更新日: 2010-12-19 21:21:35

たまねぎが目にしみない方法

著者: おりん♪

編集者: おりん♪

閲覧数: 9692

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by dumbledad

玉ねぎのみじん切りにかぎらず、ちょっと切っただけでも目が痛くて涙が出てしまいます。
たまねぎが目にしみないようにする方法をいろいろ紹介します。
どれも完全になくすことは難しいですが、どれでも試す価値はありますよ。

STEP1

①玉ねぎを切る前に冷蔵庫で冷やし、切る時は表面を水にぬらし、よく切れる包丁ですばやく切る。
※冷蔵庫で冷やすことで刺激成分が摘発しにくくなります。水にぬらすと刺激成分が水に溶け出します。よく切れる包丁はたまねぎの細胞をこわしにくくするので刺激成分の摘発が減ります・・の合わせ技です。

STEP2 ②水中メガネや、ゴーグルをする

周りから見るとちょっと変ですが、玉ねぎの汁から完全に目を守れる形の水中メガネや、ゴーグルのようなものを装着するのは目の保護になります。
コンタクトの人はなりにくいとはいうけれど、私はダメでした。

STEP3

③熱を入れる料理なら、切る前に軽く電子レンジで加熱してから切ります。
※刺激成分が変質して刺激性が少なくなります。ラップで1分くらい。

STEP4 ④舌を思いきりべろんと出して刻む

これも周りから見るとかなり変ですが、玉ねぎの刺激性は、初めに出会った粘膜に迷惑を及ぼすので、最初に出会う粘膜を舌にして、大事な目にいたらないようにします。
※ちょっと舌がぴりぴりになりますが、ほとんどの刺激物は舌に吸収されてしまうので、目にはあまり被害が及びません。

STEP5 ⑤鼻の穴にティッシュを詰める

息を止めて切る人もいると思いますが、鼻で呼吸しないということで、鼻の穴にティッシュを詰めるのも効果的です。
※タマネギの酵素は、目だけではなく鼻の粘膜を刺激して、それが原因で涙が出るので、この方法も効果があります。でも完全には難しいです。

まとめ

いろいろとご紹介しましたが、どれも簡単なので組み合わせてもいいし、ぜひやってみてくださいね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する