更新日: 2014-06-29 10:15:59

犬のしつけかたのポイント

著者: 桃井 木の子

編集者: 桃井 木の子

閲覧数: 1522

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by pixabay

子犬のときに、可愛いからと可愛がっているだけでは成犬になった時に困ってしまいます。
傷ついたり緊張したり喜んだりと、感情も豊富ですので、愛情をもって教育しましょう。

犬の名前

Photo by pixabay

犬の名前をつける際には、呼ばれた方もわかりやすい名前がいいですね。

日頃よく口にする言葉を名前にしてしまうのは、犬が混乱してしまいますから避けたほうがいいですね。

そして、犬の名前を呼んだときに叱ったり嫌なことをするのは避けましょう。【名前=嫌なことが起こる】というイメージになってしまいます。

早く覚えさせたいことば

Photo by pixabay

何かをしつけるときは、「おすわり」からスタートするといいですね。「おすわり」させて、「待て」をさせて褒めてからつぎに移りましょう。

「いけない」「よし」「おすわり」「待て」を覚えさせておくと 、しつけしやすいですね。

集中力は何十分も続きません。集中力がきれたら、教えるのはそこまでにしましょう。

声掛けの注意点

Photo by pixabay

犬に声をかける時に、色んな言い方をすると犬が混乱してしまいますね。

「ダメ」だったり「いけません」だったり「やめなさい」だったり「ストップ」だったりと、ばらばらにならないように気をつけましょう。

特に「だめって言ったでしょ。○○ちゃん、そんなことしたらダメでしょう……」と小言のように長々と言うのは通じないのでやめたほうがいうですね。
これは、ペットロスを乗り越えようとする人の為のアドバイスです。
飼い主も犬も、ご近所に迷惑にならないように子犬のうちからきちんとしつけて、犬が身近にいる素敵なハッピーライフを!

まとめ

犬は人間の最良のパートナーです。
上手に飼ってあげましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する