OKWAVE Guide 印刷用:OKGuide投稿フォーム、リニューアルしました!|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]

いつもOKGuideをご利用いただきありがとうございます。
さて、ガイド記事を投稿していただいている皆様へ、投稿フォームリニューアルのお知らせです。

【ステップ1】

Middle    1

これまで画像のクレジットについては「ポイント欄」に記載していただいておりましたが、今回からより簡単にクレジットを追加することができるようになりました。
編集画面の「画像を追加」>「参照」で画像を選択>「自分で撮影した画像」または「他の人が撮影・制作した画像」にチェックをし、後者の場合には出典元を入力>「決定」

【ステップ2】

これまで画像は各ステップの一番上にしか配置できませんでしたが、下にも配置できるようになりました。
移動させたい画像の右上にある上下の矢印を使って、画像の位置を変更しましょう。(このステップでは下に配置してみました)

Middle    2

【ステップ3】

過去にご自身が書いたガイド記事を、簡単に美しく記事内にリンクさせることができるようになりました。
該当記事の画像も一緒に表示されるので、読者にもよりわかりやすいページを作成することができます。
しかも、こちらも画像同様に、該当ガイドリンク右上の「上下の矢印」で位置を変更することができます。
「ガイド追加」>ガイドのURLを入力>「引用」
表示のされ方は以下を参照。

【ステップ4】

新機能「見たまま編集」では、ボタンひとつで文字装飾が可能。

これまでHTMLを使用して行っていた作業が簡単になりました。

使い方文字装飾には2つのやり方があります。

1)装飾ボタンを押してから文字を入力する方法

2)すでに入力した文字のうち、装飾したい部分のみをドラックで選択してから、装飾ボタンを押す方法(←オススメ!)

1)の方法で装飾を行った場合、装飾ボタンは解除しない限り、以降の入力文字すべてに反映されます。アクティブになっている装飾ボタンをもう一度クリックすることで、装飾モードを解除することができます。

【ステップ5】

どんなに良い記事でも、メリハリがなく書き綴られていると、読者はとっても読みにくいもの。

ひとつのステップ内に複数の要素を盛り込む場合には、以下のような装飾ボタンが役立ちます。ぜひ使ってみてくださいね!

「H1見出し」ボタンこの装飾ボタンを使うと、ステップ内で小見出しにしたい文章の左側に、グレーの装飾をつけることができます。

「引用」ボタン引用は、本文と引用部分がはっきりとわかるようにしなければいけません。
この引用ボタンを使うことで、引用部分をより明確に表示することができます。

「注意」ボタンこの装飾ボタンは、本文中で読者に注意を促す部分に使用します。
文頭に赤色の「!(ビックリマーク)」がつきますので目立ちますが多用すると効果が薄くなってしまいます。
本当に大事な部分にのみ使用するようにしましょう。

「ポイント」ボタンそのガイドのまとめ的な部分や、あらためて覚えておいてほしいポイントに使用します。
文頭に青色の「チェックマーク」で表示されます。

いずれも「Enter」で改行すれば1行のみで装飾は解除されます。
2行にわたってひとまとまりの装飾としたい場合には、キーボードの「Shift」を押しながら「Enter」を押します(この部分参照)。

【ステップ6】

装飾ボタンのうち、「数字リスト」と「リスト」についての使い方です。

この2つの機能は、ステップ内で順番を表示したり、並列で表示したいときに使用します。

「数字リスト」の例お湯をわかします卵をお湯に入れます5分たったら取り出しましょうお料理レシピなどに便利。
「数字リスト」ボタンを押したあと、手順を入力⇒「Enter」を繰り返します。
改行することで次の数字が自動的に表示されますが、2回改行すればそこで「数字リスト」は解除されます。
「リスト」の例用意するもの
お湯(1リットル)卵5個塩少々持ち物や必要なものなどを並列で表示するときに便利。
「リスト」ボタンを押したあと、内容を入力⇒「Enter」を繰り返します。
「数字リスト」同様、2回改行すればそこで「リスト」は解除されます。

【ステップ7】

新機能になれてきたら、もう一歩進んだ編集にも挑戦してみてください。

それは、各ステップ本文の下にある「+コンテンツを追加する」というボタン。

このボタンを押すと、本文上にあるものと同じボタンが本文下にも表示されます(以下の画像参照)。

Middle    3

これにより、ひとつのステップ内に複数の画像を配置したり、「画像⇒本文⇒画像⇒動画⇒ガイド引用」というように、より自由度の高い記事が作れるようになっています。

【ポイント】

最初はちょっと難しいと感じるかもしれませんが、使っていくうちにすぐに慣れていただけると思います!
また、各機能ボタンにカーソルをあわせると、機能ごとの説明が表示されます。こちらもあわせてご活用くださいませ。