更新日: 2014-06-16 22:22:49

外遊びの時は対策を!子どもの日焼け対策方法

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 8715

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 足成

子どもの日焼け防止、紫外線対策は一体どこまでやればいいのでしょうか?著者が実際にしてる日焼け防止方法を紹介します。

子供にも日焼け止めは必要!

Photo by 足成

子供は代謝もいいので、日焼けをしても翌年には白い肌に戻っていたりします。だからといって日焼け対策を全くしないのは問題です。


その理由は、日焼けによる皮膚がんの可能性、女児であればシミ・ソバカスの原因になったりすることもあるからです。そのため、外に出かける時は日焼け止めを塗る、晴れた暑い日は帽子をかぶって出かけるといったように対策が必要です。

日焼け止めはベビー用?

日焼け止めは、ベビー用日焼け止めが出ています。


ベビー用日焼け止め


大人用の日焼け止めでも肌に合えば使っても構わないとされています。ただ、ベビー用は工夫がされています。例えば、食品でできていて口に入れても安心素材であるもの、石鹸で簡単に落とせるものなどがあります。そのため、まだ指を舐めてしまう可能性のある子供の手元などに塗る場合はベビー用にした方がいいかもしれません。

日焼けは「ほどほど」に

Photo by 足成

親世代からすると、日焼けをするのもわんぱくな証拠と思いがちです。夏休み明け、日焼けをしていた方がいいと考えていたりする人もいるでしょう。ですが、親世代の時に比べてオゾンホールは広がっています。皮膚がんになる可能性も高くなっているため、”万が一”のために予防しておいて損はないと考えた方がよさそうです。


夏の日差しが肌に与える影響も考えて、子供の日焼け対策をしたいものです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

0

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...