更新日: 2011-08-24 13:46:03

知って損なし!豪州銀行カードの活用術

はじめに

Photo by Robboguy

ビザの種類にかかわらず、オーストラリアに長期滞在する人は現地到着後銀行の口座を開設すると思いますが、オーストラリアの銀行のキャッシュカードにはエフトポス(EFTPOS)と呼ばれる機能があります。

この便利なエフトポスは、ダイレクト・デビット・カードとしてほとんどのお店(レストラン、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、ファーストフードショップ など)で使用できます。

オーストラリアライフをもっと安全で便利にしてくれるこのエフトポス、今回はこのエフトポスについてご紹介します。

STEP1 エフトポス(EFTPOS)とは?

エフトポスとはElectronic Funds Transfer at Point of Salesの略で、支払代金を、自分の銀行口座から直接引き落とすサービスです。

例えば、スーパーで買い物をする際、手元に現金がなくても、銀行口座にお金が入金されていれば右のカード読みとり機械を使い、代金を支払うことができます。

また、買い物の代金精算と同時に現金を引き出すこともできます。基本的には、ATMと同じ機能があるサービスと考えて頂いて問題ありません。

STEP2 エフトポスが使える場所

EFTPOS(エフトポス)は、レストラン、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、ファーストフードショップ、郵便局、コンビニエンスストアなど多くの店舗で利用できます。

エフトポスを利用できる多くのお店は、入り口にエフトポスロゴが貼られています。「eftpos」と書かれたマークを一つの目印にしてください。

STEP3 エフトポスの使い方

支払いの際、EFTPOSで支払うことを伝える

カード読みとり機にカードを通す

現金を引き出す場合は、引き出し額を伝える

口座の種類を選ぶ
普通(Saving Account)、当座(Cheque Account)、クレジットカード(Credit Card)

画面に表示されている金額を確認

4桁のPINコード(暗証番号を入力)

支払いが終了し、レシートを受け取る

STEP4 注意すること

もちろんですが、銀行に十分な残高があることを確認してからお買い物してください。
お店によって小額の会計には、クレジットカード同様エフトポスも使用出来なかったり、使用手数料がかかる場合があります。持ち帰り専用のお店や、レストランの中にはキャッシュのみ使用可能のところもありますから、現金も必要最低限は持っていたほうが安心でしょう。

まとめ

エフトポス使用の際には、レジにあるカードの読み取り機械にカードを通し、ピン・ナンバーを入力するだけでサインも必要ありません。使用金額は 銀行口座から直接引き落とされる仕組みになっており、現金を持ち運ぶ必要がないので安全で便利です。

エフトポスを利用する為の特別な手続きは必要なく、銀行のカードが届けばその日から利用することができますから、ぜひこの便利なエフトポス機能を活用してみましょう。

大手スーパーでは、お金だけも引き出し可能で、ATMがなくても手数料もかからず便利♪

http://www.aswho.com/

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

オーストラリア留学センターグループ公認のOKGuideです。オーストラリア留学に必要な、ノウハウを更新していきます!

■オーストラリア留学センター ...

必要なもの

現地銀行のキャッシュカード
エフトポスが使えるお店