更新日: 2010-10-28 05:32:05

xvassdf.exeというウイルスの駆除方法

著者: 読書マン

編集者: 読書マン

閲覧数: 247

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 読書マン

xvassdf.exeというUSBメモリから感染するらしいウイルスに感染したあなた。
PCから駆除できてもUSBメモリから削除できないあなたへ。

STEP1

windowsならこれでフルスキャンを掛けて下さい。 http://www.microsoft.com/japan/security/malwareremove/default.mspx
主なUSBトロイなら削除できると思います。

STEP2

後は本体は削除されたとしてもautorun.infが残る場合があります。
その場合はドライブをダブルクリックしても開けない状態になります。
ドライブを右クリックで開くかコマンドプロンプト (ファイル名を指定して実行)で start e: か explorer e: (eは開きたいドライブ名)と コマンドを打ち実行し開いてautorun.infを削除します。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2009/05/usbautoruninfmm.html

STEP3

削除出来たらPanda usb ワクチンででも予防するとよいでしょう。
http://www.ps-japan.co.jp/homeuser/content0002.html
現在の最新版は↓ここに。
http://research.pandasecurity.com/archive/Panda-USB-Vaccine-_2D00_-Version-1.0.1.4.aspx
これはautorun.infの自動実行による感染を防止するだけです。
トロイ本体の削除はしません。

まとめ

ウイルスソフトは試用版ではなくフリー版でも良いので きちんとインストールして置きましょう。 検出率が80%でも90%でも防御0%よりは良いでしょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

50

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
読書マン

読書マンです。

マンといいながら、実は主婦してます。

夫には内緒です。

必要なもの

パソコン