更新日: 2013-12-24 15:43:36

すっぴん素肌力をアップするナチュラルスキンケアの鉄則3つ★

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 2430

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tec_estromberg

若い頃と違い、大人になってからの素肌の美しさには、その人の生き方があらわれます。

カバー力の高いファンデーションや、「素肌っぽい」ベースメイクのテクニックに頼る前に、
もっと簡単で安上がり、かつ根本から美しくなれる方法をまずは試してみませんか?

きちんとした生活習慣と、これからご紹介する「すっぴん力アップのスキンケア」で、
脱ファンデーションを目指しましょう♥

洗いすぎない

過剰な洗顔は、肌の必要な油分まで洗い流してしまいます。
また、力を入れてこすったり、タオルでごしごしと拭くような肌への刺激は肌を痛めたり黒ずみをおこす原因にも。

お肌本来の美しくなろうとする力を邪魔しないよう、ほどよく、やさしく洗いましょう。

また、冬はついついやりがちなお湯での洗顔もNGです。
お肌を乾燥させる原因なので、乾燥肌の人は特に気をつけてください。


【おすすめの洗顔方法】
朝:洗顔料を使わずに、常温の水で軽く洗顔。
睡眠中に出た菱汚れを洗い流す気持ちで。
乾燥肌の人は、コットンに化粧水をつけて、こすらないように軽くふきとるだけでもOKです。

夜:メイク落とし+自然派石鹸で洗顔。
一般的に、オイルタイプよりもクリームタイプの方が刺激が少ないですが、その分洗浄力もマイルドです。
いくら低刺激といえども、化粧が落としきれずに残ってしまうようでは肌にとって逆効果。
ウォータープルーフなどのメイク用品でしっかりお化粧をする目元などのみオイルタイプでしっかり落とし、薄づきの部分はクリームタイプで落とすといった使い分けがおすすめです。

塗りすぎない

たくさんの化粧品をお肌に塗れば塗るほど、
それを落とすために洗浄力の高い、刺激の強いメイク落としが必要になります。
化粧品を塗ることでお肌に負担をかける上、落とすためにもさらなる負担をかけるという2重のダメージを与えています。

よく「メイクは社会人の身だしなみ」といいますが、
毎日のように休まることなくメイクをして落としてを繰り返していては、ますますお肌はきれいから遠ざかり、それを隠すためによりカバー力の高いファンデーションが必要になってくるでしょう。
ダメージを受けた肌を回復させるために、より様々な成分の配合された高価な基礎化粧品も必要になります。

これはたとえるなら、タバコを吸いながら口臭を消すスプレーを使ったり、「健康になりたい」と栄養ドリンクを飲むようなもの。


でも逆に言えば、塗りすぎなければ洗浄力の高いメイク落としは不要ということです。
薄化粧、そして最終的に脱ファンデーションできれば、ポイントメイク以外はマイルドな石鹸洗顔だけでも十分。
塗りすぎないほどに、素肌は本来の力を取り戻してきれいになっていきます。


余談ですが、経験上、メイクさんなどはすっぴんの人が多かったりします。
これは仕事の都合で朝が早いということもありますが、
化粧品への知識を深めるほどに、日常的にメイクをすることに心のどこかで抵抗を感じてしまうからではないかと思ったりもします。

甘やかしすぎない

年齢とともにお肌も老化するのは一般的なこと。
だったら……と、手っ取り早く高価な基礎化粧品を購入するという方法に走りがちですが、それが良い方法とは限りません。


「適当」という言葉があるように、何事もやりすぎはNG。
人も肌も、甘やかしすぎると本来の力を発揮して頑張ろうとしなくなります。

子どもが何かを欲しがっているときに、そのものを与えるのではなく、それを手に入れるすべを身につけさせること。
それが親としての本当のあり方だと思います。

お肌も同じこと。
美しいお肌になりたければ、直接栄養を与えるよりも、肌本来の力が発揮できるような状態に持っていってあげることがまず取るべき方法です。

効果のありそうな成分がいろいろ入った基礎化粧品を買うよりも、自分のお肌に本当に必要な成分をきちんと知って、必要なだけ与えましょう。
その方が長い目でみたら美肌になれます。


また、これはちょっと勇気がいるかもしれませんが、お正月休みを利用して、肌デトックスをしてみるのもおすすめです。
詳しくは追って別ガイドで書く予定ですが、簡単に言うと「メイクも基礎化粧品もしない」という方法です。

さらに、普段から質素なケアをしていると、たまにご褒美的にスペシャルケアを行ったときの反応がとても良くなりますよ!

お肌が気になる人のライトメイク方法

ポイントメイク(眉、アイライン、リップ)さえ丁寧にすれば、肌はフェイスパウダーだけでもそこそこきちんとした印象に見えます。

とは言え、お肌にコンプレックスがある人の場合、薄化粧に抵抗がある人も多いもの。

お肌のシミやにきび跡などが気になる人は、光を拡散するタイプのフェイスパウダーを。
また、顔のどこかにインパクトがあると、それ以外のアラが目立たなくなるので、アイメイクに力を入れると良いでしょう。
濃い目のリップも目くらまし効果があります。

そしてたっぷりの食事からの栄養と睡眠時間をとりつつ、できるだけライトメイク⇒マイルド洗顔⇒シンプルスキンケア で過ごしてみてください。

年齢にもよりますが、新しい細胞が生まれてから肌の表面に出て剥がれ落ちるまでには約1ヶ月かかります。
ですからまずは最低1ヶ月から1ヶ月半、今回ご紹介したようなナチュラルスキンケアを実践してみて、お肌の変化を確認しましょう。

きっと今までよりもすっぴん素肌力がアップしているはずです!

まとめ

ここ3年ほど、私自身は週に2~3回くらいしかしっかりメイクをしません。
週末にお出かけの予定がある場合には、それ以外の日を薄化粧またはすっぴんで過ごします。

それまでかなりの乾燥肌で、冬にはたくさんの基礎化粧品を塗りたくっていましたが、このナチュラルなスキンケアに変えてからは、たとえ化粧水を塗らなくても粉をふくような状態にはならなくなりました。
毛穴の黒ずみもほとんど気にならないくらいにまで改善しています。

今はシンプル手作り派なので、基礎化粧品にかけるお金も1/10程度ですし、いいことづくめのナチュラルスキンケアはとってもおすすめですよ(^^)
わざわざ自分の肌を疲弊させるのはもうやめましょう♪

ライター:zaha8

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...