OKWAVE Guide 印刷用:【マイナンバー】副業がばれる?他人に知られたら?会社に提出?海外在住者は?【第一弾】|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 9459053628 e0660ff0ff z

マイナンバーが導入されました。マイナンバーに関する基本的な疑問をまとめました。いつ家に来るの?不在でも大丈夫?他人にマイナンバー知られるとどうなるマイナンバーを会社に提出しないといけない?身分証明を会社に提出したら会社は何をする?海外在住者は?自分で閲覧すると何が確認できる?以上です。
第二弾はこちら→【マイナンバー】副業がばれる?水商売は?学生なんだけど?確定申告は?【第二弾】
第三弾はこちら→【マイナンバー】会社に提出して知られることは何?病歴ばれない?収集係は何をすればいい?【第三弾】

【ステップ1】

いつですか?

来週旅行の為家を1週間開けるのですが、大丈夫でしょうか?
A
これは「マイナンバーが発行された旨と あなたのマイナンバーは何番です」と教えてくれるだけ(まぁカード作成用の書類も入ってますが これは持つ必要は無いので無視して良いですし)

通知を受け取ろうが受け取るまいがマイナンバーは勝手に設定されますから
A
留守であれば不在通知が郵便受けに入れて行きます。
この後10日以内に郵便局に行けばOKですから、一週間の旅行であれば間に合うでしょう。
旅行を楽しんできて下さい。

【ステップ2】

12ケタの数字のみが誰かに知られると何らかの不都合が起こりうるのでしょうか?

つまり番号だけ知られ、名前・住所等々個人の属性は全く知られていない状態です。

わかりにくい質問かもしれませんので以下の状況を想定して回答願います。

・匿名掲示板に実在する12ケタのマイナンバーだけが書き込まれていて、衆人の知るところとなった。書き込んだ人すらそのナンバーが誰のものかはわからない。

※書き込んだ人の罪などは今回の質問とは無関係とします


よろしくお願いします。
A
>12ケタの数字のみが誰かに知られると何らかの不都合が起こりうるのでしょうか?
マイナンバー自体は、勤めている企業や、かかりつけの医療機関でも使うものです。
ですので知られたからといって問題はありません。
問題は付属しているパスワードを、早期に分かりにくいものに変更することでしょうね。

>匿名掲示板に実在する12ケタのマイナンバーだけが書き込まれていて、衆人の知るところとなった。
>書き込んだ人すらそのナンバーが誰のものかはわからない。
マイナンバーの持ち主の本人特定は、本人以外の誰が出来るのでしょうか?
企業や医療機関の管理者?それとも政府の人間?
そのマイナンバーの持ち主を特定できる情報を一緒に書き込まれてるならともかく
番号だけ書き込まれても問題にならないでしょう。
A
マイナンバーは、行政が管理する様々な情報を紐づけた番号ですが、番号自体が個人情報を含んでいるものではありませんので、番号が知られただけでは、個人情報が漏洩するわけではありません。
しかし、行政サービスを受ける時や、税金を支払う時などに必要になる番号ですので、知られることは、十分危険です。

また、行政のマイナンバーから情報を抽出できる端末にアクセスできる人たちに知られればもちろん個人情報が知られますし、その人が悪意ある人だった場合は、それをネットに張られる可能性などもあります。

以上のことから、マイナンバーを知られたからすぐに個人情報がばれるような心配はありませんが、もし不特定多数の人に番号が知られてしまった場合は、行政に訳をはなし直ぐに再発行してもらう手続きを取るべきだと考えます。
A
少なくともマイナンバーは銀行の暗証番号に匹敵するほど、個人を特定する手段として悪用される危険性を孕んでいます。
A
何かするなら、マイナンバーを補足する個人情報も必要です
例えば、名前とか生年月日とか.........
 
そもそも、マイナンバーだけでは性別も判らない

【ステップ3】

こんにちは。
来年1月より施行されます「マイナンバー制度」についてお問い合わせします。
会社からマイナンバーの提出を促された場合、
会社のマイナンバーの管理方法などを問い合わせる権利が社員にはあるのでしょうか。
A
マイナンバーの扱いは会社ごとに違うわけではなく、統一したやり方になります。

ですから管理方法は本でも買って読むしかありません。

会社に訊く必要があるのは個人情報の扱いです。
マイナンバーを含めた個人情報といえばよろしいか。

勘違いがあると思うのは、マイナンバー自体を個人情報だとみなす考え方です。

データには、情報であるものと単なるラベルであるものと2種類があります。

マイナンバーは個人ごとの唯一番号です。これはラベルです。
意味は何もありません。

簡単のため、銀行の口座番号を考えてください。
この番号は意味がありません。
この番号を使っている口座の持ち主の名前があると多少は違いますが、それでも1円のお金も盗むことができません。
通帳があってハンコがないとダメですね。あるいは、キャッシュカードと暗証番号が無ければ何もできません。

ここまでの情報があってはじめて全財産がパクられます。

この話をきっちり組み立てますね。

番号というのは、ラベルです。
それに名前とか、住所がつながって初めて情報になります。
情報になると、活用が可能になり、悪用も可能になるのです。
ラベルからリンクされたデータです。
この人の経歴だとか勤務先の名前、銀行の口座番号、医療機関のカルテ番号、といろいろリンクデータがありえます。

これはどういうつながりかというと、
マイナンバー=名前=住所=保険番号=年金番号=病院の患者番号
というようなタテに繋がるようなリンクではありません。

マイナンバーというデータを得られたとして、それを頼りにその人間の名前だとか財産情報がずらずら引き出すことができるならえらいことです。
そういうことを心配する弁護士が訴訟を起こしているのです。

