更新日: 2015-07-20 11:54:14

OS X10.11 vs Windows 10:どっちが良いの?

著者: orcajapan2000

編集者: orcajapan2000

閲覧数: 1280

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by orcajapan2000

元記事を読む



http://macxdvd.com/blog/excellent-windows-10-vs-os-x-10-11.htm<!--[if !supportNestedAnchors]--><!--[endif]-->


Apple WWDC15で次期OS X10.11の発表

AppleがWWDC15を6月8日からサンフランシスコで開催することが明らかになる。発表される内容は新Apple
TV、iOS9とOSX10.11、新たな音楽配信サービス、Apple WatchとHomeKitということ。今回の目玉は次期バージョンiOS9とOSX10.11で、それぞれの目新しい新機能、OSの最適化、セキュリティ面の強化について報告している。次期iOSおよびOS Xでは、新たな音楽配信サービスが導入される見通しである。これに伴い、iTunesもアップデートされ、新音楽サービスに対応することになるだろう。2015後半にリリース予定のWindows10の影響で、次期OSX10.11はどのように進化するかが非常に気になる部分である。

今年中と噂されているWindows 10

Windows10発売日が米国時間で7月29日に決まって、無料アップグレードも同時期から予約する。因みに、Appleの次期OS XとなるOS X10.11と恐らく同じ時期になる。こうして、OS X10.11 vs Windows
10も多くのユーザーから期待をされている戦いである。今年中と噂されているWindows8.1の後継OS-Windows10では、色々な機能のブラッシュアップが行われていて、スマートフォンやタブレット、パソコンの3つのデバイスで最適化されるOSとなっており統合化を上手く進められたものとなっている。









以下では、OS X10.11の新機能、OS X10.11の評価、OS X10.11アップデート、Windows 10の新機能、Windows 10の評価、Windows 10無料アップグレードなどのことについて解説する。それを踏まえた上で、OS X10.11とWindows 10どっち好きか?がわかる。

STEP1 OS X10.11 vs Windows 10:第一回

OS X10.11の新機能
vs Windows 10の新機能

アップグレード実施前に、新OSと古いバージョンとの違いを了解するべきだと思う。例えば:どんな見た目になるのか、新機能がどんな感じなのか等など。ここでは、両OSの最新機能をご紹介する。

<!--[if !supportLists]-->◆
<!--[endif]-->Macユーザーに教えたいOS X10.11の新機能

Windows10の発表の影響で、OS
X10.11は安定性重視のOSではなく、新機能追加とiOSとの連携を推し進める可能性が高くなった。AppleがiOSとOS Xの統合に着手するのかも注目ポイントとなる。OS X10.11に関しては情報は少なくて、以下では現在まで分かったOS X10.11の情報をまとめてみて、ご参照ください。

新型バージョンOS
X10.11(通称:Gala)では、マルウェアなどの悪意のあるウィルス感染を防止するために、管理権限を持つユーザーでも一部の保護されているファイルへのアクセルの防止を行うセキュリティシステムRootless(ルートレス)が搭載されるほかに、iMacやMacBookをWi-Fi接続時のセキュリティ面を強化したTrusted Wi-Fiも搭載する。それで、オンラインストレージサービスiCloudドライブのセキュリティの強化が行われる。

前述から見れば、前回のOS
10.10と比べ、新型バージョンOS X10.11に追加された新機能はMac上のコントロールセンターでwi-fi、bluetooth、音楽をコントロールできるパネルということ。新しいOS X Galaは、安定性の改善やパフォーマンスの向上を図り、新しい機能を追加するよりも、品質や信頼性を重視することは大事。

<!--[if !supportLists]-->◆ <!--[endif]-->Win78ユーザーに教えたいWindows 10の新機能

2015年7月29日に登場するWindows10の最大の特徴は、スマートフォンからタブレット、パソコン、テレビ、エンタープライズサーバ、更に画面を持たないIOTまで、様々な種類のデバイスに幅広く対応するOSである。アップデートの目玉はこれまでのInternet Explorerに代わる新世代のブラウザー「Project
Spartan」(正式名称:Microsoft Edge)が搭載されたこと。Reading Viewモードとリーディングリスト、Web NoteによるWebページへのメモの追加のような機能が搭載されている。

Windows10では最初に注目したいのは、その進化したスタートメニューとタスクビューである。新しいスタートメニューは、ピン留めしたアプリやお気に入りのアプリを集め、アクセルしやすいように配慮している。タスクビューも刷新され、アプリの切り替え、仮想デスクトップの活用という二つの役割がある。

