更新日: 2014-06-11 16:40:03

W杯直前!W杯の歴史や予選を振り返ろう!

著者: qrvgheig56

編集者: qrvgheig56

閲覧数: 791

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by なんでも情報GET局

本ガイドでは、W杯の歴史や、日本代表の2014ブラジルワールドカップまでの道のりをざっくりとまとめたものになります。
サッカーのことが詳しくなくても、理解できるように書いたつもりです!
このガイドさえ見れば、あなたもワールドカップ通!?

本ガイドがあなたのW杯観戦を少しでも楽しいものにできますように!

STEP1 振り返ろう!日本はどうやって本大会出場を決めた?

ワールドカップに出場するためには、予め定められた大陸別の「出場国枠」を争う予選を勝ち抜かなければなりません。

アジアの「出場国枠」は4.5枠(0.5なのはひとまず考えなくても大丈夫です)。

日本は、アジアの中でも強豪国の一つなので、第一シードと指定されています。

ですので予選は3次予選からの参加でした。

3次予選の結果は以下の通りです。

Photo by WorldCup's world


日本は3次予選は2位通過でした。

クセがある国が多く、だいぶ苦労しましたね。

続いては最終予選です。最終予選は、上位2チームがワールドカップに出場できます。

結果はこちら。

Photo by WorldCup's world


見事1位で通過することができました。グループ内最多得点、最小失点。

アジアでの強さを証明しましたね。

このようなアジアでの戦いを経て、今回日本代表はブラジルワールドカップに出場することができたのです。

STEP2 W杯の歴史を学ぼう! 1.第一回ワールドカップ編

Photo by FIFA World Cup™ Wallpaper

ワールドカップが初めて開催されたのは、今から84年前、1930年にまで遡ります。
開催国はウルグアイ。ウルグアイ建国100周年を記念した大会として、ワールドカップは開催されました。
出場国は全部で13カ国。南米から7カ国、欧州から4カ国、そしてアメリカ、メキシコです。
当時は飛行機がまだ飛んでおらず移動は船でしたから、特に欧米からの参加国は大変でしたでしょう。

第一回ワールドカップの覇者は開催国のウルグアイでした。サッカーの王国、ブラジルを決勝で破り、見事優勝を決めました。

STEP3 ワールドカップを制した国は何カ国?歴代優勝国のおさらい

Photo by TREQUARTISTA

さて、第一回ワールドカップを制したのはウルグアイでしたが、

今までのワールドカップで優勝したことがある国は

いったい何カ国あると思いますか?


実は意外と少ないんです。その数、8カ国。

優勝回数が多い順に並べてみると

  • ブラジル 5回
  • イタリア 4回
  • 西ドイツ 3回
  • ウルグアイ 2回 
  • アルゼンチン 1回
  • フランス 1回
  • イングランド 1回
  • スペイン 1回
となります。どれも強豪国ばかりですね。
サッカーの王国、ブラジルがトップになります。
今回のワールドカップにおいても優勝候補筆頭に挙げられ、6回目のワールドカップ制覇をブラジル国民は熱望していることでしょう。

STEP4 W杯の歴史を学ぼう! 2.W杯を彩った、2人の偉大な選手

ここでは、W杯で大活躍、そしてサッカーを語る上で欠かせない2人の選手をピックアップし、彼らの活躍や知っておきべき点をまとめました!

これであなたもサッカー通!?


Photo by wikipedia

一人目は、サッカーの王様ことペレ。


どこかしらで、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ペレは現役生活の22年間で、通算1363試合に出場し1281得点を記録したと言われています。

そのペレがなんと17歳!でワールドカップに出場し、6ゴールを挙げ見事ブラジルを優勝に導いた大会が1958年のワールドカップになります。

ペレはその後、62年、66年、70年と4大会連続でワールドカップに出場しており、そのうち58年、62年、70年で優勝しています。


4大会で3度のワールドカップ制覇。

この時代は、ペレの時代と言っても過言ではないでしょう。


Photo by Bellazon

2人目は、アルゼンチンの「神の子」ことマラドーナです。


歴代No.1サッカー選手は誰?

という質問があるならば、常にペレと同じように名前が挙げられる、マラドーナ。


彼は、82年大会~94年大会に出場しています。

マラドーナといえば、なんといっても86年大会の「神の手」ゴールと「5人抜き」ゴールでしょう。ノリに乗っていたマラドーナ率いるアルゼンチンは優勝し、86年大会は「マラドーナのための大会」と呼ばれるほどでした。

こちらのURL( http://www.frablo.jp/2010/06/06/maradona/ )で上記2つのゴールが観れます。

STEP5 W杯の歴史を学ぼう! 3.日本代表初出場編

Photo by 気にナル!ニュース言いたい放題

さて、サッカー界のレジェンド2人の後は日本代表のワールドカップにおける歴史も振り返ってみましょう。


日本代表がワールドカップに初出場したのは1998年のフランス大会です。「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる、大会初出場を決めたアジア予選の試合は日本サッカー史に残る試合でしょう。野獣、岡野がゴールを決めました。


そして、初参戦した日本。結果は残念なことにグループリーグ敗退でした。アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカ相手に1分け2敗。世界との差を痛感した大会でした。


本大会で試合以上に話題になったのは、日本サッカー界でレジェンドであり、未だ現役の三浦知良選手が本大会メンバーから落選したことです。

その際三浦選手が発した「日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こうに置いてきた」という言葉は、今聞いてもかっこいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

4年に1度の祭典がついに始まります。

時差があり、なかなかリアルタイムで見れるかわかりませんが、是非日本からブラジルにいるサムライブルーを応援しましょう!


【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

3

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・日本代表を応援する気持ち

・サッカーを楽しむ気持ち