更新日: 2014-02-13 08:00:00

先延ばし体質撤回!何でも先延ばしにする悪循環を変える3つの方法

著者: 美女のモト編集部

編集者: 美女のモト編集部

閲覧数: 3580

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 美女のモト編集部

「面倒くさいから明日でいいや。」「やらなきゃいけないってわかってるんだけど、どうも手が付けられない…」何でも「明日もあるからいいや。」と言い訳し、つい先延ばしにしてしまう。後で罪悪感も感じるし、段取りが立てれないから仕事もうまくいかない…。こんな悪循環断ち切りたいと思いませんか?

働く女子応援アプリ「美女のモト」がQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、するべきことを先延ばしにしてしまう悪癖を治したいというお悩みをピックアップ。ワーク・ライフバランスコンサルタント 村上健太さんからのアドバイスと合わせてお届けします。

難しく考えすぎず、ほんの少しの毎日の心がけで次第で変化が起こるようですよ。

イラスト(C) シンフィールド/よぷのん


Q&Aの引用を読込んでいます。

【お悩み】するべきことを先延ばしにしてしまう悪い癖を治したいです。


Q&Aの引用を読込んでいます。

【みんなの回答】優先順位を意識して、今やらなければならないことに集中してください!

Photo by 美女のモト編集部

【専門家からのアドバイス】ワーク・ライフバランスコンサルタント 村上健太さんはこう考える!
やると決めたことを因数分解し、周りの人に共有しよう!

 やらなければいけないことを分かっていながら、締め切り直前まではなかなか動けないものですよね。私もそのことに対して試行錯誤を繰り返しながら自分なりに方法を確立していきました。

 「なぜ締め切りを守れなかったのか?」過去の内容を振り返り自分に問いかけてみましょう。私の場合は"自分に甘い"ということが根本的な原因にあることが分かりました。原因を踏まえた上で、次にどうすればどうしたら先回りができるのか考えていきましょう。

1.やると決めたことに対しては徹底的に因数分解し書き出すこと
分解しそれぞれに締め切りを作ることで"漠然と大きい仕事を抱えて不安を感じる状態"から、"何をすればよいのか明確でスッキリした状態"へと変わっていきます。

2.次にやると決めたことと期日を周りの人に共有すること
私の場合、自分の中だけで期日を決めると、つい「今日出来なくてもいいか」と先延ばししてしまうのですが、共有・宣言することで、自分自身を追い込み、早めに着手することができるようになりました。

3.「そもそも、やることを減らすことができないか?」と問いかけてみること
私の場合ついあれもこれも・・・とすべきことを増やし過ぎていてパンクしてしまっていることがありました。仕事であれば「他の人に渡せる業務はないか?」、自己研鑽であれば「本当に全てが重要か?3つだけ優先順位が高いもの挙げるとしたら何か?」と問いかけてみて、数は少なくても着実に進めて達成感を味わうようにしました。そしてその後、徐々にやることを増やしていくことができましたよ。

ぜひ、ここに書いた内容も参考に工夫しながら自分にあったやり方を試してみてくださいね。

村上健太さん ワーク・ライフバランスコンサルタント。
小室淑恵氏が代表を勤める株式会社ワーク・ライフバランスにてコンサルタントとして活躍中。仕事を抱え込む長時間労働クライアントへの効果的なアドバイスに定評がある。ライティングの講座での最終作品が優秀賞になるなど、想いを言葉にするスキルにも定評がある。
http://www.work-life-b.com/consultants/murakami.html

まとめ

Photo by 美女のモト編集部

毎日更新!!働く女子応援アプリ
「美女のモト」
http://apps.okwave.jp/bijonomoto/

日本初、最大級のQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、仕事と結婚、恋愛、人間関係など多くの女性が抱える悩みを、専門家のアドバイスやユーザーから寄せられた解決方法などを交えて紹介する読み物アプリです。

>>アプリのダウンロードはこちら
iOS版:http://bit.ly/1gvxSNj
Android版:http://bit.ly/1cCvhkR

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

恋愛に仕事、毎日忙しく働く悩み多き年代の女性たちが、明日も元気で過ごせるように応援する読み物アプリです。国内最大級のQ&Aサイト「OKWave」に投稿され...