Windows10で搭載された注目の新機能はタブレットモードと仮想デスクトップ。タブレットモードとは、通常のモードと違い、スタートメニューが全画面表示になり、アプリも最大化された状態で表示され、マウスとキーボード操作とタッチ操作をスムーズに切り替える。仮想デスクトップは複数の作業を並行して進めたい時に活用すると便利な機能である。例えば:Wordの資料を見ながらPowerPointで資料を作るとか、オンラインバンキングの明細を見ながらExcelで収支をチェックするとか。同時進行で作業時間を短縮できる。





















そのほか、新OSのWindows10ではスマホの通知センターのようなアクションセンターなどの新機能も追加された。ユーザーが各種通知を管理しやすくなる。

STEP2 OS X10.11 vs Windows 10:第二回

OS X10.11とWindows 10どっちが良いか。人それぞれである。OS X 10.11の機能がWindowsに多数搭載されることで、両OSの機能差は縮まりつつある。機能、使いやすさ、挙動、動作するアプリも異なりWindowsの方がフリーソフトが多いなどの簡単に比較できるものではない。ただ、最近ではOS XもMac App Storeが登場してからフリーで使える面白いアプリも増えた。以下は、新OSに関する口コミをまとめてみた。ご参考までに。

OS X10.11の評価

Rootless:OS X 10.11のセキュリティアップデートで、システムのマルウェア進入を防いてアプリの間でセキュリティを守り、個人情報を守るために作られたこのRootlessは主にメインになっている。これで、iPhoneの脱獄を利用するユーザーは脱獄ができなくなる可能性が出てきた。但し、OS X 10.11ではこの設定をオフにできるオプションが用意されるらしい。

iCloud ドライブ:OS X 10.11からはIMAPではなくiCloudベースに同期化を行う予定。これで同期化時に、より強いセキュリティで早いスピードで同期化可能にできるみたいである。

コントロールセンター機能:昨年OS X Yosemiteの初期ベータ版で採用されたコントロールセンター機能が追加される。ただし、時間切れになる可能性が高いそうである。でも、楽しみである。

Windows 10の評価

スタートメニューの複活:ご存知のように、Windows8で最も多く不満に上がったものはModernインタフェースと言える。Windows10ではスタートメニューが複活し、その中にModern UIとデスクトップUIがちゃんと用意され、好きなほうにアクセスできる。それにプラスして、スタートメニューの右側にタイル画面が表示されているが、ここに好きなアプリのタイルを配置することができる。ちょっとしたランチャーとして使える。

仮想デスクトップ機能の追加:一つ目の画面ではWebを表示、もう一つの画面ではプログラミング、更にもう一つの画面でYouTubeを再生、Excelをチェック…というように、3画面作って作業を進める。仮想環境でも動きが遅くなることもなく、切り替えもスムーズでかなり使える印象である。

無料アップグレード期限:先日、Windows 7やWindows 8.1を使用している個人や企業ユーザーには、Windows 10の提供開始後1年間、無償アップグレードが提供されることが発表された。但し、この1年間の無償アップグレードは、Windows 7 EnterpriseやWindows 8.1 Enterpriseのユーザーは対象外となる。

プロアクティブ防止機能:ウィルス防御とかファイアウォールなどの機能が上手く使えるが、プロアクティブ防止機能が動けない。





















Windows10のメリット・デメリットの詳細紹介は、このURLをチェックしてください。

STEP3 OS X10.11 vs Windows 10:第三回

OS X10.11アップデート

<!--[if !supportLists]-->1.
<!--[endif]-->Mac App StoreのOS
X10.11ページにアクセスしてください。

<!--[if !supportLists]-->2.
<!--[endif]-->アップデート作業をする前に必ず、必要データはバックアップをとるようにしてください。この作業は1~2時間は余裕でかかる。

3.アップデートファイルのサイズを確認してください。Mac側の空き容量が足りるかどうかチェックしてください。

4.ダウンロードボタンをクリックし、画面の説明に従ってアップデートを始めてください。ブロードバンド接続がない場合は、お近くのApple Storeでもアップグレードできる。

Windows 10無料アップグレード

1.先ず予約する:無償アップグレードは、Get
Windows 10 アプリから予約する。アプリを開くには、下記の手順に従ってください。タスクバーの右端に表示される小さなWindowsアイコンをクリック→アプリウィンドの「無償アップグレードの予約」をクリック→メールアドレスを入力→予約完了をクリック。

2.年内にアップグレードの準備が整った時点でお知らせする。ご都合の良い時間にインストールする。

3.無事にインストールされた後、新しいWindows10を楽しむことができる。インストール途中、何かご不明点があったら、Windows10
Q&Aにお問い合わせください。



















OS X10.11とWindows 10どっちが好きか。自分はiPhoneユーザーなので、Mac OSとiOSも同じアップル社が開発しているもので、機能や操作方法にも共通する部分が多く、連携の良さもバツグンで、だからWindows 10より、今回のMac OS X10.11の新機能に興味を持っている。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

1

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
orcajapan2000

日常生活のあれこれを更新していきます(`・ω・´)ノ