更新日: 2014-06-02 16:16:49

子どもが駄々をこねた時、とっておきの7つ道具で子どもの笑顔をキープする方法

著者: マザー・ニア

編集者: マザー・ニア

閲覧数: 9232

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 佐藤勝巳

仕事を急いで切り上げて子どもを迎えに保育園へ。家に帰宅するとママたちにはやることが沢山溜まっています。

そんな時に子どもが「ママ~ママ~」と呼び出すと、家事も進まずママのイライラは募るばかり。子どもに対して強い口調になって罪悪感を感じてしまう方も多いようです。

そんな時に、私が実践したとっておきの方法がありますのでお伝えいたします。

【お悩み】保育園から帰宅後、子どもが「ママ~ママ~」と呼びつづけます。こんな時どうしたらいいの?

働くママから、こんな相談を受けました。

保育園から帰ってきた時や、外から戻ると子どもが「ママ~ママ~」と呼びます。時に食事の支度や、何か用事があるときに限って呼びます。

そんな時つい言ってしまう「ちょっと待ってて」
その一言から子どもは加速して「ママ・ママ・ママ」と呼びます。

そして時間に追われ、つい強い口調で「待ってて<(`^´)>!」
そうなると泣きだしてしまうことが多いです。
こんな時どうしたらいいでしょうか?

【解答】これが我が家の七つ道具!このワザで三人の娘は笑顔をキープできました

漫画のDVDは避けたほうがベター

できるだけ避けたいのはマンガのDVD。
ついつい子どもが夢中になるので、帰るとDVDをセットする事が多くありました。
その癖が付くと待てない子どもになってしまいます。長女の時、DVD作戦で間を持たせていると外出した時にぐすると「マンガみるぅ~」と言いだしてしまいました。

今ではアイフォンがあるのでそれもありですが、音を出せない場所等で子どもを待たせる時には使えませんね。

映像がないと待てない子になってしまうかもしれないと思った私は、あるものを預けてみた。それはこれ…!


自分で工夫する子を育てる「7つ道具」!

  1. はさみ
  2. のり
  3. セロテープ
  4. 折り紙
  5. 色鉛筆・クレヨン・鉛筆
  6. 画用紙
  7. レポート用紙

これさえあれば、子ども自身が時間を使って色々工夫することを覚えました。


はさみを教える時はこうです
「これは大人が使うものだから本当は使えないけど、もうお姉さんになったから今日から使ってみようか?」
大人の仲間入りを伝えます。すると、はさみの渡し方やしまい方から教えてあげると危険も最小限になります。

のりはできるだけ粘着力が、普通ものを選んでください。
強すぎる瞬間接着剤は避けましょう。
緩いのりだとくっつけたいと言う目標達成にハードルができてしまうので、できればステック系ののりを預けるといいです。手についても拭けば取れます。

折り紙は12色あれば十分です。
色鉛筆も12色。できれば携帯鉛筆削りをセットしてあげましょう、

小道具が揃うと子どもは、色々な発想をします。

塗り絵等はとてもいいと思います。


最初は全く興味が無かった子も、繰り返して置いておくと自然と興味を持ってくれました。このお蔭で、娘三人は図工が得意、発想豊な子に育ちました。

出来上がった物はどんな物でも褒めてあげてくださいね^^;

【私が回答しました】両立22年三人の娘と共に働くママ→ボンドママ

Photo by 川上美保

一般社団法人マザー・ニア 川上美保と申します。

長女は極小未熟児で誕生し仕事と子育てがとても難しい状況でした。
三人とも帝王切開なので仕事への復帰のタイミングもとても複雑な状況でもありました。
子宮が硬く、お腹の中で育ちにくい。そして出産困難。そしてもう一つ
不妊治療、等々

娘たちに育てられたママとしてお答えできたらと思います。

仕事柄、200名以上の両立ママと出会ってきました。

そんなママ達から学んだ仕事と子育ての両立についてこれからお伝えしていきます。

ボンドママ→ボンドのように色々とくっ付ける事が大好きなのでボンドです^^;

ママの笑顔から日本を笑顔にする「マザー・ニア】

Photo by マザー・ニア

一般社団法人マザー・ニアは ママの自立支援、起業支援、自分らしく生きること、そして、働きながら子育てできる社会創りを目指します。そのために、30万人のママネットワークを作り現場のママの生の声を正しく発信し伝え、それを実現します。

マザー・ニア公式サイト http://mother-nia.com/

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

18

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
マザー・ニア

「ママからプロになる!」を支援する一般社団法人マザー・ニアが
4人のブッ跳びママによる、「夢・学・働・美」について、赤裸々に情報を発信します。ママによる...