更新日: 2013-11-18 19:22:28

「なりたい私」があるあなたへ。運動があなたにしてあげられること。

はじめに

Photo by スーパースポーツゼビオ

学生の時には取り組んでいたスポーツ。社会人になって日々の生活に追われて、なかなか最近できてない、そんな方多いのではないでしょうか?
始めるには忙しい、億劫。寒い季節だし、あったかくなってから。
なかなか運動って始めるの難しいですよね。
でもあなたにしてあげられること、運動はたくさん持っています。

なりたいからだを作れる

Photo by スーパースポーツゼビオ

あなたがこうなりたいと、自分のからだに対して思ったとき運動は絶大な効果を発揮します。なぜなら、運動をすることで、血の巡りが良くなり体に不必要なものは体の外へ、細胞が新しく生まれ変わるスピードを高めます。なりたいからだがあるなら、運動はあなたが望むからだへあなたを進化させます。

くびれは努力して作れるもの

Photo by スーパースポーツゼビオ

くびれのあるからだを手にしたいと思ったとき、運動をするべきです。
なぜなら、わたしたちの体型を作っているものは、筋肉の太さと皮膚のはり、脂肪分だからです。筋肉をつけることであなたの望むスタイルを作ることができます。
肩周り、背中、お腹周り、そしておしり周りを鍛えることによってくびれを作ります。
これは、運動以外では絶対にできないことです。

また、運動は不必要な脂肪をエネルギーとして消費し、すっきりとした体を生み出します。
そして、皮膚のハリ。
皮膚の下には筋膜と呼ばれる筋肉を包み込むからだの組織があります。
この筋膜は筋肉の動きに合わせて組織が縮みます。
実はこの筋膜、全身でつながっているのです。
つまり、運動をすることで体の内側からからだをひきしめ、肌のハリを生むことにつながるのです。

太りにくくなる

Photo by スーパースポーツゼビオ

からだの中で最もエネルギーを消費する組織は筋肉です。
体にとって主なエネルギーは糖分(ごはん、ぱん、麺類、イモ類、砂糖など)や脂肪(油類)です。
食事によって、筋肉で消費する以上のエネルギーを吸収した糖分は脂肪に変化します。
ですから、太りにくくするための方法は2つあります。
1つは必要以上の糖分や脂肪分を食事の際に制限すること。
2つは、筋肉を太くすることで消費できるエネルギーを増やすこと。

食事を制限することにもリスクはあります。食事は体外のものを体内に取り込むことができる唯一の方法です。
特に、ビタミン類やカルシウムなどのミネラルは女性にとって美しさを保つうえで非常に重要ですが、それが食事制限によって不足することになります。
これは大きなリスクです。
しかし、筋肉をつけることのデメリットはほとんどありません。
定期的な運動習慣が必要となりますが、つける筋肉の量はあなたの運動によってコントロールすることができます。
ですので、運動はスタイルづくりをする上でも太りにくい体を作るうえでも非常に重要な役割を担っています。

まとめ

Photo by スーパースポーツゼビオ

運動を始めるうえで、継続するうえで最も重要なことは「なりたい私」の像をはっきりとさせることです。どんな理由でも問題になりません。結婚式で素敵なドレスが着たい。太らないでおいしい食事がしたい。着たいスカートにぴったりと合う体を作りたい。

「なりたい私」に向かって運動してみませんか?

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

248

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

全国で約140店舗、スポーツ用品専門店として展開しております。