更新日: 2017-07-24 15:27:46

日常生活の中で英語力を鍛えるコツ

著者: れい

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2069

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by rockindave1

とてもシンプルな上に大して時間を取られるわけでもない。なのに毎日少しずつ、確実に英語力がついていく方法です。

目に入るもの、手で触れるものを英語で言います。猫を撫でたら「cat」、カップを手に取ったら「cup」、バスが通ったら「bus」という感じです。

周りに人がいるときは心の中で唱えるだけで OK。とにかく何でも英語で言えるかどうかテストしてみてください。

作業/動作

自分がやっている作業や動作も、英語で何と言うか考えます。本を読んでいるなら「reading」。手に触れている本も加えて「reading a book」まで言えると尚いいですね。

仕事や勉強などでいっぱいいっぱいのときはムリですが、それ意外の少し余裕があるときに試してみてください。

言葉/考え

自分が言ったこと、思っていることも英語で言うとどうなるか考えてみます。誰かに「おはよう」と言ったら「Good morning.」、「お腹空いた~」と思ったら「I'm hungry.」といった感じです。

人との会話中に行うのは難しいので、そういう場合は後で思い返し、部分的に抜き出して英語にしてみるのも良いでしょう。

この方法のメリット

生活に関わる全てを英語に変えることを意識すると、常に英語を考える習慣ができるので、英語漬けに近い体験ができます。

分からないものも出てくるでしょうから、その場で調べるか後で調べます。たぶん知らないものは気になるので、調べたくなるはずです。そうしている内に調べる癖がつき、結果として語彙も増えて、英語力が上がっていきます。

自分で繰り返しテストしているようなものなので、知らないものは調べることで新しい単語を学べて、すでに知っているものは繰り返すことで脳に定着し、自分のものにすることができます。

まとめ

でも全てを英語にしようと神経質になりすぎると、日常生活に支障をきたすことになるかもしれないので、自分のライフスタイルに合わせて試してみてくださいね。



【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

18

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
れい

英語⇔日本語の翻訳家です。

アメリカに8年以上住んでいました。
翻訳歴は約10年になります。

海外戯曲や演劇関係の翻訳が多いです。
小田島...