更新日: 2015-07-15 12:59:14

Apple Watchメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく解説

著者: orcajapan2000

編集者: orcajapan2000

閲覧数: 1419

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

STEP1 待望のスマートウォッチApple Watchいよいよ発売開始!

スマートウォッチとは腕時計型でスマホと連携するウェアラブルデバイスのことである。現在、スマートフォン各社が力を入れている製品。今、日本では最も人気
のあるスマートウォッチと言えば、ソニーのSmartWatch3、ASUSのZenWatch、サムスンのGalaxy Gearシリーズ、LGのG
Watchシリーズ、グーグルのAndroid
Wearだと思う。ソニーのスマホ、Xperiaを使っている人はソニーのSmartWatch3にするが、iPhoneを使っている人はどうする
の?iPhoneユーザーにおすすめのスマートウォッチは何?心配しないで、アップルは去年9月10日、スペシャルイベントで、クイックホイールで操作で
き、写真、ビデオ、音楽を楽しめるほか、フィットネス機能を搭載したスマートウォッチApple
Watchを発表した。アップル初のスマートウォッチApple
Watchは、これまでスマートウォッチが抱えていた問題を洗練された手法で解決していると予想された。もっと言えば、これまでのスマートウォッチと異な
り、Apple
WatchはiPhoneと接続できるスマートウォッチの中では一番評判が良い機種だと言っても過言ではない。以下では、iPhoneユーザーの人には、
人とテクノロジーの関係が新しい時を刻み始めたことを象徴しているApple Watchのメリット・デメリット、Apple Watchで出来る事、
Apple Watch発売日&機能、Apple Watchの価格&予約を分かりやすくまとめてみた。


STEP2 Apple Watchメリット・デメリットって何だろう?

Apple Watchのあらゆる部分は、あなたの使い方、及びあなたがApple Watchを身に付ける手首という場所に合わせて緻密に設計されているデバイスである。しかし、この高価な腕時計型ウエアラブル端末を買うべきか?と質問 した人が多い。ここでは、Apple Watch良いところ&Apple Watch悪いところをまとめてみる。Apple Watchのご購入を検討する際の参考にしてみてくださいね。

Apple Watch良いところ長所

(1) 操作性バツグン:スマートウォッチのメリットと聞いて真っ先に思い浮かぶのがこれ。操作性のスゴさということだろう。Apple Watchを腕に装着するだけでホーム画面が起動。そこにあるアプリアイコンは丸型で、ズラリと並んでいて、ホーム画面から好みのアプリをすぐに探せるよ うになっている;

(2)デザイン性:Retinaディスプレイは小さい腕時計にピッタリ。また、Apple Watchの表面はダイヤモンドの次に丈夫なサファイアガラス、裏側はセラミック、スチール部分はステンレス、傷や錆に強い。バンドの種類が最も多く、 「Apple Watch」「Apple Watch Sport」「Apple Watch Edition」という3種類のケースが用意され、カラーはシルバーとスペースブラックの2色があり、ユーザーの立場から徹底的に考え抜かれたデザインを 見せた;

(3)通知の機能:お使いのiPhoneに接続されているので、現在の時刻をあなたの生活やスケジュールに合わせた方法で表示でき る。例えば:メッセージ、Eメール、電話の着信があったらリアルタイムで通知が届ける。また、見逃した通知がある時はいつでも確認でき、通知センターを下 にスワイプすればOK;

(4)応答機能:Apple Watchを優れていると感じたのは、応答に関して、得意のユーザーインターフェース技術でアプローチしているところ。Twitter、 Facebook、Piterest、Nike、America Airlineなどのアプリがすでに対応を予定し簡単に楽しいコミュニケーションができる。連携機能は豊富で、iPhoneのカメラのビューファインダー として使えたり、iTunes、Siri、Apple TVとも連動できる。それだけでなく、新しく発表された電子決済システムApple Payの利用や内蔵スピーカーとマイクで電話に出ることやiPhoneへの転送、車載用Bluetoothヘッドセットに転送することも可能;

(5) 健康とフィットネス機能:センサー型ウェアラブルデバイスとして、多種多様のセンサーを搭載している。ほとんどのスマートウォッチに搭載されている加速度 センサーはもちろん、珍しい光学式の心拍センサーさえもある。2本の指を画面に押し当てると、あなたの心拍数を読み取って送信する。また、iPhone連 携によるGPS利用と合わせて、ウォーキング、ランニング、サイクリングなど多彩なエクササイズを交えても高精度な記録ができる;

上記のように、Apple WatchはアップルがiPhone、iPadに次ぐ柱として満を持して投入する商品で、かなり完成度が高いと言われる。ファッション性、操作性、高機能などを兼ね備えるので、iPhoneユーザーにおすすめのスマートウォッチとも言える。

