更新日: 2013-11-28 16:52:53

エアコンと家電製品を合わせて節約するコツ

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 1348

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by is_kyoto_jp

冬場の暖房でエアコンを利用しているなら、家電製品と合わせた方が節約になる可能性があります。どうすれば節約できるかを考えてみました。

もっと節約するにはどうする?

エアコンの節約でよく言われている「設定室温は20度」、「必要な時だけ」、「フィルター掃除はこまめに」している場合でも、もっと節約できないか考えてしまったりします。

そこで、上の3点を守った上で、もっと節約できる家電製品と合わせた節約術を紹介します。一見すると、2個の家電を使うと節電にならないような気がしますが、より早く部屋を暖かくして節約する理論です。

扇風機と併用

Photo by nachans

よく言われているのが、扇風機と併用する方法です。

これは、温かい風は部屋の上に行ってしまうので、部屋全体の空気を混ぜることによって部屋の上、下の温度を均一するのに役立ちます。暖められた空気が下に回ってくるようにすることで、より早く体感温度が高まります。

ホットカーペットと併用

Photo by Ellie O. Photography

ホットカーペットと併用するのもおすすめです。

これも、エアコンで壁を温めて部屋全体を温め、足元はホットカーペットで温めます。エアコンだけだと温かい空気は天井へ行ってしまいますから、足元を温める暖房器具があった方がいいためです。

床暖房があるなら、床暖房でも構いません。足元を温めて体感温度を早く高くすると、温かく感じるのが早くなり、エアコンを早く切ることができます。

番外編:着る毛布と併用

Photo by nambon

家電ではないのですが、厚着をしてしまうのも体感温度を高め、エアコンを使用しなくてもよくなる手です。

家の中でしか過ごさないのなら、機能性下着を着たり、靴下を履いたり厚着をして過ごしたり、ひざかけを使って過ごすと、エアコンをあまり使わなくてもよくなります。

まとめ

大切なのは、体感温度を上げること。暖かい風は部屋の中でも天井に行ってしまいがちですから、足元の温度を上げてみてください。

著者:kumiko3

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

7

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...