更新日: 2014-07-04 11:47:23

出産予定の季節に合わせた新生児服の選び方

著者: isily

編集者: isily

閲覧数: 5383

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by イラストAC


赤ちゃんの誕生を心待ちにしながら、ベビー用品を選ぶのはとても楽しいですが、産まれていざ使おうと思ったら使えないということも多いものです。

出産前に準備しておく新生児服は、どんなものを選べば良いのでしょうか。

STEP1 肌着を選ぶ

Photo by イラストAC


赤ちゃんの素肌に触れるもので、とにかくよく着替えるのが肌着です。

季節に関係なく一番着るものなので、セットになっているものを買うのもよいのですが、1日に何度も着替えることを想定して余分に用意しておいたほうがよいでしょう。

ベビー用品のお店で新生児コーナーを見ると肌着がたくさん並んでいます。

デザインやサイズだけでなく、肌触りや生地の厚さ、種類などに注目しましょう。


・春・秋ならば、肌触りの良いフライス素材のもの

・夏ならば、吸湿性や通気性の良い平織りやガーゼ素材のもの

・冬ならば、保温性の高いスムース素材のもの


また、長肌着は短肌着と重ねたりして使えますが、生後2~3ヶ月で足を動かすようになる頃にははだけてしまうため使う機会が少なく、コンビ肌着の方が使いやすいかもしれません。

首が据わってからはボディシャツやラップアップ肌着、ロンパースなど、はだけないけどオムツ替えがしやすいというものがオススメです。

STEP2 ウェアを選ぶ


新生児の頃は、ほとんど寝てばかりで外出する機会は多くありません。

そのため、肌に優しい素材であまり飾りがついていないものがよいでしょう。


夏生まれだと肌着とオムツだけで過ごすという人も多いので、ウェアは病院から退院するときとお宮参りの時だけしか着なかったという話もよく聞きます。

逆に冬生まれは暖房が効いているところと外との温度差が激しいため、ウェアだけでなく、おくるみや毛布など温度調節しやすいものを用意するとよいでしょう。


ほとんどのウェアが50~70というサイズで作られているため、標準サイズの赤ちゃんであれば産後すぐから生後3ヶ月頃まで着る事ができます。

そのため、ボタンの留め方でベビードレスになったり、カバーオールになったりするツーウェイオールがおすすめです。

2~3ヶ月頃になると足をバタバタさせるなど動き出すのでカバーオールやプレオールがいいでしょう。


ただし、ベビーウェアはサイズが表記されていてもメーカーによって大きさが全然違います。同じサイズでも比べてみて、おなかの中の赤ちゃんが大きめの人は大き目のものを選んだほうが間違いありません。

STEP3 小物を選ぶ


ベビー服だけでなく、スタイや帽子といった小物も必要です。

新生児用の肌着セットなどに手袋が入っていることがありますが、これは防寒ではなく顔などをひっかいてしまうのを防ぐために使います。

おとなしい赤ちゃんなら必要ないですし、すぐ取れちゃうから手袋を使うよりも爪の手入れをこまめにしておくという家庭も多いです。

それよりは、ベビー用の靴下を用意したほうが良いでしょう。

夏生まれでも、スーパーやデパートなど冷房の効いているところで足をむき出しにしたままだと大人が思った以上に冷えてしまっています。

ベビーカーに日よけをつけていても足が出ていて、日焼けがやけどになってしまったという話もよく聞きます。

前もって準備しておいたら使う頃にはサイズが小さくなってしまったということも多いので、外出する予定ができてから購入するでもよいかもしれません。

STEP4 私の経験

Photo by isily


我が家は娘が8月、息子が6月、と夏生まればかりなので、とにかくよく使ったのが短肌着とコンビ肌着です。

夏の間は短肌着にオムツで寝かせてタオルを布団代わりにしていました。秋にはその上にコンビ肌着を着せて過ごし、寒くなってきたら短肌着にウェア、冬は短肌着とコンビ肌着を重ねた上にウェアを着せるようになりました。

夏でも冬でもウェアの素材などで調節して、肌着は肌触りのよいフライス素材のものを1年中愛用していました。厚手の肌着などで保温してしまうと暖房の効いた場所で調節できないため、冬は重ね着させることが多かったです。

うちは二人とも小さかったので、困ったのはやはりウェアのサイズの問題でした。

同じ新生児用の50~70というサイズでも、50よりのものと70よりのものがあり、70よりのものはブカブカで腕や足が抜けてしまうのです。

お祝いで頂いたブランド物よりも、西松屋やベビザらスなどベビー洋品店で安く買ったものの方がサイズがあうものが多かった気がします。

まとめ


最近では、ベビー用品を選ぶ目安として素材の季節表示が書かれていることが多いです。デザインだけでなく、そういった表示を参考にして選ぶとよいでしょう。

 

実際に使い始めてからは、赤ちゃんの様子を見て、大人や表示を鵜呑みにしないで一番気持ちよく過ごせる素材のものを選んであげてくださいね!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

3

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
isily

isilyです。

実は私、女性の1000人に2~3人といわれる流産を繰り返す不育症患者でした。
投薬治療や手術で、苦節7年、病気を克服して、200...