更新日: 2011-07-20 11:14:41

布ナプキン初心者ガイド

著者: kuroiusako

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 7721

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kuroiusako

布ナプキンの種類や選び方、使い方などをガイド。布ナプキンを始めたいけどなかなか・・・と思っている人へ。

STEP1 布ナプキンとは

Photo by kuroiusako

普通の使い捨てナプキンを使用していてかぶれたりかゆみを感じたことはありませんか?
また、毎月毎月たくさんのナプキンを捨てるのを勿体ないと感じたことはありませんか?
そのような方にとってもお薦めなのが布ナプキン。
布で出来ているので、つけ心地は多くのショーツと同じ、かぶれにくいと言われています。
使用後は、下着のように洗うので、何度でも繰り返し使用できるのです。
また、柄がかわいいのが特徴で、集めるのだけでも楽しいです。

その他にも
・使い捨てナプキンより肌触りが暖かいので冷えにくくなった
・体調が良くなった
・生理痛が緩和された
などの感想がよく聞かれます。

かさばる買い物も減らせるし、ゴミも減らせるし、女性の身体にも優しいのが布ナプキンなのです。

STEP2 布ナプキンの種類

Photo by kuroiusako

大きく分けて4種類あります。
・ウィング付きでショーツに固定できるクリップオンタイプ(一体型)
・ウィング付きでショーツに固定できるクリップオンタイプ(パッド交換型)
・四角い布を折りたたんで使うプレーンタイプ
・ショーツタイプ(ナプキンをとめるストラップやポケットが付いたもの、ショーツ自体にも吸収体が付いたもの)

自分の好みや生活スタイルなどによって、選んだり組み合わせたりしましょう。
それぞれの特徴と使い方を説明しましょう。

STEP3

Photo by kuroiusako

ウィング付きでショーツに固定できるクリップオンタイプ(一体型)

便利さでお薦めなのが吸収体が一体化されたクリップオンタイプ。
ショーツに乗せて、ウィングを折り曲げてボタンを留めて取り付けます。
ボタンが付いているので、トイレでショーツから落ちる心配がありません。
汚れたら、新しいものに取り替えます。
使用後のナプキンは汚れた部位を内側に折りたたんでボタンを留めておくことができます。

吸収体内蔵で、防水布などが使用されているものであればモレの心配もほとんどありません。

どのメーカーもナプキン全体が可愛い生地のものが多く、比較的カラフルなデザインが多いのも特徴。

一番使用しやすいと思われますが、比較的値段が高め。
8枚ほど揃えればよいと思います。

STEP4

Photo by kuroiusako

ウィング付きでショーツに固定できるクリップオンタイプ(パッド交換するホルダータイプ)

ショーツにホルダー(写真左)を取り付けます。
ホルダーにはストラップなどでパッド(写真右)が取り付けられるようになっています。
汚れたら、パッドを交換します。

パッドに吸収体が内蔵されていたり、ホルダーに防水布などを使用しているものもあります。

パッドはシンプルなデザインで、ホルダーが可愛い布で出来ているというものが多いです。
ホルダーは2,3枚、パッドを8〜10枚程用意すれば回せると思うので、上記よりも比較的費用が安い。

STEP5 プレーンタイプ

Photo by kuroiusako

ハンカチタイプとも言われるもっともシンプルなタイプ。
写真のように一部が2枚重ねになっているものや、
中には吸収体が付いているものもあります。
これを2つや3つにおりたたんで使用します。
他のものと違い、汚れた部位が当たらないようにたたみ直して使用できます。
2枚重ねたり、間に吸収体のパッドをはさんだり、量に合わせて色々使用できるのが特徴。
あれこれ工夫したりアレンジしたりするのが楽しい人にお薦めです。

布はシンプルな物が多く、オーガニック素材使用商品が多いのも特徴です。

また、価格も最も安価なタイプです。

STEP6 ショーツタイプ

Photo by kuroiusako

あまり種類が多くはないがいくつかのメーカーがだしているショーツタイプ
写真のようにウエストまで吸収体が内蔵されている。
とにかく安心感は一番。
値段は高め。

STEP7 こちらもショーツタイプの一種

Photo by kuroiusako

クロッチ部が二重になっていたり、防水布でできていたりする。
パッドやハンカチタイプのナプキンをつけれるようになっている、サニタリーショーツのようなタイプ。
軽い日であればこれだけの使用も。