つながりはこうです。

マイナンバー=名前
マイナンバー=保険番号
マイナンバー=年金番号
マイナンバー=患者番号

というように、個々の情報にむけてラベルからひとつひとつがリンクを張る構造になるのです。

ですから、万が一にその関係をこじあけようとした場合でも、マイナンバー=患者番号、までの粒度しかわからないと言うことになります。
この人間の財産をパクろうとした場合、この方式でいくつものリンク構造を調べまくる必要があります。
忍び込んだら、げた箱や冷蔵庫やタンスの引き出し、金魚鉢からタバコ入れまでいちいち鍵がかかっている家だったということになるのです。

そうでなければ、勤務先にプライベートなことがみんな丸見えになりますからとんでもありません。

単純にいえば、病院なら自分の患者の管理情報があります。そしてその管理番号とマイナンバーを紐づけて、データは自分で保持するだけです。
病院は病気のことしかわかりません。
病院以外は病気のことはわかりません。

しかし、許可された監査機関たとえば厚生労働省がマイナンバーだけを握って調べようとすれば、全部が即開示できることになります。
このマイナンバー登録をすると、現在おくすり手帳だとかでないと連携が付かない医療機関の医薬品管理が統一できます。
また、大震災などのとき、誰がいまいないか、が分かることになります。
役所がいま確認できた人間のマイナンバーを並べ、住民票と突き合せればいいだけです。
家も全部倒壊しても、何の薬が必要かがわかりますし通帳がなくてもマイナンバーで銀行に問い合わせられれば財産を保持することも可能になります。

この伝で考えてください。
会社にわかることは、従来人事管理に必要だったことのみです。
それをマイナンバーに紐づけるという書類を書くだけのことであって、会社はマイナンバーを使って自分が管理していない個人情報を調べることはできません。

だから、会社に問い合わせられるのは、個人情報の扱い方だけです。

【ステップ4】

職場にて、マイナンバー制度導入に伴い、免許証のコピーを提出するよう言われました。

マイナンバー制度導入によって企業が従業員の情報を集めてどこかに提出することなんてあるんですか?

やましい事をしている訳ではありませんが、会社を全面的に信頼している訳ではなく、そのような話しを聞いた事がないので気になります。
A
以下のページ「個人番号と法人番号」の項目内
「マイナンバー通知後、本人に対しマイナンバーの提供を求め、運転免許証などと突き合わせて確実に本人確認を行う必要があります」
http://www.g-soumu.com/special-talk/1503mynumber/index.php
A
 
企業が貴方の所得税・住民税を納付する時に、マイナンバーを記載して納付しなければなりません
その他、年末調整で扶養控除を受けるためには配偶者のマイナンバーも報告しなければなりません
あと、雇用保険・健康保険・年金などもマイナンバーを記入して納めます

これらの手続きを会社が行うのだから、会社にマイナンバーを知らせないといけません
 

【ステップ5】

タイトルの件で質問いたします。

私は、外国人の主人と結婚をして今は主人の国に住んでおります。
2011年に日本の住民票を抜きました。
最近のニュースで『マイナンバー』を見て、とりあえず日本に住民票がなければ、
マイナンバーは交付されないというのは分かりました。
私は今も、任意で年金は払っているのですが、マイナンバーが交付されないことと、
年金の受け取り等に影響はありますか?
また、まだ施行されていないので、分かりづらい面も多々あると思いますが、
マイナンバーがない日本国民として、これから不便な面として、どういうことが考えられる
と思いますか?
今の時点で、まだ分からないこともたくさんあると思います。
考ええる範囲で結構なので、お願いいたします。
A
現在の法律では年金は300ヶ月払えば受け取りが可能です。在外邦人でも同じですね。
これとマイナンバーとが関連するとすれば受け取り金融機関へ提示が求められる件ではないでしょうか?

マイナンバーは今後(2018年以降を予定)銀行口座、証券口座等で義務として提出を求められる可能性があります。そうなった場合、マイナンバー制度が始まって一度は国内に籍を戻して、銀行口座等を回ってその後にまた転出する手続きが必要になる可能性がありますね。

日本から給与を貰っている駐在員の方はマイナンバーの受け取りのためだけに帰国の必要があるという話も聞きましたが、今のところは私ども国外で生計を立てている在外邦人にはあまり関係ないように思います。

【ステップ6】

マイナンバー制度について、自分自身で番号入力して、閲覧できると聞きました。
モビットなどの借金も検索すると記載されてますか?
自分自身で閲覧はなにを見れるのでしょうか?
A
自分自身の納税状態だけです。収入も申告されていない分は分かりません。
他の人が、この番号の人に1億円支払ったと経費で落とす、そこであなたの番号を見れば、1億円収入の申告なしで普通の収入で年間4~500万円。払ったほうが受け取り人の領収書やら払ったという証明をする。このヤリトリもあなたはまったく場外です。
A
・平成29年1月より(現在の予定)、マイナンバー「情報提供等記録開示システム」が稼働予定で
 閲覧可能な内容は
 ・自分の特定個人情報を、いつ、だれが、なぜ情報提供したのか確認できる
 ・行政機関が持っている、自分の個人情報について確認できる
 ・一人一人にあった、行政機関からのお知らせの表示を確認できる
 関係するのは、行政機関に関する情報で(利用するのも行政機関ですから)
 私企業の情報は含まれませんし、リンクもされません
>モビットなどの借金も検索すると記載されてますか?
 ・その様な情報は、マイナンバーでは取り扱いません

【ポイント】