更新日: 2013-12-12 20:25:36

効果倍増!四季に合わせての飲茶方法

著者: Joe_Y

編集者: Joe_Y

閲覧数: 882

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Joe_Y

一年は春、夏、秋、冬の四季に分類されます。その節に応じて、茶葉も味が変わり、効果も変わります
ここで、季節の変化に応じて、違う種類のお茶を飲むことは、非常に良い養生でもあります。
では、ここで、四季にもっともおすすめのお茶を紹介しましょう。

春といえば、花が咲く季節、なので、一番はやはり:花茶。

そして、春に飲むには最もよい花茶の順番は:
ジャスミン茶(美容・リラックス効果)、菊花茶(毒素の排出)、金銀花茶、薔薇花茶、槐花茶

ジャスミン茶、中国語は茉莉花茶。

Photo by Joe_Y

ビタミンE、ミネラルが豊富に含まれるため、美容と気分転換、不安や悩みを軽減、リラックスなどの効能があります。

菊花茶

Photo by Joe_Y

解熱、解毒などの効果があり、目疲れ解消にも効果的な中国伝統の定番漢方茶。

金銀花茶

Photo by Joe_Y

効能は発熱、炎症、膨脹、出血などの熱症状の改善、浄血、健胃、利尿作用があり、そして肌荒れ予防の美容茶として飲まれています。

近年、メタボリック症候群に有効なものだとも言われている。

薔薇花茶

Photo by Joe_Y

体内の免疫機能の向上・呼吸器・消化器系統の疾病予防、そして美肌や老化防止、血液の循環を良くする効果もあります。

夏は、緑茶、生普洱茶(生プーアル茶)、発酵度の低い白茶と烏龍茶

緑茶

Photo by Joe_Y

日本ではもっとも知られている緑茶。これには抗癌、血糖値やコレステロールの低下、ダイエット、心臓血管病予防等の効能があります。

生普洱茶(生プーアル茶)

Photo by Joe_Y

写真は本場中国雲南の茶餅。硬くて、飲みたい時は、解して煎れて飲みます。(最近小さい玉程度の大きさに包んで販売されてることも多い)

生普洱茶は生茶を醗酵熟成させる転換過程を経ているので、発汗させ解熱、頭や目をスッキリさせるなどの効能を持つ、また熟茶は心を落ち着かせ、利尿、便通などの効果もある。

秋は、発酵度の高い白茶と烏龍茶(省略)

Photo by Joe_Y

※写真は、白茶の代表、白毫銀針。

白茶は、主に中国の福建省で生産されるお茶で、白い産毛が生えた若葉を使用することから「白茶」と呼ばれている。

白茶はその他の茶の固有の栄養の成分を含む以外、また人体所の必要な活性の酵素を含んで、医学の研究では白茶は著しく体内の脂の酵素の活性化に効果があり、体内の血液の余分な糖分を分解して、血糖が平衡がとれていることを促進する効果を持っている。

冬は、紅茶、熟普洱、ジャスミン茶

紅茶、とジャスミン茶はみんなよく知っているお茶の種類なので、今回は省略!

ではでは、熟普洱(プーアル熟茶)で。
上でも紹介した普洱プーアル茶の熟成茶Verです。胃を暖める効果があります。

※プーアル茶は昔からダイエット茶とも言われているので、コレステロール、中性脂肪を分解させる効果があります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
Joe_Y

ぱんだだだだ♪