更新日: 2015-11-06 10:43:08

それダメ!目元の小じわをまねくNG習慣4つ

著者: 美LAB.

編集者: 美LAB.

閲覧数: 999

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by fotolia

自分の顔に気になるエイジングサインを見つけた時、あなたはどうしますか?気になるエイジングサインに効果がありそうなコスメや美容法を試してみるという人が多いかもしれませんね。それももちろん効果的ですが、その前にすべきことはエイジングサインの原因となっている可能性があるNG習慣を見直すこと。そこで、今回は目元の小じわをまねくNG習慣をご紹介します。

STEP1 【No.1】アイメイクを落とす時にゴシゴシ擦る

摩擦は小じわをまねくNG習慣。かゆい時に目を擦るクセも含めて今すぐ見直しましょう。アイメイクを落とす際は、まずコットンに専用リムーバーやクレンジングローションなどをたっぷり含ませ、それをまぶたに数秒あててから優しく拭うようにしてメイクを落としましょう。落ちにくい目の際のアイラインなども綿棒などを使い、擦らずにしっかり落とすことを心がけましょう。

STEP2 【No.2】洗浄力の高い専用リムーバーを毎日使う

毎日ウォータープルーフなどの落ちにくいアイメイクをしていると、当然洗浄力の高い専用リムーバーが必要になります。しかし、洗浄力の高い専用リムーバーは肌に必要な潤いまで落としてしまう恐れがあるため要注意!毎日の使用を避けることが大切です。そのためには毎日のバッチリメイクを見直す必要があります。週に1度はすっぴんで過ごす日を設けるほか、石けんで落せるアイメイクアイテムを併用するのもおすすめです。

STEP3 【No.3】油分を避けたスキンケア

べとつきが嫌い、と油分を避けたスキンケアをしていると乾燥をまねき、小じわができてしまうことになりかねません。油分が含まれていても、テクスチャーによってはべとつきが気にならないものもあります。

様々なアイテムを店頭で試してみて自分の肌と相性のいいものを選び、目元をしっかりと保湿することで小じわの発生を防ぐことが大切です。

STEP4 【No.4】つけまつ毛は数日つけっぱなし

印象的な目元を演出してくれるつけまつ毛。愛用している人も多いのではないでしょうか。しかし、つけまつ毛の接着剤も肌に負担をかける恐れがあります。便利だから、面倒だからとつけっぱなしにはせず、毎日メイクを落とす際に必ずはずすことが大切です。

また、つけまつ毛を毎日使うことは接着剤が肌に負担をかけたり、剥す際に皮膚を引っ張るなどして小じわをまねく恐れがあります。つけまつ毛を使用しない日を作ることも心がけましょう。

まとめ

このほか、目を酷使することも目の周りの血流を悪くし、小じわやクマなどのエイジングサインをまねく要因になります。デスクワーク中心の人は時々遠くを見るなど目を休めるよう心掛け、アイメイクが映える目元をキープされてはいかがでしょうか。


【合わせてチェック!】

食べ方次第で老けまっしぐら?NG食習慣5つ
後ろ姿に老けサイン!外出前の5分で解消する方法
あるだけで5歳は老けて見える!お金をかけずにできるほうれい線解消法

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
美LAB.

美LAB.(美ラボ)は、女性たちの「キレイになりたい!」をサポートするビューティーメディアです。日常生活に役立つ手軽な美の情報をお届けします。