更新日: 2015-04-17 19:12:25

ミニ四駆メディアミーティング&レース2015レポート! #mini4wd

著者: OKミニ四駆部

編集者: OKミニ四駆部

閲覧数: 2083

Okgn btn gudie info favorite

1

関連タグ:

はじめに

Photo by OKミニ四駆部

 ミニ四駆関係の最新情報がタミヤのメディアミーティングにて発表されました。
本ガイドでは、発表内容と同時に開催されたメディア対抗レースの様子を、お伝えしたいと思います。

STEP1 新ダッシュ3号!?「シューティングプラウドスター」

Photo by OKミニ四駆部

Photo by OKミニ四駆部

 第一次ミニ四駆ブームを支えた名作漫画「ダッシュ!四駆郎」に出てくるマシン、ダッシュ3号「シューティングスター」。近年新しいシャーシに対応して復刻もされた人気の高いこのマシンは、読者投稿のデザインが元になっており、その投稿者は後の漫画家・武井宏之先生でした。その武井先生が現在"小学生お断り!コロコロ卒業生に贈る大の大人のコロコロコミック"「コロコロアニキ」にて、「ハイパーダッシュ!四駆郎」を連載中です。その武井先生がデザインした新マシン、その名も「シューティングプラウドスター」が発売されます。シューティングスターの印象的なキャノピー、エアインテーク、ウイングなどを継承した、新たなる"流星"を追いかけましょう!

STEP2 今年も熱い夏がやってくる!「富士通乾電池提供 ミニ四駆 ジャパンカップ 2015」

Photo by OKミニ四駆部

 今年もタミヤ公式レース、ミニ四駆ジャパンカップが開催されることが決定しました。コース名は「ハイパーダッシュサーキット2015」と名付けられ、イメージマシンは「シューティングプラウドスター」となっています。

  • 「プラウドマウンテン」

 上りと下りで構成された高低差セクション。形状としては大きなドラゴンバックを連想するが、その高さは奥のスロープよりも高いようにも見えます。山を降りた先はすぐに次のバンクが待ち構えているため、スピードが乗った状態で山頂からジャンプしてしまい着地時のバウンドが制御出来ないと容易にコースアウトしてしまうことが予想されます。山頂で飛ばないようにするか?はたまたかっとんでバンクに収まるようにするか?スタート直後から大きな山がマシンを待ち受けます。

  • グラインドバンク45

 昨年は30度だったバンクが、更に角度を増し45度となって登場。その分長さは短くなっているが、バンク中はマシンが傾き、タイヤにかかる力が変化してしまいます。また、片側のローラーが常に壁に接する形になるため、ローラーの回り安さや摩擦の多寡が大きく左右すると思われます。

  • シューティングウォッシュボード

 昨今のレースで投入されているコース上に貼られる小さなコブのようなセクション、それがウォッシュボードです。片方の車輪だけが乗り上がるように設置されるため、左右に激しく揺られ車体バランスが崩れるこのセクションが「シューティング」の冠が付くとどうなるのか?マシンは流星の如く飛んでいってしまうのでしょうか?

  • メビウス∞チェンジャー

 昨年は圧倒的高さによって数多のマシンをその山頂から射出した「富士山/\チェンジャー」でしたが、今年も特異なレーンチェンジャーが設置されるようです。メビウスの輪をモチーフにした上下左右にマシンを揺さぶるレーンチェンジャーとのことでしたが、とにかく前例の無いセクションなので今から対策を考えるのが楽しくて仕方がありません。

  • デジタルバンクコーナー30

 他の新セクションに比べて、バンク+デジタルカーブという既に馴染みとなったセクションの組み合わせ……、と思っていると危険ではないでしょうか。ただでさえ直線を張り合わせたカクカクとしたカーブでマシンにかかる負担が大きいのに加え、バンクが組み合わされば、減速をすれば登れず停止、速度を上げて突っ切れば下りでマシンへの負担は更に増。通常のデジタルカーブ対策では不安なのではないのでしょうか。

  • モヒカンストレート

 おそらくストレートの中央に突起が追加されるセクション。車体の真ん中に障害物が当たるため、車高が低いマシンはここで減速してしまうことが予想されます。モヒカンはどの程度の高さなのでしょうか?その高さ以上に車高を上げる?アンダーガードの真ん中を開ける?本レースのトレンドは大径タイヤになるのでしょうか?それとも新たな低重心新機構の登場となるのでしょうか。


