• OKWAVE Guideトップ >
  • 節約にもつながる!蛍光灯のリング購入のタイミングとは!?

更新日: 2010-10-26 17:12:37

節約にもつながる!蛍光灯のリング購入のタイミングとは!?

著者: love-syoko

編集者: love-syoko

閲覧数: 256

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by love-syoko

「備えあれば憂いなし」というように、日用品や台所用品などをストックすることは大切です。しかし、場合によってはマイナスとなることもあるのです。たとえば……。

STEP1

蛍光灯のリングや電球などが急に切れてしまったら不便なため、いくらかの予備を置いている家庭も少なくないでしょう。たしかに、豆球やグロー球ならカサも低いし、お金もそれほどかかりませんね。

STEP2

ところが、リングはけっこう高いものです。箱に入っているとはいえ邪魔になるときもあります。そして、なによりも心配なのは、交換予定の蛍光灯にきっちり収まらない可能性があるからです。

STEP3

同じメーカーの品で、もちろん同じ規格のものでも、大きさが微妙に違うこともあります。そのため、必死ではめ込もうとしたり、逆に、落ちそうになるのをなんとか止めようとします。
しかし、せっかくはめ込んでも、蛍光灯に接触できなければ点灯させることはできませんよね。

STEP4

買ってすぐのリングはレシートがあれば交換あるいは返品できますが、買い置きのものには適用されないのです。結局、買い置きのリングが無駄になってしまいます。
それを防ぐためにも、蛍光灯のリングはできるなら交換するときに買うようにしましょう。

まとめ

蛍光灯のリングが使えなくなるとき、点滅しはじめるなどのサインがみられます。また、リングをみると黒ずんでいる部分があります。そういう状態をみつけたら、交換するための心の準備をしておきましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

リング交換と購入のタイミング