更新日: 2014-07-27 11:00:00

ストレスの元凶!理不尽な相手への対処法

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 7055

Okgn btn gudie info favorite

1

はじめに

Photo by イラストAC

会社や上司、友達同士であっても、理不尽なことを言ってくる相手はいます。
しかも理不尽な相手というのは、その一回きりではなくまた同じように理不尽なことを主張してくるものです。

いちいち真に受けていたらストレスで身が持ちませんよね!


そこで今回は、そんな人に対する対処法です。

「受ける」…理不尽な主張を正面から受けて反応する


メリット:心理的に対等な関係でいられる。
デメリット:精神的にも時間的にも疲弊する。リスクが大きい。



正義感の強い人ほど、理不尽なことを許せないものです。
社会人経験が浅いうちは、なんでもかんでも「受け」て立ちたくなる人が多いでしょう。
道徳という授業で、「間違っていることは間違っている」と言うのが良いことだと習ってきましたから……


でも、会社や上司なんて8割方、理不尽なもの
少なくとも、下の立場から見たら理不尽なことを主張してくるものです。
従業員にとっては理不尽でも、会社のためにはそれが正しいことだったりするから!
そのうちそれでも続く理不尽な要求を受け続けることに疲弊して、脱落していく人間は後をたちません。



日本では「会社」>「従業員」という力関係がまだまだ強く、従業員自身も自分たちを弱者だとみなす傾向があります。
弱者が強者に逆らった場合、下手をすれば自分の立場があやうくなりかねません。
「受ける」とは非常にリスクの高い選択であると同時に、自尊心を守る戦いでもあるのです。
覚悟のない「受け」はストレスを増やすだけと心得ましょう。

理不尽さを真正面から受けるときは、「リスクを背負ってでも受けるだけの価値があるかどうか」をしっかりと見極める冷静さと、最悪の場合を想定した覚悟を。

「流す」…いちいち真に受けない


メリット:ストレスや労力が少なくて済む。
デメリット:相手になめられやすい。自尊心が傷つくことも。



そもそも理不尽な主張というのは最初から成り立っていないのだから、真っ向から相手にするだけムダ、と割り切って、その場を収めるやり方です。
この場合、手っ取り早いのは「おっしゃるとおりです」「わかりました」と、相手の理不尽な主張をそのまま飲み込んでしまうこと。

大人同士であっても話の通じない相手というのはいるもので、そんな人は、たとえ周りになんといわれようと自分が正しいと思っています。また、正当化する手腕(話術?)に長けていることも多いでしょう。
「勢いもあるし自信たっぷりに主張するからなんとなく正しいように聞こえるんだけど、よくよく聞いてみたらぜんぜん筋が通っていない……」というパターンですね。

話の通じない人と議論するのは、結論が出ない上にものすごいエネルギーを消耗します。
そこまでするほどの内容、またはそこまでするほどの相手ではなかった場合には、さらっと流してしまいましょう。

また困ったことに、理不尽なことを言ってくる相手というのは、たいてい気分屋で、人を振り回すタイプでもあります。
「あれをやれ」と言っておいて、頑張ってやったら「別にやらなくてもよかったのに」としらっとした顔で言ってくることもよくあるでしょう。

一般論としてはNGかもしれませんが、理不尽な相手から言われたことは「やってもやらなくてもいいくらいの力加減」で取り組むと、イライラや心労が少なくて済みます。

振り回されることを前提に、振り回してくる相手に乗っかること。
そのままでは自尊心が傷つき卑屈になりやすいので、心の中では常に「振り回されてやっている」という上から目線でいること。

「受ける」か「流す」かを決めるポイント

これっきりなのか、今後も継続して付き合っていかなければならない相手なのか?を見極める

 ⇒関係が切れてもいい覚悟があれば受けてOK!
 


膨大なエネルギーを注ぐほど、自分にとって重要なことかどうか?を見極める

 ⇒自分の人生にとって価値あることと思うなら受けてOK!

それ以外なら時間と労力のムダ。「流す」という選択肢がベストでしょう。

まとめ

冒頭でも書きましたが、理不尽な相手は基本的に変わりません。
こちらが何を言おうとも正論が通じないから理不尽なのです。


しかし、自分勝手な理不尽さはめぐりめぐって確実に身を滅ぼすのもまた事実。
あなたにとって大事なこととそうでないことをしっかりと見極めて、対処していきましょう!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

27

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...