更新日: 2010-10-28 22:47:54

ビジネス英語を効率よく学ぶ

著者: トーキョー145

編集者: トーキョー145

閲覧数: 287

Okgn btn gudie info favorite

1

関連タグ:

はじめに

Photo by トーキョー145

社内会議を英語で行う企業が登場するなど、英語がビジネスの必須のツールとなってきました.英語を学ぶ教材は山ほど出回っていますが、ビジネス英語を学ぶ最も効率的な方法は同業他社の英文アニュアルレポートを読むことです.

STEP1

米国ではアニュアルレポートは企業が発行する広報物のなかで、最も信頼の置けるもので、虚偽の記載をすると株主など外部から訴えられることもあります。内容は経営トップのメッセージから、各事業の内容、業績の解説、提携やM&A、技術戦略、財務の分析、英文財務諸表など企業の1年間の活動を網羅しています.

STEP2

英語を学ぶ日本人ビジネスパーソンの最大の弱点は劣等感です.ペラペラしゃべれない、発音が悪い、相手の言うことが聞き取れないなど。これを克服するには話す内容で勝負することです.幕末の志士はそうしていました。
あなたの仕事の内容は国際的に見るとかなり水準が高いはずです.その内容をコミュニケーションするのにはゆっくりでいい.相手の言うことがわからなければ何度でも聞き返せばいい.こちらが分かるようにしろと要求すればいいのです.
ただ、話す内容はしっかりしていなければならない。

まとめ

母国語でコミュニケーションする内容と、英語でコミュニケーションする内容にギャップがありすぎるのが、日本の英語産業の落とし穴なのです.
今、使っている日本語の議論の内容をそのまま、英語で学ぶ。その教材はアニュアルレポートを置いて他にありません.

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

20

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

元、新聞記者(経済関係)です。ビジネス関係の原稿を書いてきました.これまでの経験で知っていることや学んだことをお伝えしていきたいと思います.
コメントを...

必要なもの

各社のHPのIR(株主広報)欄にはアニュアルレポートの担当者の連絡先が記載されています.ここに連絡すれば無料でアニュアルレポートを送ってくれます.
最も良いのは、日本企業で英文と、和文の両方のアニュアルレポートを作成しているケースです.
英文と和文を見くれべて、辞書なしで、最新のビジネス情報が学べます.
おまけに、ROE、有利子負債、資本政策など各社の財務戦略も英文で学べるのです.