更新日: 2013-12-23 17:13:48

「何をしたいか」で選ぶ 加湿器の選び方のポイント

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 907

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by uemu

どんな加湿器を選べばいいのか迷ったら、「何をしたいか」で選んでみるのはどうでしょうか。

加湿器の選び方

Photo by wtnb75t

加湿器を新調したい時、どんなポイントで選べばいいのか迷ってしまうものです。直観を信じて、インテリアに合わせて、と色々ありますが押さえておくべきポイントを考えてみました。

1.適用畳数で選ぶ

重要度 ★★★☆☆

リビングを加湿したいか、部屋を加湿したいか、また、パソコンをしている時、周囲を加湿したいだけなのかが問題です。加湿したい部屋が何畳なのかでも選び方が違います。USBで使うものや、コンセント不要のものなどあまり小さいコンパクトサイズだと、その周辺しか加湿されません。

適用畳数が「6畳」など書いてあるので、それを見て選ぶといいでしょう。

2.タンク容量で選ぶ

重要度 ★★★★☆

1.を重視していると2.はあまり重視されないですが、実は重要なのがこれ。

その理由は、 適用畳数が広い面積なのにタンクが小さいと、水がなくなる都度、水を足さなくてはいけないからです。近くに水をくむ場所があればいいですが水がなくなるたびにタンクを運ぶのも大変です。

タンクの容量も考えて選びましょう。

3.付加価値で選ぶ

重要度 ★★☆☆☆

アロマオイルが使える、タイマーが使える、リモコンが使える……。付加価値がついている加湿器も多いです。

絶対条件として外せないというなら、こういった付加価値も要件に入れておくといいでしょう。

4.タイプで選ぶ

重要度 ★★☆☆☆

加湿器には「スチーム式」、「気化式」、「ハイブリッド式」、「音波式」と4つのタイプがあります。スチーム式は、ヒーターで水を沸騰させて蒸気を発生させます。また、気化式は送風が中心。ハイブリッド式はスチームと気化式のいいところ取り。音波式は消費電力が弱い反面、掃除が大変。

それぞれにプラス、マイナスポイントがあります。

例えば、前に使っていたものと違うタイプのものがいいなら、それは譲れない条件にしておきましょう。

まとめ

加湿器と一言で言っても、色々なタイプがあります。メーカーもたくさんあるので、家電量販店、インテリアショップで探してみるのがおすすめです。

著者:kumiko3

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

6

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...