更新日: 2011-08-16 17:42:00

胃もたれを防ぐ外食の仕方

著者: a-sayaka

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 641

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

外食をすると、なにかと食べ過ぎて後から気持ち悪くなる時って
ありますよね?
実は、ちょっと気を付ければ胃もたれを防ぐ事ができるんです。

STEP1 【外食の前に】

食事の前に糖分のあるものを摂って血糖値をあげておけば、満腹中枢が早く反応し食べすぎを防ぐことができます。

STEP2 【外食の時に】

・大根サラダなどの、大根を使ったメニューがあればぜひ一品注文して!
キャベツなども胃腸の調子を整えてくれるんだとか。

・発泡性のミネラルウォーターを飲むと、胃もたれ、胸焼けなどを防ぐ効果
があるそうですよ。

・そして、「よく噛んで食べる」と胃での消化がしやすくなり、満腹中枢
も刺激されるため食べ過ぎを押さえる事ができます。

STEP3 【帰宅した際には】

食べ過ぎた際は右をしたにして寝るといいらしいです。
(お腹の中で食べたものがよりスムーズに移動するので)

まとめ

とは言っても、昔から言われているように腹八分が一番大切ですね。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する