 今回もレーサーの頭を悩ませる難セクションの数々、ミニ四駆の熱い夏は既に始まっています。

STEP3 続々登場!「ジャパンカップ関連アイテム」

Photo by OKミニ四駆部

Photo by OKミニ四駆部

 ジャパンカップ開催記念限定グッズも次々登場します。


  • アバンテMk.III ジャパンカップ 2015リミテッド

 マゼンタカラーのアバンテMk.IIIが記念モデルで登場。MAシャーシはブルー、5本スポークのホイールはイエロー、スーパーハードローハイトタイヤにはホワイトでジャパンカップのプリント入り。ステッカーはメタリックでスペシャルに決まった限定マシンです。

  • ポータブルピット J-CUP2015

 今回の限定ポータブルピットは深いレッド。ジャパンカップ2015ロゴ入り。

  • ハイパーダッシュ3モーター J-CUP2015 スペシャル
  • ハイパーダッシュモーターPRO J-CUP2015 スペシャル

 ジャパンカップ恒例の記念モーターは、恒例のハイパーダッシュモーター。片軸・両軸共にモーターラベルと台紙デザインが特別仕様。

  • HG ARシャーシカーボンフロントワイドステー(1.5mm)J-CUP2015
  • HG ARシャーシカーボンリヤワイドステー(1.5mm)J-CUP2015

 会場限定アイテム。従来品と形状が異なるような……?

  • J-CUP2015 ロゴステッカーセット

 会場限定アイテム。かわいい公式レース参加券のステッカーも!

STEP4 さらに続々の新展開!

  • 星馬烈の新マシン「グレートブラストソニック」鋭意製作中!

「コロコロアニキ」連載中の「爆走兄弟レッツ&ゴー!! リターンレーサーズ」に登場するグレートブラストソニックのキット化が決定!ジャパンカップ開催中にリリース予定とのことです。

  • 学研パブリッシング「ミニ四駆超速ガイド2015」発売決定!

 ミニ四駆を改造するなら必携のムック、「ミニ四駆超速ガイド」の2015年版が発売決定だそうです。書店ならびにコンビニで5/29発売予定とのことです。

  • 「ミニ四駆 1/1 実車化プロジェクト 2015(仮)」始動!

 実車スケールで実際に運転出来るミニ四駆をご存知でしょうか?その昔、映画爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP暴走ミニ四駆大追跡!のマシン、「ガンブラスターXTO」が実車レーシングカーとして作られました。その企画が復活します!

 注目の実車化されるマシンは、「エアロアバンテ」!名RCカー「アバンテ」の系譜を受け継ぐ新時代アバンテが、実車として皆様の前に登場するようです!

Photo by OKミニ四駆部

STEP5 模型としての戦い、メディア対抗コンクールデレガンス!!

Photo by OKミニ四駆部

 発表の後は、集まったメディア各社が実際に公式レースで行われている、ミニ四駆のデザインを競う「コンクールデレガンス」と速さを競う「レース」がお粉割りました。

 コンクールデレガンスでは、思い思いに彩られたマシンたちが並び、選考員のMCガッツさんを唸らせていました。実車風の渋い塗装や、木目調の目を引く塗装など、4台のマシンが優秀賞として選出され表彰されました。

Photo by OKミニ四駆部

STEP6 マシンとしての戦い、メディア対抗レース!!

Photo by OKミニ四駆部

 ミニ四駆の華といえばやはりレース、各社の看板を背負った戦いが繰り広げられました。弊社ミニ四駆部からも部長と部員の二名が参戦!昨年は運良く、優勝と3位を頂くという実績のため、優勝候補の一角としてのプレッシャーを感じながらのレースとなりました。

 結果は、……敗北。部員の一人はアップダウンの着地が安定せず一次予選でコースアウト、部長は経験の差で一次予選を突破するも、セミファイナルで同じく優勝候補のワンダードライビングさんにスピードで負けてしまいました。

 一次予選通過後、電池やモーターを交換してさらにスピードをあげるか?しかしコースアウトしてしまうのではないか?というチキンレースもまたミニ四駆の楽しみ。その読み合いに負けてしまいました。しかし、次こそは負けないぞワンダードライビングさん!優勝おめでとうございます!ワンダードライビングさん!

まとめ

Photo by OKミニ四駆部

 前にしゃがんでいるのがコンクールデレガンス優秀賞の方々とマシン。後ろに立っているのが、レース上位者とマシン。

 今回のレースは新規参戦のメディアの方々が次々に上位に食い込む形となっていて、まだまだ速いレーサーが爪を研いでいることが分かりました。対抗レースでは、集まった各メディアの方々が皆、童心に返って一喜一憂していたのが印象的でした。大の大人ももちろん子供も同じ立場で真剣勝負出来るミニ四駆。現役レーサーの方はもちろん、かつてミニ四駆少年だった方もリターンしてみてはいかがでしょうか?

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

4

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

  • 熱いミニ四駆魂