更新日: 2014-07-26 11:00:00

結婚生活を長続きさせるための3か条

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 6743

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Chris Photography~

日本でも3組に1組が離婚しています。
離婚の原因No.1は「性格の不一致」だそうですが……

結婚生活がうまくいかないと感じたときには「相手が●●するから、●●してくれないからいけない」と相手のことばかり問題にしがちですが、ここでちょっと冷静になって、あなた自身のことも振り返ってみませんか?


ちょっと冷静になるだけで、思いのほかすんなりと解決できてしまうことだってあるかもしれません。

押し付けない

押し付けられていい気分がする人間がいるでしょうか?

  • 責任を押し付けない
  • 負担を押し付けない
  • 期待を押し付けない
  • やり方を押し付けない
  • あなたという人間を押し付けない


こういったことを、結婚相手に押し付けていませんか?


押し付けるというのは、相手が納得していないにも関わらず「こうであるべき」と主張することです。
押し付けるのではなく、話し合ったり、ゆずったり、お願いしたりして、相手の納得を得ながら折り合えるポイントを見つけていきましょう。

依存しない

依存関係は居心地がいいものですし、いつのまにかそうなっていたということもあるでしょう。

しかし、金銭面でも愛情面でも、依存は奪い合うだけで何も生み出しはしません

また、一方的に相手に依存されていると思っている人も、実は相手に依存しています
自尊心の低い人は、他人からの評価によって自分の価値を決めがち。
相手に依存されることで、自分の価値を見出すことができますから、相手を依存させている状態ともいえるでしょう。

依存関係になっているかを判断するには、「もし相手がいなくても、自分は今の状態(経済面・精神面など)を保てるか?」と自問してみること。
それで不安定になってしまうようなら、あらゆる手をつかって改善していく必要があります。

もちろん、「専業主婦は経済的に相手に依存しているから、今すぐ働きに出るべき」といっているわけではありません。

社会に出て自分ひとりで収入を得たいと思ったときに働けるだけのスキルや能力を身に着けておくことが重要なのです。

ちなみに、相手に過度な期待をかけることも依存ですよ!

感謝する

「ありがたい」は「有難い」。
当たり前というものはありません。

「夫婦なんだからこれくらいやってもらって当たり前」という発想は、当たり前ではなくて、あくまで「あなたの期待」にすぎません
自分のことをわかってくれないというのも、「わかってくれて当たり前」という期待があるからです。

しかもこの「当たり前」という発想でいると、相手が期待通り動いてくれなかったときに、ものすごくイライラするんですよね。
まるで、自分のものになるはずだった分け前が、公平に配当されないとでもいわんばかりに正当性を主張して、クレームを言いにかかるかもしれません。



でも。根本的に間違ってはいけないのは、あなたが誰のものでもないように、結婚相手はあなたの資産ではないということ。

たとえ色々と尽くしてくれたり手伝ってくれる優しい相手であっても、いつだってあなたのもとからいなくなる可能性があるんです。


相手がいて当たり前の存在だと思うのをやめれば、感謝の気持ちが湧き上がってくるでしょう。

まとめ

結婚は、あかの他人同士が「自分の価値観と相手の価値観の両方を尊重して」ともに成長していくためのもの。
いつまでも新鮮な気持ちを忘れずにいたいですね!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...