更新日: 2014-01-17 23:42:14

英語で「もう1度言ってもらえますか?」という方法

著者: れい

編集者: れい

閲覧数: 2600

Okgn btn gudie info favorite

1

はじめに

Photo by Innalibra

海外の旅行先で現地の人が言っていることを聞き取れなかった、または日本で外国の方に何か聞かれたけど理解できなかった……そんなときに役立つのが「もう1度お願いします」「もう1回言ってもらえますか?」です。

STEP1 もう1回言って

「もう1回言ってください」は調べると色んな言い方が出てくると思いますが、一番近くて自然なのは、

Could you say that again?
(もう1度言ってもらえますか?)

ですね。短いバージョンだと丁寧さが減りますが、こうなります↓

Say that again?
(もう1度言ってみて。)

似ていますが、こんなのもあります↓

Could you repeat that?
(繰り返してもらえますか?)

あと上記のどれでも、最後に please をくっつけると、さらに丁寧な言い方にできますよ♪

STEP2 え、何て?

次は「え、何?」「何て言ったの?」です。厳密には「もう1度言ってください」から意味的に離れますが、相手はちゃんと言ったことを繰り返してくれます。

一番カジュアルな言い方はこちら↓

What's that?

もう少し丁寧な言い方もあります↓

Sorry?
Excuse me?
Pardon (me)?
I beg your pardon?

Sorry, I couldn't hear you.(ごめん、聞こえなかった)」と言う手もありますね。相手はもう1度言ってくれるでしょう。

STEP3 何探してるの/どこ行きたいの?

「○○に行きたいんですけど、行き方を教えてください」などと話しかけられて、「○○」の部分だけ聞き逃してしまったときは、こんな言い方が使えます↓

Where did you say you were going?
(どこ行くって言ってましたっけ?)

「○○を探してるんですけど……」と聞かれた場合はこちら↓

What did you say you were looking for?
(何探してるって言いました?)

これは「もう1回お願いします」と言いたくない場合にも使えます。「全部分からなかったわけじゃなくて、部分的に聞こえなかっただけ」ということで、相手にもう1度繰り返してもらいましょう。

まとめ

聞き取れないときは、堂々と聞き直しましょう。騒音で聞こえなかったり、相手が英語ネイティブでなくて聞き取りにくい場合もあるわけですから。リスニングが得意でなければ、練習のチャンスだと思ってチャレンジしてみましょう。


★High500[ハイファイブ・ハンドレッド]に出品しています★
http://high500.com/users/reisudo



【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

10

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
れい

著書「英語学習が変わる! 最強オンライン辞書weblioのひみつ」が発売されました。
weblioを使って英語を勉強するヒントがいっぱい詰まっています♪...