STEP8 ナプキンを持ち歩くときは・・・

Photo by kuroiusako

外出するときは、たたんでポーチに入れて持ち歩きます。
化粧ポーチくらいの大きさで充分で、それほどかさばりません。
ポーチにはジッパー付きのビニール袋を入れておき、使用済のナプキンはビニール袋に入れて、ポーチに入れ持ち帰ります。
写真はユニパックのチャック袋シリーズ
色んなサイズがあるのでお好きなものを。
可愛いデザインの布ナプキン専用のジッパー付きビニール袋も販売されています。
私は使い捨てできるお安いものを使用しています。

STEP9

Photo by kuroiusako

使用済み持ち帰るに、水分を少し含ませておくと、洗濯の際汚れが落ちやすいので、スプレーもポーチに入れて持ち歩く人もいます。たたむ時に汚れた部位に吹きかけて袋にしまいます。
(これがなくても大丈夫です)

写真は、アルカリーゼ ティーツリーの香り 30m/630円 (税込)

STEP10 洗濯の仕方

Photo by kuroiusako

一番簡単な方法は、
バケツ等に水を入れ、1時間程つけ置きし、
(冷たい水のほうが汚れが落ちます。お湯だと汚れがよけいに定着するので絶対水で!)
汚れがにじんできたら、手でもみながらすすぎ、
汚れがある程度落ちたら、洗濯機にぽいっといれ、いつも通りに洗濯
という方法です。
写真のような蓋付きバケツがあると便利です。
つけ置き洗いの際、特に洗剤を使用しなくても充分落ちますが、セスキ炭酸ソーダを使用すると落ちがアップするそうです。(私自身はただの水です)

お風呂で下着を洗う習慣がある方なら、お風呂場で手洗いでもオーケー。
(ただし、お湯を使用しないように注意)
この際、ゴシゴシしすぎると傷むので優しく洗ってください。

乾かすときは、普通の下着のように干してください。


下記では布ナプキンのメーカーを少し紹介します。

STEP11 イーナミルコ(フェリシモ)

Photo by kuroiusako

http://www.felissimo.co.jp/ina365/

一体型のクリップオンタイプのみの販売だが、
これが、吸収体と防水シートも内蔵なのに、薄く、かなり優秀。
普通サイズなら2枚で¥1,800-1,900と比較的安価。
ロングサイズや夜用、おりもの用など種類も豊富。
柄もとってもキュート。
使いやすいのでお薦めのメーカーです。

STEP12 すぃーと・こっとん

Photo by kuroiusako

クリップオンタイプ、パッド取り替えタイプ、プレーンタイプと色々な種類が揃っているので、
自分にぴったりのアイテムが見つかりそう。
ナプキン以外の関連商品も豊富。
デザインや柄も可愛いです。

STEP13 月のやさしさ

Photo by kuroiusako

http://artemis-moon.jp/aboutmoon.html

プレーンタイプのほか、簡単なクリップオンタイプもある。
素材にこだわり、一部オーガニック素材を使用。
ほっこりする優しいピンク色が特徴
クリップオンなら¥800~1,100程度
プレーンなら¥600~800程度

STEP14 白うさぎ

Photo by kuroiusako

http://www5f.biglobe.ne.jp/~tagayasu/rabbit/index.html

プレーンタイプ
無漂白、無化学処理の綿100%のネル生地を使用。
生成りの無地でシンプルなものが好きな方に。
価格は¥270~440と揃えやすいのもgood

STEP15 wemoon(ウィムーン)

Photo by kuroiusako

http://www.wemoon.com.au/index.html

オーストラリアの布ナプキンメーカー
海外ブランド品は日本メーカーよりも柄が派手なのが特徴です。
他にも、Pleasure Puss(プレジャープス)、Lunapads(ルナパッド)という海外メーカーもあります。

STEP16 布ナプキンは手作りの可能

布ナプキンは手作りしている人もたくさんいます。
手作りすると、よりコストが抑えられますね。
要らない布を使用することもできますよ。

まとめ

ちょっと気になる方は、一枚だけ購入し、軽い日やオフの日に試してみるといいですよ。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

67

OKWAVE Guideスタッフさんのコメント

2010/10/27 01:43:08

<OKGuide ライター募集しています>

手軽にはじめられる在宅ワーク 主婦の方、学生の方、副業等々の方

http://okguide.okwave.jp/guides/4900

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kuroiusako

元化粧品会社研究員
現在は化粧やスキンケアだけでなく、生活スタイルや食事なども含めた総合的な美容のアドバイザーとして活動。
また、化粧やファッションを...