更新日: 2014-05-27 15:38:26

皮膚トラブル予防に!愛猫をふわふわにするお手入れ方法

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 5084

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zaha

猫飼いのみなさま!

この時期、愛猫の皮膚や毛のちょっとしたトラブルに悩まされていませんか?

季節の変わり目は、人間だけでなく、敏感な猫もストレスを受けているようです。


毛づくろいが増えた、やけに吐く、やたら首や耳を掻く、耳垢がふえた、毛がなんだかべとつく、フケのようなものが出ている……そんな症状を改善し、猫をふわふわにするための自宅でできる方法をご紹介します。



猫の耳掃除をする

私が猫を飼って気づいたことのひとつに、『季節の変わり目は耳垢が増えるようだ』ということがあります。


耳垢は分泌物がかたまったものなので、季節の変わり目で体がストレスを受けると分泌物のバランスも崩れるのでしょうか?


そこで、いつもは10日に1度程度の耳掃除を、週1にします。

耳垢がたまっていると痒がって、掻き過ぎると皮膚が傷ついてそこからバイキンが入ってしまうので、それらを予防する目的でまずはきちんと耳掃除をしましょう。

掻きすぎるとその部分の毛がハゲてしまいます!


※ダニや中耳炎などの病気がひそんでいる場合がありますので、あまりひどく掻きむしっているようなら病院へ連れて行ってください。

猫のブラッシングをする

Photo by zaha

季節の変わり目は猫も衣替えの時期。

もふもふの冬毛が抜けて夏毛へと生えかわる過程で、抜け毛の量が増えます。

猫は毛づくろいをするので、抜け毛の量が多い分毛をたくさん飲み込んでしまい、それらを吐くのですね。


やたら毛玉を吐くという場合は、ブラッシングをしっかりとしましょう。

いずれにしろ、不要な抜け毛が処理できないと、毛並みもきれいに整いませんから、あちこちに毛玉(+胃液)を吐かれたくなければ、こまめなブラッシングで予防することが一番です。


また、毛玉ケア用のフードやおやつも出ていますので、利用してみるのもいいでしょう。


ただし、季節の変わり目は猫も皮膚が敏感になっているのか、いつものブラッシングを嫌がる場合も……

猫の湯浴み(準備)

お風呂が嫌いな猫は多いものです。


猫は基本的に自分で毛づくろいをしますから頻繁なシャンプーは必要ありません。

しかし時期によって毛がべとついたりフケが出たりする猫の場合は、短毛種でもお風呂にチャレンジしてみましょう。



ただし当然一筋縄ではいきません。

本気で暴れたときの猫は手加減を知りませんので、人間側も怪我をすることがあります。


猫をお風呂に入れるときのポイントは以下のとおりです。

・人間は服を着たまま
・お風呂場から余計なものをどかす(シャンプーボトルや石鹸、観葉植物など)
・大きな音でシャワーを出さない
・猫の顔に掛からないようにする

また、猫用のシャンプーというものが売っていますが、よっぽど汚れていない限り、うちではシャンプーなど薬剤の類は使いません。

お湯で汚れを流すだけでも、かなりきれいになりますよ!

なによりも、暴れている猫の顔にシャンプーがかからないように洗う&きちんとすすぐのは至難の業だからです。

猫の湯浴み(実践)

1)お風呂の浴槽やバケツに10~15センチくらい(猫の足がつかる程度)お湯をためておきます。


2)猫をつかまえて、お風呂に連行。お風呂場に連れて行ったらいきなりお湯に入れず、ちょっと自由にさせて慣れさせます。

ここでいきなりお湯に入れるとパニックになって(人間や物に)被害が出る可能性が高いです。


3)そっとお湯の中に入れて、片手で猫を持ちつつ足先から洗いはじめます。

いきなり胴体を洗おうとすると、やはりパニックになりやすいようです。

●うちの場合は 足⇒しっぽ⇒背中⇒お腹⇒顔まわり の順で洗っています。


4)直接シャワーをかけるのではなく、手ですくってお湯をかける感じで汚れを洗い流しましょう。

または、ごくやさしい水圧で、ちょろちょろとシャワーを当てます。

●うちの場合は背中が特にべたつきやすいので、背中を中心に洗い流しています。


5)洗い終わったら、猫を十分にタオルドライしたあとにお風呂場から出しましょう。

ドライヤーは嫌いな猫が多いですし、この時期ならタオルドライだけで十分だと思います。

仕上げは猫自身が勝手に毛づくろいをしてくれるので、それに任せます。

可能なら、少し毛がしめっている状態でやさしくブラッシングをすると、抜け毛がごっそり抜けますよ。


6)一段落したところで、ご褒美をあげます。

これがないと、次回の湯浴みはさらにハードなものになるかもしれません。

お風呂がストレスになる猫は多いので、猫のパニックにおどおどせず、手早く短時間ですませましょう。
頻繁に入れるのはやめたほうがいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

お湯でやさしく洗い流すだけでも、ふわふわの毛並みに戻りますよ♪



猫は人の気持ちに敏感な動物です。

お風呂に入れるときの一番のポイントは、【気迫で猫に負けないこと】。
経験上、「洗わせてくれるかな?」じゃなくて「絶対洗いますから!」くらいの気合で淡々とやると、人間に気迫負けした猫が大人しく洗わせてくれたりします
中途半端な気持ちで取り掛かると、猫の方もただ「なんか嫌なことをされてる!」としか感じないので、パニックになったり威嚇したりと激しく抵抗します。

もちろん猫が嫌がることをしないに越したことはありませんが、猫のため、必要とあらば多少の我慢には慣れてもらうことも大切。


人間だって耳や皮膚が痒いのって、それだけでけっこうなストレスになりますよね?

気候の変化が大きいこの時期は、いつもより丁寧なお手入で、愛猫に気持ちよく過ごしてもらいましょう。

こちらもどうぞ!【猫のお手入れガイド】

「ごはんをあげること」と「猫トイレを掃除すること」は、基本中の基本。 でも、それ以外のお世話って、何をしたらいいの? ということで、今回は猫の...
猫のお手入れ、耳掃除編に続いては、「歯磨き編」です! 猫の歯磨き、なぜする必要があるのでしょうか? その方法は? 猫に噛まれたことのある人なら、...
室内外の猫であれば、爪切りは必須。 でも、はじめて猫を飼う人にとって、猫の爪切りってちょっと難関ですよね。 そこで今回は、上手に爪を切るための...

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

14

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...