更新日: 2014-07-23 11:00:00

かゆ~い虫刺され!蚊に刺された痒みを身近なもので鎮める方法3つ

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 3866

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by nachans

蚊の季節がやってきました。

たかが虫刺され、と思っていても、無意識にひっかいていて跡になってしまったりしたらやっかいなものです。
年齢とともに新陳代謝も衰えるので、傷跡がなかなか消えないなんてことも。

そこで今回はそんな「虫刺され」についてのガイドです。

蚊に刺されないために

まず、刺されないためのポイントを覚えておきましょう。

蚊取り線香やベープ、虫除けスプレーを使う

 ⇒特に、蚊に刺されやすい足には虫除けスプレーを!

汗はこまめに拭きとる

 ⇒蚊は汗に引き寄せられます。
  汗をかいたあとは、汗拭きシートなどでこまめに拭きとりましょう。

ビールなどのアルコールを避ける

 ⇒アルコールは、蚊を引き寄せる二酸化炭素の量を増やします。
  特にビールは要注意!

明るい色の服を着る

 ⇒蚊は黒い色に寄ってくるそう。
  蚊に刺されそうな状況ではできるだけ白い服を選択したいですね!

蚊に刺されてしまったときは

「痒い……!」と思ったときに、虫刺されのかゆみをしずめる方法です。
虫刺されの薬を塗るのは基本として、薬がないときにはぜひこれらを試してみてください。刺されてすぐ行うのがポイントです。

刺された箇所を冷やす

 ⇒かゆみは掻かなければ20分程度でおさまります。
  蚊に刺されたことに気づいたらすぐに、かゆみがおさまるまで保冷剤をあてて冷やしましょう。


塩や石鹸をすりこむ

 ⇒蚊に刺された場所は弱酸性の状態。そこに弱アルカリ性のものを塗ることで中和してかゆみを鎮める方法です。
塩は食塩ではなく天然の塩であることがポイント。また、基本的にボディソープは弱酸性なのでだめです。固形石鹸を泡立てて刺された箇所に乗せてちょっと放置。その後、塩や石鹸を洗い流しましょう。


熱いものを押し付ける

 ⇒刺された直後、まだ腫れたりしていないときならば、40~50度くらいのやけどしない程度の熱さのものを押し付けるのも効果ありだそうです。

何箇所も刺されてしまったときには

気づいたときには何箇所も刺されていた!こんなことありますよね?

何箇所も刺されると、気が狂いそうなかゆみにさいなまれます。

特に夜など、虫刺されの痒さは睡眠不足につながりますし、寝ている間に掻きむしって痕が残ってしまうこともありますので、虫刺されの薬を塗っても痒いときには、市販のかゆみ止めの飲み薬を服用するのも手です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...