更新日: 2011-03-06 22:05:03

正しい耳掃除のコツ

著者: mochin2470

編集者: すもお

閲覧数: 9923

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by LAsachi

日本人は耳掃除が大好き。綿棒派、耳かき派、ワイヤー派・・・
専門店ができるほど、耳掃除は気持ちいいものです。

でも正しい耳掃除をしないと、かえって耳を痛めかねません。
耳鼻科医に聞いた、正しい耳掃除のコツをお教えします。

STEP1 1: 耳のどの辺りまで掃除すればいいの?

答えは、「耳の入り口から、1cm ~ 1.5cm 位で十分」だそう。

実は、耳垢は無理に取らなくても、鼓膜の周辺から耳の外に向けて、自然と剥がれ出てくるようになっているのだそうです。だから、奥まで掃除する必要は(基本的には)なく、耳の穴から 1.5cm 位で十分。

STEP2 2: 耳かきを入れるときの注意点は?

「なるべく耳垢を奥に押し込まないように注意する」
「耳掻きや綿棒などは、周りに触れないようにそっと入れて、引き抜きながら周囲を拭う」

周りに触れながら入れると、耳垢を奥に押し込んでしまいます。その場合、その耳垢が奥に溜まってしまって、それが湿った状態が続いてしまうと、そこからカビが生えてしまう場合もあるそうです

耳垢は引き抜くようにやるのが、コツなのだとか。

STEP3 3:耳掃除する頻度は?

「しっかりと耳掃除するのは、だいたい2週間に1回でよい」

耳の皮膚は薄いので、やり過ぎはよくないのだとか。

特に、耳の奥の方は、骨の上に薄い皮膚がのっかっている状態なので、傷つきやすいそうです。

STEP4 4:耳垢の種類と、耳掻きの関係は?

日本人の約8割は、パサパサした乾性の耳垢なのだそうです。一方、欧米人はほとんどの人が、しめった湿性の耳垢。

乾性の人にオススメなのが、触れるだけで取ることができる、ローションつきの綿棒や、粘着剤つきの綿棒。
湿性の人は、耳垢を剥がしやすい、ワイヤー製の耳掻きがよいのだそうです。

まとめ

やりすぎ注意、深追い注意、ということです。

「医学的にみれば、正常な耳垢には雑菌の繁殖を抑え、皮膚を保護する効能があり、一般的にはそう頻繁な耳掻き(耳垢取り)は必要ではないと考えられている」

とウィキペディアには書かれています。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

95

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
mochin2470

面白いことが大好きな主婦です。
今年で三十路に突入します。
ただ今育児奮闘中。(1歳男児持ち)

学生時代は生物専攻、ウシガエルを用いた卒論を書き...

必要なもの

綿棒、もしくは耳かき、もしくはワイヤー製耳かき