更新日: 2014-06-28 11:00:00

マスカラでパンダ目はもう嫌!にじまないまつげの作り方

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 4792

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by DarKNYmphE

梅雨から夏にかけては皮脂の分泌が増え、メイク崩れが起こりやすくなる時期です。
とくに、下まぶたにマスカラがにじんでパンダ目になったりすると、困りますよね。

実は日本人は骨格的にマスカラが下まぶたににじみやすいそうです。
そこで今回は、にじまないまつげを作るポイントを3つご紹介します。


ポイント1:下まぶたの油分

下まぶたの、よくマスカラがついてしまう部分に、ファンデーションの塗り忘れはありませんか?

マスカラは、油分で落ちやすいものが多いです。


また、きちんと塗っていても、油分の多いリキッドタイプだとやはりにじみやすいようです。


パウダータイプのファンデーションかフェイスパウダー、ベージュのアイシャドウなどを目の際まできちんと塗りましょう。
メイク直しをする際も、ここにパウダーをはたくことを忘れずに。

ポイント2:まつげのカール

目の形的にまつげが下がりやすい人は、時間の経過とともにカールが落ちてきて下まぶたにマスカラがつきやすくなります。

そんな人はマスカラ下地を使ってカールをキープしたり、まつげパーマをすることで回避できるでしょう。

下がってきてもつきにくくするために、マスカラの上に透明のトップコートマスカラを塗るのもいいですね。

ポイント3:マスカラの種類とつけ方

にじみやすい人には、フィルムタイプのマスカラが一番おすすめです。


マスカラ液がつきすぎているとにじみの原因になりますので、つける前に容器の口でブラシをよくしごきます。

さらにティッシュでブラシの余分な液を軽くふき取ってから使うと良いでしょう。


つけたあとは、コーミングして、最後に折りたたんだティッシュを上まつげと下まつげの間に挟み、軽く何度か瞬きをします

これによって余分なマスカラ液を取り除くことができます。


奥の手段


1、つけまつげにする

絶対ににじみません(笑)ナチュラルなつけまつげも多いので、一度ためしてみてはいかがでしょうか。

2、まつげエクステにする

毎日のメイクが格段に楽になります。
特に、下まつげのマスカラがにじみやすい人は、その部分だけまつげエクステにすると快適です。


目が大きい人、小さい人、丸い目の人、切れ長の目の人、つり目の人やたれ目の人…… 自分の目の形と、「なりたい目のカタチ」があると思います。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

6

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...