更新日: 2014-01-01 21:16:05

「排卵検査薬」で妊娠しやすい身体になる方法

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 1408

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MIKI Yoshihito (´・ω・)

妊娠したいと思ったら、排卵しているかどうかをチェックしてみるのが先決。排卵検査薬を使うと、自分が排卵をしているかがわかります。

「排卵検査薬」とは

「自分が排卵しているかしていないか気になる」、そう思っているなら排卵検査薬を使ってみましょう。

最も妊娠しやすい時期がわかり、また、自分自身がきちんと排卵しているかどうかがわかります。もしかすると線が薄かったり、反応しなかったりするならお医者さんにかかっても。その判断をするためにもまずは使ってみることをおすすめします。

購入方法

Photo by kumiko3

ドラッグストアでも売っていますが、インターネットからも購入ができます。例えば「ケンコーコム」では7回分で2,700~2,800円程度。

http://sg.kenko.com/product/seibun/sei_754022.html

色々な種類がありますが、最初は尿をかけるだけの簡単なものを使うのがおすすめです。

使い方

Photo by yto

女性の周期は、24~30日周期。自分の周期を計算して、半分にあたる12日~15日あたりに使います。

排卵のしくみは、卵巣から卵ができるのですが、右、左と左右にあるので、最初の2ヶ月は、ちゃんと排卵をしているかチェックするためにももったいながらずにそれぞれ7回分を使うのがおすすめです。

基礎体温をはかり、12~15日ごろから7日間使います。

自分がきっちり〇日間周期なら、〇÷2をしておいて排卵をしそうな時期を計算します。その時に使うのですが、きちんと排卵されているなら線がくっきりと表れます。もし、くっきりと線が出ないようなら排卵に異常があるかもしれないので、医師の判断を仰いでみるのも。

また、基礎体温だけだと排卵している時期はなんとなくだけでしかわからないのですが、検査薬を使うことで時期を特定することができます。

まとめ

イメージはケンコーコム

著者:kumiko3

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

6

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...