。いくら高校野球経験者でも普段運動していないと、ただの中年親父です。
彼は一人では歩けずチームメイトの助けを借りて病院に行きました。悲惨です。比較的高齢でも楽しめる草野球ですが、場面によって瞬発的にダッシュしたりジャンプしたりするので、怪我をする危険性は高いと言えますね。怪我に対する注意事項と言う事ですが、普段運動をされてないのであれば、絶対に無理にハッスルプレーはしない事です!これを大前提で、幾つか準備出来る事はあります。

STEP2 【ストレッチ】

まず使える時間があれば、散歩して下さい。10分位からでいいと思います。そしてお風呂上がりにストレッチです、ゆっくり無理せずにです。
①膝裏~太腿裏
まず座って、出来る範囲で開脚~左右のつま先に向かって同じ側の手を伸ばして下さい。出来る範囲で構いません、ゆ~くり息を吐きながら5秒×5回。これを左右ともに
②太腿前
寝たまま足を伸ばして横を向いて下さい。上側の足先(キツければ足首でも)を同じ側の手で掴みお尻の方へ曲げる。同じく出来る範囲で構いません、ゆ~くり呼吸しながら7秒×5回。これも左右ともに
③ふくらはぎ
立ち上って、壁かテーブルに両手をついて片足を真っ直ぐ後ろに伸ばして下さい。無理をしないで痛くなる少し前でゆ~くり呼吸しながら30秒×2回。これも左右ともに
④アキレス腱
この前の③の姿勢から後ろの足を少し前に戻して、ゆっくり腰を落とします。アキレス腱を伸ばす感じが分かると思います。これも無理をしないで痛くなる少し前で、ゆ~くり呼吸しながら30秒×2回。これも左右ともに
⑤腰の回転
ラジオ体操でやられたと思いますが、少し足を開いて立ち、左右に腰を回します。ゆっくりと30回位

STEP3 【試合中も】

野球は試合中もサッカーやマラソンと比べて遥かにインターバルの多いスポーツです。
攻撃でベンチに戻っている時間、守備についている時間でも投球間にでもストレッチを行う事が可能です。
イチロー選手は試合中も継続してストレッチを行っていますね。
彼が他の選手に比べて怪我が少ない理由の一つだと思います。
日頃の心掛けですね。各部ストレッチには『ストレッチ自宅塾』http://korehaii.biz/に詳しく分かりやすく記載されてますので、ご参考までに

まとめ

☆主に草野球で怪我しやすい箇所の故障予防です。勿論、他に肩、手首、肘、膝、首等などがありますが特に①~⑤をされて下さい。これだけでも草野球の怪我予防に充分有効です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

59

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

継続力 野球への情熱