Apple Watch悪いところ短所

以上のように、Apple Watchで出来る事が多くても、人気の裏に隠れたデメリットも勿論存在する。Apple Watchのメリット・デメリットをうまく比較して、自分にあったスマートウォッチ選びをしていただけたらと思う。

(1) 価格が高すぎ:まず最初のデメリットとして、価格が同価格帯の時計に比べて非常に高いということである。ウワサによる、Apple Watch Sports の価格は4.1万円~8.4万円、Apple Watchの価格は7.8万円~8.9万円、Apple Watch Editionの価格は84万円~240万円だと言われる。確かに通常のpebble、COOKOO、STB-1000CASIO、ZeSplashと比べると多少値段が高い。iPhoneを持っていなければちょっと高機能なデジタルウォッチにすぎない。一方、その価格差は機能の差だと思えば納得できるだろう;

(2) バッテリーの持ちが悪い:Apple Watchでは様々なSNSアプリやヘルスケアアプリが搭載されているが、ゲームアプリ、いわゆるNimbleBitによって開発が進められているゲーム アプリ「Letterpad」もあるかもしれない。だから、Apple Watchは既に販売されているLG G Watch、Galaxy Gear、Moto 360などの大半のスマートウォッチとあまり差異がなくて、毎日充電する必要がある;

(3)防水性:Apple Watchは確かに防水機能があるが、完全防水ではない、生活防水までにとどまっているとのこと。言い換えれば、手を洗ったり、雨に濡れたり、運動中汗を かいたりしても大丈夫だけど、付けたままプールに飛び込む時や風呂に入る時は外しておかなければならない;

(4)iPhoneとの連携が必 須:Appleによると、Apple WatchはiPhone、iPadに接続する必要があり、それによって基本情報などを取得する。また、iPhone、iPadを経由することでインター ネットに接続する。だから、現段階の情報ではApple Watch は単体で利用するというよりもiPhoneと連携して、真価を発揮できるデバイスである。通話、メール、GPSなどの通信を伴い機能については iPhone側にて処理し、その結果をBluetoothでApple Watchへと転送する機器である。ただし、時計としての本体機能、活動量計機能などについては単独で使用可能となっている;

(5)ファッション性: 3種類のデザイン、さらに色も2種類ずつ。iPhoneなどとは異なり、時計は常に外出して人の目にさらされているものであるから、デザインの豊富さは非常に大切だと思う。だから、多彩なモデルを展開してほしい。

STEP3 Apple Watch発売日&機能について

発売日:9to5Mac によると、Appleは米国以外の一部の国でもApple Watchを4月に発売することを明らかにしたそうである。9to5Macは、Apple Watchの販売が4月上旬(4月6日から4月10日?)にまずは米国で開始され、その後にドイツをはじめとする一部の国で4月中に開始されることもあり 得るとの見方も示している。

機能:①、メッセージ・通話・メールなどのコミュニケーション機能;②、健康管理機能;③、モバイル決済機能対応;④、ナビゲーションを振動で通知;⑤、音声アシスタント機能「Siri」搭載;⑥、時計としての機能;

Apple Watchの価格&予約について

価格:
マートウォッチLG G Watchは約2万5千円、サムスンGearは約3万円 、Moto
360は2万7千円で、サファイアグラス、高性能デジタルクラウン、18K金ゴールドカラーエディションなどを搭載しているApple
Watchは上記のライバル製品と比べて、値段は遥かに跳ね上がる見通しである。また、Apple Watch はiPhone 6やiPhone 6
Plusみたいに通信会社から支給される補助金は期待できない。だから、どう考えても価格は相当な額になる見込み。

予約:Wall
Street Journalは、Apple
Watchの初期生産は500~600万台になると報じている。Appleの店頭販売はもちろんあるだろうが、iPhoneの場合は各キャリアのネット通
販からも予約をすることが可能だろうとされている。発売が4月からと発表があったから、日本での発売は少し遅れるということである。

まとめ

上 述していた「Apple Watch良いところ・長所」、「 Apple Watch悪いところ・短所」、 「Apple Watchで出来る事」、 「Apple Watch発売日&機能」、「Appl Watchの価格&予約」を読んだ後、どう思っているの?個人的な感想だが、良かったらご参照ください。ブランド感とかiPhoneを使っている方は、 Apple Watchを購入しても構わない。腕時計としてちゃんとデザインして作り込んでいるApple Watchが他の家電メーカーが作ったスマートウォッチとは決定的に違う。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
orcajapan2000

日常生活のあれこれを更新していきます(`・ω・´)ノ